「韓国ソウル、二酸化炭素の排出が世界最大都市」ノルウェー研究 ソウル市は異議

Savvapanf Photo / Shutterstock.com

 韓国の大気汚染問題が深刻化している。ノルウェーの科学技術大学(NTNU)の研究によると、世界で最も多く二酸化炭素を排出する都市は韓国の首都・ソウルとなった。調査を担当したダニエル・モロン博士の研究チームは、排出量上位100都市が世界のCO2排出量の18%を占めており、ソウルが年間276.1メガトン(1メガトン=100万トン)で世界最大だったと発表した。韓国では大気汚染物質であるPM2.5も問題となっており、今回の調査結果と合わせて環境問題が深刻化している状況が明らかとなった。

◆世界最大の二酸化炭素排出都市となったソウル
 地球温暖化の原因とされる二酸化炭素の削減をめぐっては、世界各国が統一的なルールをまとめたパリ協定に参加するなど環境問題解決に向けて取り組んでいるところだ。韓国もこの枠組みに参加しており、2030年までに温室効果ガスの排出を37%削減することを目標に掲げている。しかし、目標達成の道のりは険しそうだ。

                                                                                                                 

 ノルウェーの研究チームは189ヶ国・1万3,844都市の二酸化炭素排出量を分析し、調査結果を英国の学術誌「Environmental Research Letters」で発表した。今回の分析で研究チームは、その都市を行政区域ではなく格子状に分け、人口と所得に応じて排出量を求めている。その結果、最大のCO2排出都市はソウルで排出量は276.1メガトンとなった。次いで中国・広州が272.0メガトンで2位、ニューヨークが233.5メガトンで3位、香港208.5メガトンで4位、ロサンゼルスが196.4メガトンで5位と続いた。(CO2排出量の上位500都市は今回のプロジェクト「GGMCF」のサイトでも確認することができる)

 このほか、上位500都市には、韓国から50位釜山(プサン)、115位大邱(テグ)、126位大田(テジョン)、などの計11都市が入った。研究チームは、上位100都市のCO2排出量が全世界の排出量の18%を占めることから、世界的に二酸化炭素排出量が人口密度と所得水準の高い少数の都市部に集中していることを示していると説明した。

◆ソウル市は研究結果に反論
 しかし、「世界最大のCO2排出都市」との不名誉な烙印を押されたソウル市がこれに異論を唱えた。ソウル市試算によれば温室効果ガスの排出量は合計45.6メガトン(2015年)で、ノルウェーの研究者らが発表した276メガトンとは大きく異なると主張している。

 排出量の算定に当たり、ノルウェーの研究チームは人口や家計支出パターン、地域の購買力などの変数を反映して算出したのに対し、ソウル市は「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」のガイドラインに基づき、実際のエネルギーや燃料使用量に応じた温室効果ガスの排出量を算出していると主張した。さらにノルウェー方式は、ソウル市を含む首都圏一帯の排出量を合わせて算出したため、大きく異なる数値が出たと説明した。ソウル市はノルウェー科学技術大学に対し、算定基準の適用について問題提起する予定だ(聯合ニュース)。

◆大気汚染が深刻化、解決の糸口は?
 環境問題で韓国を悩ませているのはCO2だけではない。2013年以降、大気汚染物質であるPM2.5が中国から大量に飛来し、ソウル上空を黄色く染め上げ問題となっている。韓国で「超微細粉塵」と呼ばれているPM2.5は、2.5マイクロメートル以下の微小粒子であり、ぜんそくや気管支炎を引き起こしたり、発ガン性リスクを高めたりするなど人体にも悪影響を与える有害物資だ。そのため外出時はマスクが欠かせない。中にはガスマスクをつけて出勤する市民もいると報じられている

 中国発のPM2.5について韓国国民は中国政府に抗議するよう青瓦台(韓国大統領官邸)に求めているが、「科学的に因果関係が解明されておらず、関連する国際条約もない。因果関係を立証する資料もない」と韓国政府は消極的だ(韓国日報)。この度の二酸化炭素問題含め、韓国国民はいつまで大気汚染に苦しむことになるのだろうか。問題解決に向けて政府の本格的な取り組みが期待される。

Text by 古久澤直樹

Recommends