your_name_guardian

「君の名は。」、英メディアが絶賛の理由は?

youth2

なぜ日本では起業家が育たないのか? 海外の指摘とは

donald_trump

トランプ大統領誕生、日本への影響は?

トヨタ、世界初の1,000万台販売なるか!? 最大のライバルとは

  • カテゴリー:ビジネス
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

 1月23日、トヨタ自動車は今年の販売台数計画を1,032万台と発表した。同社の昨年の世界販売台数は998万台で、米国のゼネラルモーターズ(GM)、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)を抑え、2年連続で世界一の座をキープしている。競争が激化する自動車市場で、トヨタは世界初の1,000万台越えを達成できるか?

【米国、中国で販売が好調】
 ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、販売台数1,000万台越えを目指すトヨタの楽観的見通しは、世界の自動車市場が回復を見せており、一部の成熟市場および新興国市場において、今年に入って自動車の需要が堅調なことによるという。

 ブルームバーグによれば、トヨタの最大の市場である米国では、レクサスとサイオンを含むトヨタ車は、昨年は前年比7.8%増の224万台が売れ、2007年以来最高を記録した。カムリ・セダンは、ホンダのアコード、日産のアルティマ、フォードのフュージョンを抑え、全米ナンバーワンの座を12年連続で守っている。

 業界全体で販売台数が前年比10%増と予測される中国も、期待の市場だ。2012年、尖閣問題に端を発した反日行動で、セールスは4.9%減となったものの、トヨタは今年の中国での販売台数が110万台に達すると予測している。中国市場向けに製造した車種の投入で、セールスアップを期待する。

【トップ3の競争も激化。新車種への投資も拡大】
 好調のトヨタを追うのが、GMとVWだ。AP通信によると、昨年の世界販売台数は、GMが971万台、VWが950万台となった。トップ3の販売台数はいずれも僅差で、競争は熾烈だ。

 ブルームバーグは、2008年にトヨタに抜かれるまで70年あまりに渡って世界販売トップの自動車メーカーだったGMは、事実上の経営破たんと国有化を乗り越えて復活したと報じている。現在のGMは多くの新型またはリニューアル車を投入し、ラインナップを刷新して変身を遂げたと述べている。

 またVWは、トヨタとGMに追いつくため、北米で大規模投資をし、2018年までに100万台の販売を目指すと発表した。VWは2018年に世界で最も売れている自動車会社になるというゴールを設定しているという。

【世界一でも控え目なトヨタの姿勢】
 AP通信は、“世界一の事実を自慢することなく、以前と変わらず一台、一台、世界のお客様に気に入ってもらえるよう車作りをしている”というトヨタのコメントを紹介し、その姿勢がいつもながら控えめだと評している。

 また、ブルームバーグは、トヨタの豊田章男社長の手腕を評価し、昨年が彼にとっての転換点であったと分析する。2009年、トヨタが59年ぶりの最終赤字に陥った後に社長に就任した豊田氏は、その後何年にも渡って大規模リコール、天災、円高、日本製品ボイコットというトラブルに苦しめられ、やっと、「災難のない1年」という望んでいたものを手にしたと述べている。

 2014年がトヨタにとってさらに良い年となるか、海外紙も注目している。

トヨタ対VW(フォルクスワーゲン) 2020年の覇者をめざす最強企業

(Newsphere編集部)

ビジネスニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2016年11月9日
運営元変更について