Hiroshima_Genbaku_Dome

「原爆が戦争終わらせた…訳ではない」米英豪メディア

toyota_mirai

「日本は孤立する」燃料電池車の普及に米紙は懐疑的

sealds_guardian

SEALDsを海外メディアはどう報じたか?

日本酒はハンバーガーと良相性!? 生き残りを賭けた世界進出に海外メディア注目

  • カテゴリー:ビジネス
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

日本酒はハンバーガーと良相性!? 生き残りを賭けた世界進出に海外メディア注目

 日本酒の消費は、ここ数十年の間、減少を続けている。酒造りの伝統を守るため、一部の蔵元たちが輸出に活路を見出そうとしている。また、海外では、現地の小さな醸造所で作られるSAKEが注目を集めている。

【日本酒は売れない】
 日本では1970年代以降、ビールや焼酎、ワインに消費者が流れ、日本酒の売り上げは急降下。20世紀初期には約4,600場あった蔵元も、現在は約1000場程度になっている(ニューヨーク・タイムズ紙)。

 このことに危機感を持ったのは、創業140年の歴史を持つ、佐賀県にある天山酒造の社長、七田健介氏。手遅れになる前に、輸出で流れを変えようと試みる。

 「日本酒は西洋料理と相性がいい」とし、海外で酒の魅力をアピールする七田氏だが、「日本人として、酒をハンバーガーのお供にすることに傷つかないと言えば、嘘になる」と複雑な心情をニューヨーク・タイムズ紙に打ち明ける。しかし、「生き残るには、この道を進まなければ」とも述べ、その輸出に賭ける決意は固い。

【変革は必須】
 ロンドンの飲食コンサルタント、バリー・マッコリ―氏は、「日本酒業界は、国内市場だけでは生き残れない」とし、変革の必要性を指摘する。同氏は「(保守的な)日本酒業界は、世界と息が合っていない。素早さを好み、今満足したいのが、西洋。ここで売りたいのなら、今、市場獲得に乗り出さなければ」と述べる。

 その方策として、同氏は日本酒をワインと比較するのはやめ、代わりに今流行りのクラフトビール(小規模醸造所の手作りビール)と並べて分類することを提案する。醸造工程も似ているうえ、新しい味を求める若者を引きつけるのに役立つという(ニューヨーク・タイムズ紙)。

【海外生まれのSAKEも】
 一方、男性のライフスタイルのサイト、『AskMen』は、アメリカで、地元育ちの起業家による、日本酒の醸造所が増えていることを伝えている。アメリカで生産される日本酒は、年間約2000万リットル。ビールやワイン、蒸留酒に比べれば小規模だが、ニッチなビジネスとして、成長を見せているという。

 ニューヨーク・タイムズ紙によれば、イギリスでは酒を次世代ドリンク・ブームに載せようとしており、スコットランドのアラン社は、イギリス初となる商業ベースでの日本酒生産を計画中だという。

 また、日本酒はオーストラリアでも人気が上昇中。ブリスベンでは、日本酒講習会を実施したり、酒ソムリエを置いて、客の好みに合わせたものを勧めてくれるサービスで、好評を得ているレストランもある(goodfood)。

 天山酒造の七田氏は、海外展開には究極のゴールがあると述べる。「自国の文化が消えるのは見たくない」と話す同氏は、「外国人だって飲んでいるんだ、と言われれば、もう一度日本人が日本酒を見直すきっかけになる」と話し、日本酒人気復活を願う気持ちを表した(ニューヨーク・タイムズ紙)。

(文庫)日本史がおもしろくなる日本酒の話 [Amazon]

(Newsphere編集部)

まだコメントがありません。
この議題に対してコメントはありませんか?

コメント入力

ビジネスニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました