babymetal_concert

BABYMETALオランダ公演、往年メタラーも絶賛

what_the_fax

“まだFAXを!?” ITに保守的と海外が驚き

french_carbonara

イタリア人騒然…衝撃のフレンチ・カルボナーラとは?

作業員が汚染水浴びる事故も…福島の過酷な労働状況を米紙が告発 東電は「回答する立場にない」

  • カテゴリー:社会
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

作業員が汚染水浴びる事故も…福島の過酷な労働状況を米紙が告発 東電は「回答する立場にない」

「フクシマでマンパワーの危機」-。ニューヨーク・タイムズ紙(NYT)は、16日付で福島第一原子力発電所の現場作業の実態を伝えるルポを掲載した。記事は、下請け、孫請けと何層にも複雑化している雇用形態や、素人同然ともいうべき作業員の質などを問題視し、東京電力や国の「無責任体質」を暴いている。

【フクシマで働くのは未経験の失業者やホームレス】
 東日本大震災から3年が過ぎた今、福島第一原発には、経験豊富な作業員はほとんど残っていないという。過酷な労働環境に耐えかねて辞めたり、年間被曝線量が上限に達したためだ。

 労働環境の悪化、賃金の低下から人が集まらなくなり、現場を取り仕切る請負業者は人員確保に四苦八苦しているという。募集要項には「社会常識と会話能力が必要です」程度のことしか書かれておらず、元作業員の証言でも経歴は不問だったという。

 そのため、作業員の多くは失業者やホームレスなどで、二次災害の発生が懸念されると同紙は報じる。実際、汚染水の貯水タンクのオーバーフロー事故など、「人災」とみられる実例が挙げられている。東電はこれら事故について、作業員の経験など問題の核心に迫る質問にはことごとく回答を拒否したという。

【作業員募集には暴力団も関与】
 同紙は、こうした問題の根幹は、複雑な雇用形態にあるとみる。作業員の募集を含む現場の仕事は、東電の委託を受けた請負業者が、さらに下請けや孫請けの業者に分配する形で行われている。そのため、東電は誰が実際に現場の仕事を仕切っているのか、具体的に何がどのように行われているのか、まったく把握していないというのだ。元作業員の一人は「現場でほとんど東電の社員を見たことはない」と、記事中で証言している。

 ロイターが昨年報じたように、ヤクザが作業員の調達に関わっていることも問題視されている。英メール・オンラインは昨年12月、50におよぶヤクザが1050人の労働者を抱えているという警察の見積もりを紹介している。

【東電「回答する立場にない」】
 ノルマ達成のために仕事が雑になっているという例も報告されている。4人の子を持つ沖縄出身の作業員は、一日1万5000円で汚染水の貯蔵タンクを作る仕事に従事。本来は晴天下で行うべきタンクの継ぎ目をパッキンで埋める作業を、雨や雪の日にも急がされた。

「案の定、後にパッキンが剥がれて漏水の原因になった」と、この作業員は証言する。「何度も上司に作業の欠陥を指摘したが、聞き入れられなかった」。

 東電は、こうしたリスクが高い作業に見合うよう、賃金を上げる約束をしたという。しかし、現場の作業員たちの反応はあきらめムードだ。「間にいくつもある業者がピンハネするに決まっている。自分たちの分はほとんど残らない」。

 東電は、作業員が直面するこれらの過酷な現実について、NYTの質問に対し、「回答する立場にない」と文書でそっけなく伝えてきたという。

 こうした実態を告発するNYTの報道を、中国人民日報傘下のグローバル・タイムズ紙や、シンガポールのトゥデイオンライン、ニュースサイト『Salon』などが報じている。

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) (モーニング KC) [amazon]

(Newsphere編集部)

やまさん

東電には事故処理能力がもうないのでは? 海外からは東電は電力を供給する電力会社であって事故処理する専門会社でない、海外の事故処理専門家チームに指揮を任すべきだ、という報道あったね。私も事故処理は海外チームに任すべきだと思う。日本政府はアメリカのFEMAのような事故災害専門の組織をつくったらどうだろうか。人間のやることに事故は起きるものとして運営する欧米流の方が結果的に事故が起きても的確に迅速に対策出来ると思う。日本はマニュアルから外れるとアタフタ右往左往するだけだよ。

コメント入力

社会ニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました