男性の育児休暇に追い風 レディット共同創業者も普及を後押し

lev radin / Shutterstock.com

 アレクシス・オハニアン氏は、世の男性陣が自分に嫉妬を感じて欲しいと思っている。それは、自分が巨万の富を誇る投資家だからではない。または、女子プロテニスプレーヤーのセリーナ・ウィリアムズ選手と結婚しているからでもない。

 世界最大の掲示板サイト「レディット」の共同設立者であるオハニアン氏には、1歳になる娘のオリンピアちゃんと一緒に過ごすための時間がある。そこで同氏は、世の中の父親たちにも子供と過ごす時間を切望して欲しいと考えている。

 オハニアン氏とオリンピアちゃんの2人は、テニスの試合がある時に母のウィリアムズ選手を応援したり、ミッキーマウスの耳を頭につけておどけた顔で写真を撮ったり、お気に入りの人形である「クェイ・クェイ」の周りを歩き回る様子をインスタグラムにその都度投稿している。「クェイ・クェイ」は、インスタグラムで11万4,000人ものフォロワーを誇る人気アカウントだ。

                                                                                                                 

 父親が有給育児休暇を取得することをアメリカの新しい標準にしようというのが、オハニアン氏の主張のすべてだ。2017年9月1日にオリンピアちゃんが生まれた時、オハニアン氏は、自らも共同設立者であり、経営も手掛けるベンチャー投資会社のイニシャライズドキャピタルで完全16週間の有給育児休暇を取得することを公表した。

 オハニアン氏は、アメリカのすべての男性、中でも特権や資産を持たない男性がそのような選択をできるようになることを望んでいる。同時に、オハニアン氏の主張は企業に対する要求も含んでいる。企業は、従業員が家族のために休暇を取得することに対して寛大な方針を立て、さらに、仕事に尽力していないと非難されるのを恐れずに男性が育児休暇を取得するのを奨励すべきだとオハニアン氏は提唱する。

 オハニアン氏はAP通信のインタビューに対し、「職場に復帰した後、シリコンバレーの起業家や従業員たちが、父親の育児休暇取得の奨励を同じように評価している声が私の耳に入り始めた。野心的でキャリア志向が強く明確な目標を設定している人物が、育児休業の優先をはっきりと意思表示したのだから、その意義は大きい」と述べている。

 35歳のオハニアン氏は、先週、父親の育児休暇取得を擁護するダブ・メンプラスケア・イニシアチブを設立するためにニューヨークに滞在していた。

 ユニリーバ傘下のブランドは、雇用主から有給育児休暇を取得することができない父親のために100万ドル(約1億1,200万円)の資金を調達し、無給の休暇しか得られない従業員、フリーランサー、および自営業に従事する父親に対し、5,000ドル(約56万円)の助成金を申請するよう推奨している。もう一方の「プレッジ・フォー・パタニティーリーブ(父親育児休暇への約束)」イニシアチブは、父親が完全な育児休暇を取得し、その経験を共有することを目的として設立された。このイニシアチブは、ビジネスリーダーたちに対し、有給育児休暇制度の制定を誓うよう働きかけている。

 アメリカは、連邦政府が父親の有給育児休暇制度を義務づけていない唯一の先進工業国だ。育児介護休業法の下で、従業員は子供の誕生や養子縁組に伴い、失職や降格を恐れずに12週間の無給休暇を取得することができると定められているが、完全に実施されているというわけではない。有給の休暇が取得できるか否かは雇用主次第だ。

 しかし、アメリカでは父親の有給育児休暇の取得権を勝ち取る好機が訪れている。

 知名度の高い企業は、出産を伴わない場合でも母親への育児休暇を付与するなど、適用範囲を広げた独自性のある特典を用意し、競争の激しい雇用市場で有能な人材を求めて互いにしのぎを削っている。たとえば、アマゾンは、従業員の配偶者が育児休職する場合に手当を支給している。世界的な規模のハイテク大企業であるシスコシステムズには、従業員に孫が生まれた場合に3日間の有給休暇を取得できる制度がある。ネットフリックスは、赤ちゃんの出生後1年間は、従業員が必要なだけ自由に休暇を取得できる制度を定めている。

 サンプルとして無作為に抽出された28万5,000人の人事担当者に聞き取り調査を実施した米国人材マネジメント協会(SHRM)の報告によると、父親の有給育児休暇を認める雇用主は、2018年に29%へと増加した。その2年前は21%であった。

 連邦政府が雇用主に有給育児休暇の付与を命じることを求めた超党派の動きも活発になっている。大統領選挙に出馬を表明している民主党のカーステン・ギリブランド上院議員は、労働者に対し、部分給による12週間の家族休暇を付与する計画を発表した。ドナルド・トランプ大統領は今年、6週間の有給休暇の付与を提案し、その予算を計上した。

 それでもなお、女性と男性のいずれにとっても、育児休暇を取得するのは不名誉であるとする根強い考え方が残っている。2016年にコンサルティング会社のデロイトが実施した調査では、育児休暇を取得することになった場合、57%の男性、そして51%の女性が、雇用主が自分たちのことを真剣に仕事に取り組んでいないと考えるのではないかと懸念しているという。

 オハニアン氏は、新しく子供が生まれる親が有給休暇を取得せずにどうやって対処するのか思いつかないと言う。ウィリアムズ選手はオリンピアちゃんを産んだ後、ベッドに寝たきりになってしまうという厄介な問題に直面したが、オハニアン氏が育児休暇を取得できたおかげで多くの仕事を肩代わりすることができた。

「我々が得ていたすべての利点を活かしても、娘が生まれた時は本当に様々なストレスに見舞われた。自宅で生後2週間の娘とともに過ごしていた妻が産後の鬱を発症し、文字通りベッドから起き上がることができなかったのを知ったら、1週間や2週間で職場に復帰することなんかできなかっただろう。そして会社はおそらく私を解雇していただろう」とオハニアン氏は述べた。

 オリンピアちゃんがぷっくりした頬の可愛い幼児に成長し、ウィリアムズ選手がグランドスラムのタイトル獲得を目指して復帰している現在、オハニアン氏は父親であることの楽しさを強調する。オハニアン氏は、父親であることがソーシャルメディアの「FoMO(フォーモ)」(訳注:Fear of Missing Outの略で取り残されることへの不安を意味する)の対象になるのであれば、さらに多くの父親たちが同じことを行うようになれば良いと考えている。

「リアルでありたい。我々は、午前2時の乱痴気騒ぎの写真を投稿しているわけではない。素朴で洗練された瞬間を切り取った写真をこのように投稿しているが、『フォーモ』を生み出すために我々がソーシャルメディアを使う場合は、投稿を子供たちにも見せられるものにしよう」とオハニアン氏は語る。

By ALEXANDRA OLSON
Translated by ka28310 via Conyac

Text by AP