Hiroshima_Genbaku_Dome

「原爆が戦争終わらせた…訳ではない」米英豪メディア

toyota_mirai

「日本は孤立する」燃料電池車の普及に米紙は懐疑的

sealds_guardian

SEALDsを海外メディアはどう報じたか?

“ベトナムの英雄”効果でJリーグに「提携国枠」導入 その背景、狙いとは

  • カテゴリー:エンタメ
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

“ベトナムの英雄”効果でJリーグに「提携国枠」導入 その背景、狙いとは

 11月19日、Jリーグは「J1・J2における外国籍選手枠の変更について」と題して、Jリーグ提携国枠(仮称)の導入を決定した。提携国はベトナム、タイ、ミャンマー、カンボジア、シンガポール。初のベトナム人Jリーガーとなったレ・コン・ビンの活躍と注目度の高さが、導入決定のきっかけのひとつになった。

【ベトナム人枠新設、その背景】
 ベトナムのニュースサイト「tuoitrenews」は、来シーズンからJリーグに「ベトナム人枠」が導入されると伝えた。大東和美Jリーグチェアマンは、導入の背景としてJリーグ初のベトナム人選手(J2のコンサドーレ札幌所属)となった“ベトナムの英雄”ことコン・ビンの効果が大きいとしている。

 以下は「tuoitrenews」で紹介された、コン・ビンやベトナムに対する大東チェアマンのコメント。

「まだ得点王争いをする段階までいっていませんが、コン・ビンは日本のメディアで興味深い現象を起こしました。テレビや新聞のスポーツ欄でも露出が段々、増えています。彼の熱意、熱心に練習に取り組む姿勢、勝利への渇望がそうさせたといえます」

「東日本大震災で失意に陥った日本人を助けるため、多くのベトナム人が密かに献金していただいたことを我々は知っています。日本人はコン・ビンを応援することで、感謝を示しているのです」

【提携国枠導入、狙い】
「tuoitrenews」はベトナムメディアであるため「ベトナム人枠」と伝えているが、Jリーグによると正しくは「Jリーグ提携国枠」であり、提携国とはベトナムの他、タイ、ミャンマー、カンボジア、シンガポールを指す。

 J1、J2のクラブは提携国枠の選手を2名まで登録が可能となり、試合では提携国枠の選手を1名までエントリー可能とのこと。

 また、提携国枠導入の狙いは、2012年から進めている「アジア戦略」の一環で、「Jリーグ、Jクラブのアジア向け成長戦略の推進支援」としている。

【導入狙うチームの動き】
 Jリーグではないが、JFLに所属するFC琉球にはマレーシア代表選手と元マレーシア五輪代表選手が所属している。マレーシアやベトナムに限らず、タイなどの提携国にも有望な選手がいるといわれている。コンサドーレ札幌のコン・ビンの活躍を機に、提携国枠選手獲得の機運は高まっている。

(Newsphere編集部)

まだコメントがありません。
この議題に対してコメントはありませんか?

コメント入力

エンタメニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました