smile_woman

「かわいい」と言われたくない海外出身女性もいる

babymetal

“メタル界破壊”のBABYMETAL、新作評価は?

medical_tattoo

ファッション目的ではない「命を救う」タトゥーとは?

映画『アンブロークン』、人肉食など描写に日本人が抗議 “証言疑うのか”と海外から反論

  • カテゴリー:社会
  • あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールマガジン購読

映画『アンブロークン』、人肉食など描写に日本人が抗議 “証言疑うのか”と海外から反論

 アンジェリーナ・ジョリーの監督作品「アンブロークン」が、全米でクリスマスに公開される。この映画が描く内容に、日本の愛国主義者たちが猛反発している、と海外メディアが報じている。

◆残忍な戦争犯罪を描写
 原作は、ローラ・ヒレンブランド作の「アンブロークン:勇気とサバイバルの驚くべき実話」で、2010年に出版された。主人公は、元オリンピック・ランナーの米兵、ルイス・ザンペリーニで、1943年5月、搭乗機が墜落し、日本軍の捕虜となったが、拷問に耐えつつ終戦まで生き延び、母国に奇跡の生還を果たした。ワシントンポスト紙(WP)によれば、戦後は日本人とも和解し、昨年97歳で亡くなった。

 原作では、捕虜収容所の目を覆う惨状が描写されており、英テレグラフ紙は、日本の愛国主義者たちがそれを否定していると述べる。特に、捕虜が「殴りつけられ、焼かれ、刺され、棒で殴打されて死に至り、撃たれ、首を切られ、人体実験中に殺され、人食いの風習から生きたまま食われた」という描写に憤慨していると伝えている。

◆事実ではないと批判噴出
 テレグラフ紙が愛国主義者の圧力団体と呼ぶ、「史実を世界に発信する会」の茂木弘道事務局長は、作品中の描写は「全くの作り事」で、映画に信憑性はなく不道徳と同紙に述べた。

 ソーシャルメディアのコメントには、アンジェリーナ・ジョリーを、日本を貶める「人種差別主義者」と批判し、日本への入国拒否や上映劇場での抗議を求めるものもあったという。また、Change.orgでは「事実と矛盾する」という理由で、「悪魔」アンジェリーナ・ジョリーの映画の配給阻止を求めるキャンペーンが展開され、8000人以上が署名している(テレグラフ紙)。

◆作品の否定は歴史の書き換え?
 一方、アメリカの非営利団体、「アジア・ポリシー・ポイント」のミンディ・コトラー氏は、戦争捕虜の証言の信頼性を疑うことは、戦犯裁判の信用を傷つけるものでもあると主張。捕虜に対する残虐行為が裁かれた「東京裁判の受諾が基礎に置かれたサンフランシスコ平和条約と、米退役軍人の名誉は守らなければならない」と述べ、アメリカ政府も見過ごせない問題であるとしている。

 WPのオピニオンライター、リチャード・コーエン氏は、日本では特定の重要人物たちが歴史を書き換えようとしていると憂慮する。

 コーエン氏は、「アンブロークン」の中で最も驚くべき部分の一つとして、日本が降伏した後の変わり様を挙げる。少し前なら捕虜を撃ち殺していた警官が、降伏後、アメリカの命令で戦犯を捉える側に回ったのはまさに180度の転換で、この突然の反転が日本文化の特徴だと述べる。ペリー来航で鎖国を解いた後、すぐに近代化した日本は、日露戦争に勝利。第二次大戦後も同様に、アメリカ式民主主義を採用し、戦後の荒廃から抜け出して、繁栄を勝ち取った。

 しかし今、より不吉な転換が進行中だとコーエン氏は述べ、日本経済がまた弱体化したことで、過去の神話を語ることが加速し、中韓など近隣諸国との関係に悪影響を及ぼすと指摘。過去に目をやる修正主義が、将来のためになるのかと問いかけている。

(Newsphere編集部)

外部サイト参考記事

Masakazu Ishizuka

>アメリカの非営利団体、「アジア・ポリシー・ポイント」のミンディ・コトラー氏は、戦争捕虜の証言の信頼性を疑うことは、戦犯裁判の信用を傷つけるものでもあると主張。捕虜に対する残虐行為が裁かれた「東京裁判の受諾が基礎に置かれたサンフランシスコ平和条約と、米退役軍人の名誉は守らなければならない」と述べ、アメリカ政府も見過ごせない問題であるとしている。

マイケルヨンによれば、ヒレンブランドは一度もザンペリーニに会わずに、この作品を書いている。捕虜の証言?証言じゃない、創作だ。何という見識であろうか、小説や映画を事実と思い込む無垢さに中国や韓国がつけ込むのである。あるいはそう思い込みたいのであろう、無抵抗の日本人300万人を原爆や無差別爆撃で殺害した米国は、正義の戦争であったという保証をこうした小説に求めているのであろう。

>WPのオピニオンライター、リチャード・コーエン氏は、日本では特定の重要人物たちが歴史を書き換えようとしていると憂慮する。
>コーエン氏は、「アンブロークン」の中で最も驚くべき部分の一つとして、日本が降伏した後の変わり様を挙げる。少し前なら捕虜を撃ち殺していた警官が、降伏後、アメリカの命令で戦犯を捉える側に回ったのはまさに180度の転換で、この突然の反転が日本文化の特徴だと述べる。ペリー来航で鎖国を解いた後、すぐに近代化した日本は、日露戦争に勝利。第二次大戦後も同様に、アメリカ式民主主義を採用し、戦後の荒廃から抜け出して、繁栄を勝ち取った。

貧弱な歴史認識だ。ペリーの砲艦外交で日本は不平等条約を締結した。不平等条約を改正するためどれほどの犠牲を払ったことか、理解していまい。まして米国によって日本は近代化されたわけではない。またGHQが戦犯を逮捕した事実を知らないのか。占領軍は何のために日本を占領したのか、チョコレートやガムを子どもたちに投げ与えるためか。それとも日本の婦女子をレイプするためか。これがワシントンポスト紙のオピニオンリーダー????

Masakazu Ishizuka

「アンブロークン」を書いたヒレンブランドは自己を「徹底したリサーチャー」だと自負する。しかし彼女がテニアン島でおきたという韓国人5千人の虐殺は、いかがわしい出処不明の論文だった。「アンブロークン」には”Murder on Tenian:Eric Lash, Historic Island of Tinian, Enviromental Services, October 2008, vol. 1, 2nd edition.”を根拠に挙げている。しかしこの論文は存在しない。マイケル・ヨン氏は、Enviromental Servicesに問い合わせて、この論文が存在しないことを確かめた。存在しない論文をどうやって彼女は手に入れたのだろうか。よくあるのが孫引きである。彼女はいかがわしい著作(ネットの記事かもしれない)の参考文献に書かれていたものをそのまま丸写し(ネットならコピペ)たのだ。テニアンには韓国人慰霊碑があることだし、真実であろうと。あるいは出処不明の論文を手に彼女に近づいた工作員がいたのであろうか。人肉食については、広島市民大学の田中幸利の著作を参考にしたのではないか。WPのオピニオンライター、リチャード・コーエンは、歴史を書き変えるなというなら、自ら調べるくらいの熱意を持つべきだ。

コメント入力

社会ニュースの一覧ページへ戻る

話題の記事

編集部ピックアップ

NewSphereからのお知らせ

2015年8月20日
「NewSphereとは」を更新いたしました。
2014年6月25日
電子書籍「世界が惚れたクール・ジャパン34選 [Kindle版]」発売開始しました
2014年5月29日
新カテゴリ「日本の逸品」を追加しました