Hiroshima_Genbaku_Dome

「原爆が戦争終わらせた…訳ではない」米英豪メディア

toyota_mirai

「日本は孤立する」燃料電池車の普及に米紙は懐疑的

sealds_guardian

SEALDsを海外メディアはどう報じたか?

中国、贈収賄の取り締まり強化か グラクソの競合他社にも捜査

  • カテゴリー:国際
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

中国、贈収賄の取り締まり強化か グラクソの競合他社にも捜査

 イギリスの大手製薬会社グラクソ・スミスクライン社は、同社中国法人の贈賄疑惑に関し、一部の幹部社員が違法行為を行なっていたと認めた。
 中国当局は、グラクソ・スミスクラインが、贈賄を通じて医師や病院関係者との結びつきを強め、医薬品の価格を割高に維持し、売上を釣り上げたとしている。賄賂の内容について、ガーディアン紙では、昨年で計3900万ポンド(約57億円)と、性的接待によるものを通じて行ったと報じており、同社幹部4人が既に中国警察により拘束されているとした。

【グラクソ・スミスクラインの姿勢】
 このような報道を受け、同社興市場責任者のアッバス・フセイン氏はこの違反を重くとらえているとし、中国政府とともに、今後贈賄問題の根絶を目指して取り組むことを表明した。それに加え、中国における業務オペレーションモデルを変え、医薬品の価格を低下させていくことを約束した。
 またフセイン氏は、この違反を、グラクソの内外の業務プロセスや統制を良く知る中国支社の人間によるものであるとした。中国政府への謝罪とともに、内部調査で中国事業の贈賄や汚職にかかわる証拠がみつかっていないとしており、今後中国当局の捜査に協力していくとしている。

【贈賄に関する捜査のひろがり】
 中国公安当局は、他の欧州の製薬会社にも調査の目を向けている。
 22日には、アストラゼネカ社の上海オフィスに捜査に入り、1人の社員を尋問のため拘束した。またベルギーの製薬会社のUCBも捜査対象になったようだ。

 今回の事件では、グラクソ側は、中国の旅行代理店、上海臨江国際旅行社を仲介として、贈賄を行っていたとフィナンシャル・タイムズ紙は報じている。グラクソ以外にも、この旅行代理店と強い結びつきがあった会社として、スイスのロシュ社やノバーティス社、フランスのサノフィ社などが挙げられている。

 グラクソの手法は従来、中国の医薬品業界では一般的なものとされていたと報じられている。しかし今回の事件を契機に、これまで看過されてきた贈収賄に対する捜査は、強化・拡大されるとみられる。

(Newsphere編集部)

まだコメントがありません。
この議題に対してコメントはありませんか?

コメント入力

国際ニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました