Hiroshima_Genbaku_Dome

「原爆が戦争終わらせた…訳ではない」米英豪メディア

toyota_mirai

「日本は孤立する」燃料電池車の普及に米紙は懐疑的

sealds_guardian

SEALDsを海外メディアはどう報じたか?

楽天、航空事業に参入 あえて“非・航空会社”と提携するエアアジアに海外メディア注目

  • カテゴリー:ビジネス
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

楽天、航空事業に参入 あえて“非・航空会社”と提携するエアアジアに海外メディア注目

 日本eコマース最大手の楽天が、アジアLCC(格安航空会社)最大手のエアアジアと提携して航空事業に参入する。東洋経済オンラインなどが26日報じた。

 楽天とエアアジアが最大3分の1ずつ出資し、残りを複数の日本企業が出資する案が有力だという。中部国際空港(セントレア)を拠点とし、2015年中に就航開始する見通し。

 7月上旬にエアアジアのトニー・フェルナンデスCEOが日本で会見を開くとみられる。

【航空事業に初参入する、楽天の狙い】
 eコマース(電子商取引)とインターネット事業に注力してきた楽天にとって、航空事業への投資は1つの転機となる。

 「楽天は確かに理にかなっている。楽天のプラットフォームを使うことができ、またeコマースの商品を運ぶこともできる」という、シンガポールのUOBケイヒアン証券のアナリスト、K・アジス氏の見解をロイターは掲載した。

 2000年以来100社以上に投資している楽天が株式取得するのは今年5回目となる。最近では2月に無料通話・メッセージサービスのバイバーを9億500万ドルで買収している。

【さらなる路線拡大をにらむエアアジア】
 エアアジアは2012年にANAと合弁会社を設立して日本市場に参入。だが、価格設定やルート、販売インフラをめぐって揉め、昨年合弁を解消。ANAが事業を引き継ぎ、バニラエアとして運航を再開した。

 「エアアジアは別の航空会社との提携は向いていないという教訓を学んだ」という、シンガポールの航空情報センターのアナリスト、ブレンダン・ソビエ氏の見解をフィナンシャル・タイムズ紙は掲載した。

 同社は2度目の日本参入に際し、航空産業に直接関与しないパートナーを選ぶこととなる。今回はうまくいくのか。

 ロイターは両社長の共通点としてスポーツ好きを挙げている。三木谷社長はプロ野球・楽天イーグルスのオーナー、フェルナンデス氏はイギリスのサッカークラブ、クイーンズ・パーク・レンジャーズの主要株主である。

 マレーシアを拠点とするエアアジアは、フェルナンデス氏が2001年に経営不振だった同国国有の航空会社を買収して以来、世界で最も成功しているLCCの1つとなった。長距離便のエアアジアXを傘下に持つなど、路線拡大を図っている。今月にはインド最大財閥タタ・グループと合弁で、インドに航空会社を設立した。


海外視点の“リアルなクールジャパン”を知る!電子書籍が遂に発売

世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]

NewSphere編集部
Amazon.co.jpで詳細を見る

(Newsphere編集部)

まだコメントがありません。
この議題に対してコメントはありませんか?

コメント入力

ビジネスニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました