babymetal_concert

BABYMETALオランダ公演、往年メタラーも絶賛

what_the_fax

“まだFAXを!?” ITに保守的と海外が驚き

french_carbonara

イタリア人騒然…衝撃のフレンチ・カルボナーラとは?

日本はなぜ、節電・停電せずに猛暑を乗り切れたのか? 海外が評価する日本企業の取り組み

  • カテゴリー:ビジネス
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

日本はなぜ、節電・停電せずに猛暑を乗り切れたのか? 海外が評価する日本企業の取り組み

 今夏の日本は猛暑に襲われた。高知県四万十市で国内過去最高の41度を記録。およそ150地点で歴代最高気温が更新された。熱中症などから身を守るうえでも、冷房など、電力の必要性が増したのは言うまでもない。一方、東日本大震災の影響で、ほとんどの原発は稼働していなかった実状がある。

 海外からは、「なぜ日本は節電、停電せずに猛暑を乗り切れたのか?」との疑問が投げかけられている。そこには日本企業の節電、省エネの努力、技術があった。

【省エネ効果】
 日本在住の米国人環境保全活動家は、日本企業が消費電力の低いLEDに切り替えを進めており、オフィスの消費電力を最大40%も削減させたことを指摘。こうした努力の結果、15~20%ほどエネルギーの消費が減ったと説明している。

 企業・家庭らの努力で10%需要を減らすことができれば、およそ14の原子炉の必要性がなくなる、という政府の試算をフォーチュン誌は紹介している。

【コマツのエネルギー対策】
 世界第2位の建設機械メーカー、コマツは、2015年までに少なくとも50%ものエネルギー削減を目標に掲げている。すでに、製造の手法を変えたことで、3年間で40%もの省エネに成功しているという。

 製造手法を変えただけでなく、コマツはソーラーパネルを設置し、今後は地下水の利用なども含めた再生可能エネルギーの活用法も模索していくようだ。

 さらに、2020年までに、300~400億円をかけて既存の工場や事務所を改装し、LEDも活用する予定とのこと。白熱電球からLEDに置き換えることでコストもかかるが、2年以内に元が取れると試算されている。

【大手メーカー各社の取り組み】
 同誌は、日本企業の技術についてもふれている。パナソニックのシリコン・ウエハースの新しいソーラーパネルは太陽光から電力に変える変換率が世界で最も高く、その数値は24.7%。これまでの平均10%を大きく塗り替えたという。

 また日立、富士通、NECは共同で、2019年までに、現在の10分の1の電力のみを必要とする、次世代半導体を開発、運用する計画だ。

(Newsphere編集部)

まだコメントがありません。
この議題に対してコメントはありませんか?

コメント入力

ビジネスニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました