血液不足に悩む韓国 極端に少ない30代以上の献血者、頼みの若者は減少

May Preechaya / Shutterstock.com

 韓国では献血をする若者が年々減ってきている。韓国保健福祉部が6月14日の「世界献血者デー」に合わせて公開した統計資料によると、献血した10〜20代の学生数は161万人(2013年)から139万人(2017年)に減少。また、全献血者を占める学生の献血者の割合は、同期間で55.2%から47.4%に落ち込んだ。韓国ではこれまで献血する年齢別の人口が若者に偏っていたため、高齢化が深刻化するなか血液が不足する可能性も指摘されている。

◆「献血しない」若者、「血液が不足する」高齢者
 献血を主導してきた学生の献血者が4年間で22万人も減少したことが分かった。少子高齢化の影響で、献血者全体のうち学生が占める割合は47.4%(2017年)になった。

                                                                                                                 

 年齢別に見ると10代献血者が急減している。16〜19歳の献血者は、106万人(2013年)から92万人(2016年)と初めて100万人を割った。昨年は91万人にまで落ち込んだ。10代献血者の全体に占める割合は36.3%から31.2%まで下がった。また20代献血者は同期間で123万人から117万人に減り、その割合は42.3%で39.8%に落ちている。国内献血率は2016年で5.6%、昨年5.7%と2年連続で5%台となっている。

◆中高年層は自分の血液に自信がない
 韓国中央日報によれば、30代以上の中高年があまり献血をしない理由は「自分の血液に自信がないから」だという。過度な飲酒や疲労により献血するほど健康状態が良くないと考えるからだそうだ。実際、30代以上の献血者の割合は29%と、日本(78.4%)や台湾(67%)に比べて非常に低い。

 韓国赤十字社は血液の適正保有量を5日分と定めている。現在韓国では血液が不足するような事態は発生していないが、過去に中東呼吸器症候群と呼ばれるMERSコロナウイルスが大流行した結果、手術件数が急増し、さらに寒波も重なったためO型の血液保有分が1.8日分に落ちるという危機的状況となった。

 健康な血液を必要とする高齢者は年々増加しており、安定した血液を確保するための政策の必要性が叫ばれている。

◆安定した血液量の確保に向けて
 また女性の献血者が年々減少していることも問題だ。女性献血者数は92万人(2014年)から昨年80万人に減少した。女性献血者の割合も同期間で30.0%から27.2%となった。女性の場合、ダイエットの影響で献血不適格者が急増していることも問題視されており対策が急務となっている。

 保健福祉部は現在29%となる30代以上献血者の割合を2022年に42%まで拡大することを目標とした「血液事業中長期発展計画」を発表した。安定した血液需給のため地方自治体などと協力して管理体制の強化に乗り出す方針だ。

Text by 古久澤直樹

Recommends