guardian_article

五輪競泳巡り中豪の感情が悪化…経緯とその背景とは?

kokyo

天皇陛下の「お気持ち」に海外も強い関心 注目点は?

daily_beast_article

外国人ジャーナリストが見た「日本会議」とは

犯人は円安?コンビニ? 日本マクドナルド不振の要因、海外紙の分析とは

  • カテゴリー:ビジネス
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

犯人は円安?コンビニ? 日本マクドナルド不振の要因、海外紙の分析とは

 日本マクドナルドホールディングスは19日、2013年の純益予測を117億円から50億円に下方修正した。ブルームバーグがまとめていた3アナリストの予想平均は95.3億円であった。併せて、10月末時点での国内3170店舗中、74店舗の閉鎖も発表された。

【犯人は改装コスト?円安?コンビニ?】
 日本マクドナルドは同業他社の追い上げ、客数が予想を下回ったこと、客足回復のための店舗改装・閉鎖費用、などを下方修正の理由として挙げている。客足が伸びなかった根本原因について深く分析・報道されてはいないが、フィナンシャル・タイムズ紙は、主力のコーヒー販売がコンビニの攻勢に押されていることや、円安によるコスト増なども挙げている。

 同社は4月、「一番安い品目ともっと高価なセットメニューとの間のギャップを橋渡ししようと」、100円のハンバーガーを20円、120円のチーズバーガーを30円値上げした。7月には限定販売の1000円バーガーで「ハイエンドの顧客を釣り上げようと試みた」。8月には原田泳幸氏の会長昇任に伴い、日本で「えびフィレオ」バーガーなどをプロモートした実績がある、カナダ人のサラ・カサノバ氏を社長兼CEOに任命した。しかしどの策も目下、状況を逆転するには至っていないようだ。

【マクドナルド株は買いか?】
 同紙は、アナリストらは発表前からすでに株売りを勧めており、ジャスダック877銘柄中の不人気30銘柄に追いやったと報じている。発表後は、同社株は19日始値が2705円へと2.4%下落、8月14日以来最大の下げ幅となった。それでも昨年11月以来、4分の1ほどの値上がりとなってはいるが、Topix全体と比較すると52%ポイント遅れをとっている。

 ウォール・ストリート・チートシートは、マクドナルド自体は優良企業だと強調しつつも、今年他のファーストフードチェーンと比べて伸び悩んでいることを指摘し、「売り」ではないが「様子見」と勧めている。株価の移動平均、予想変動率、コールプットオプション(売買権)需要などの観点から、今後2ヶ月間はニュートラルか弱気の傾向になるという。

(Newsphere編集部)

まだコメントがありません。
この議題に対してコメントはありませんか?

コメント入力

ビジネスニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました