ワカンダに行ってみたいという方はいるだろうか? 映画「ブラックパンサー」の大ヒットにより、アフリカのイメージは大きく変わった。クールなファッションに身を包み、テクノロジーに精通した知的な人々が、素晴らしい景色に囲まれた未来都市に暮らしている…といった魅力的なビジョンが生まれたのだ。

誰も知らないハイテク王国、というのはもちろんフィクションだ。しかし、この映画ではワカンダを描くうえで、アフリカ大陸のあらゆる要素をうまく織り込んでいる。「ワカンダに行ってみたい」と願うファンなら、行先の候補として検討すべき実在の場所がたくさんある。

ブラックパンサーのファンで、MzansiGirl.comというブログに旅行記を投稿する、自称「アフリカ旅行活動家」のメルシュカ・ゴベンダー氏は、「この映画には、アフリカのあらゆる文化や種族がたくさん登場する」と話す。

「私はアフリカの未来的な衣装や作品、そして黒人意識のテーマがとても気に入った。これによってアフリカ旅行に関するストーリーが変わり、より多くの人が『アフリカに行こう』と触発されるようになればいいと切に願っている」。

AP Photo

ヨハネスブルグ

南アフリカ初心者なら、まずはヨハネスブルグがおすすめだ。「Joburg(ヨーブルク)」の通称で親しまれるこの街は、商業が盛んで、高層ビルが立ち並び、ナイトライフも充実しているなど、ワカンダをほうふつとさせるアフリカの大都会だ。

O・R・タンボ国際空港から近代的な高層ビルが立ち並ぶ、ヨハネスブルグのきらめく金融街「サンドトン」までは、高速列車のハウトレインを利用すればスムーズに移動できる。列車は速く、清潔で、快適だ。

ヨハネスブルグのブラームフォンテン地区は、流行の最先端をいく粋で愉快な場所だ。大学生やトレンドに敏感なヒップスターがコーヒーショップやレストラン、ブティックに足繁く通う。夜になると、楽しいバーやジャズクラブがオープンする。印象的なネルソンマンデラ橋がヨハネスブルグの繁華街へといざなってくれる。以前のブラームフォンテンは、無法状態の危険な場所だったが、この10年間で素晴らしい観光地へと変容した。

ヨービルのロッキーストリートは、商人でにぎわう活気に満ちた商業地だ。南アフリカだけでなく、ジンバブエやコンゴをはじめ、アフリカ全土から人々が集まってくる。ヨハネスブルグの治安はまだ万全ではないものの、十分注意して慎重を期し、携帯電話や現金を人目につかないように管理しておけば、大きなトラブルに遭うことなく過ごせる街だ。

レソト

「ブラックパンサー」では、アフリカの都市景観と田舎の風景のコントラストが強調されている。

小さな山岳王国のレソトでは、アフリカの田舎、伝統、そしてスピリチュアルな側面がみられる。「ブラックパンサー」でいえば、ボーダー族が住んでいた場所だ。レソトには印象的な山の風景と絵画のようなロンダベル(地方の家庭に多い円形の茅葺き住居)が見られる。最も特徴的なのが、布を織って作られたとんがり帽(レソト帽)とレソト国民の多くが肩の上に身に着ける、鮮やかな彩のバソト毛布だ。この毛布は、映画の中でひときわ目立っている。

AP Photo / Themba Hadebe

エチオピア

エチオピアには4世紀までさかのぼる歴史的な塔や教会が残り、ワカンダを思い起こさせる。この国は1度も植民地化されたことがなく、それが現地の人々の大きな誇りだ。ワカンダの人々が、独立の歴史を誇りに思っていたのと同じだ。石を彫って作られたオベリスク(方尖塔)やラリベラの教会が古代の伝統を物語っている。エチオピアの人々はゆったりした刺繍の施された綿のローブを身に着けている。また、初めてコーヒーが栽培、飲用された地であるというのも彼らの自慢で、エチオピアではコーヒーを称賛するコーヒーセレモニーという独特の習慣がある(日本の茶会に近いもの)。

ビクトリアの滝、ケニア、その他

ザンビアとジンバブエの国境に位置し、ザンベジ川が350フィート(106m)の高さから急落するビクトリアの滝は、世界最大の滝の1つだ。畏敬の念を抱かせるこの滝は、緑豊かな熱帯雨林を支える霧を絶え間なく放出する。先住民であるトンガ族の人々はこれを「Mosi-oa-Tunya(モーシ・オワ・トゥーニャ、雷鳴のする水煙)」と呼んだ。旅先にうってつけの素晴らしい場所で、映画に登場する、滝の戦闘シーンが頭に浮かぶかもしれない。

Efimova Anna / Shutterstock

ケニアの首都ナイロビもまた、「ブラックパンサー」を彷彿とさせる都市だ。アフリカの近代」と「田舎」の並置をもっともよくとらえた場所ともいえるのが、都心からわずか4マイル(6.4キロ)先にあるナイロビ国立公園だ。ここではサイやキリン、ゾウを見ることができ、その肩越しの背景には都会のオフィスタワーが見える。

マサイマラ公園や、平たいアカシアの木々が並ぶ広大な東アフリカのサバンナを有するタンザニアのセレンゲティ公園に広がるは、まるで映画のシーンから飛び出してきたような光景だ。

しかし、おそらくワカンダの雰囲気をもっとも強く感じられる場所は、ヨハネスブルグにあるウィッツ大学のキャンパスだろう。カラフルでシャープな服をファッショナブルに着こなし、賢く、自分の意見をしっかり持ち、自分自身や国家、そして大陸への希望とプランでいっぱいの学生に囲まれていると、「ブラックパンサー」にみるアフリカ的楽観主義のハートが感じられる。

By ANDREW MELDRUM, Associated Press

JOHANNESBURG (AP)


Want to go to Wakanda? The blockbuster success of “Black Panther” has created a new, compelling vision of Africa as a continent of smart, technologically savvy people with cool clothes living in a futuristic city amid stunning landscapes.


The hidden, high-tech kingdom is fictional, of course. But the movie successfully weaves together many different aspects of the continent to depict Wakanda. For fans who long to visit, there are many real places to consider.


“The movie references a lot of different African cultures and tribes,” says Meruschka Govender, a “Black Panther” fan who blogs about travel at MzansiGirl.com and calls herself an “African travel activist.”


“I loved the Afro-futurist costumes, production and black consciousness themes. I really hope that it changes the narrative of African travel and inspires people to travel more the continent,” she added.


JOHANNESBURG


In South Africa, Johannesburg is a good place to start. “Joburg” is a dynamic, cosmopolitan African city, full of commerce, high-rise architecture and nightlife that is redolent of Wakanda.


The high-speed Gautrain can whisk you from O.R. Tambo International Airport to Johannesburg’s shiny financial center Sandton, with its modern skyscrapers. The train is quick, clean and pleasant.


Joburg’s Braamfontein district is hip, edgy and fun. University students and hipsters frequent the coffee shops, restaurants and boutiques. By night there are fun bars and jazz clubs. The striking Nelson Mandela suspension bridge leads to gritty downtown Johannesburg. Braamfontein has come up in the past 10 years from a derelict, dangerous spot to a great place to visit.


Rocky Street in Yeoville is a bustling, hustling strip full of people selling their wares. South Africans, as well as Zimbabweans, Congolese and people from all parts of Africa are there. Security is a concern in Johannesburg, but if you are alert and careful, don’t flash your cell phone or cash, it can be a manageable city.


LESOTHO


“Black Panther” highlights the contrast between Africa’s cityscapes and the landscapes of the countryside.


The tiny mountain kingdom of Lesotho has that rural, traditional, spiritual side of Africa, where the Border Tribe in “Black Panther” resided. Lesotho has dramatic mountain scenery and picturesque rondavels, the round, thatched dwellings where many rural families live. Most distinctive are the woven, cone-shaped hats and the brightly colored Basotho blankets worn over the shoulders of many in Lesotho. Those blankets feature prominently in the movie.


ETHIOPIA


With historic towers and churches dating back to the fourth century, Ethiopia has many sites that suggest Wakanda. The country was never colonized and its people are very proud of that, just as the people of Wakanda are proud of their history of independence. The obelisks of Axum and the churches of Lalibela, carved out of rock, speak of ancient traditions. Ethiopians wear flowing embroidered cotton robes and also like their reputation as the place where coffee was first grown and served, which you can appreciate with an Ethiopian coffee ceremony.


VICTORIA FALLS, KENYA AND MORE


Victoria Falls, where the Zambezi River spectacularly plummets 350 feet (106 meters) to make one of the world’s largest waterfalls, is located on the border between Zambia and Zimbabwe. The awe-inspiring falls throw up a perpetual mist that supports a lush rainforest. The indigenous Tonga people called the falls “Mosi-oa-Tunya” which means “Smoke That Thunders.” It’s a fabulous place to visit and may bring to mind the waterfall fight scene from the movie.


Kenya’s capital, Nairobi, is another city that is reminiscent of “Black Panther.” Perhaps the place that best captures the juxtaposition of modern and rural Africa is Nairobi National Park, just 4 miles (6.4 kilometers) from the city, where you can see rhinos, giraffe and elephants, and look over their shoulders to see the office towers of the city in the background.


East Africa’s expansive savannas, with flat-top acacia trees, seen in Maasai Mara park and Tanzania’s Serengeti park, look like they are right out of a sweeping movie scene.


But maybe the best place to get that Wakanda feeling is the Wits University campus in Johannesburg. To be surrounded by smart, opinionated, articulate students, fashionably dressed in colorful, sharp clothes, full of hope and plans for themselves, their country and their continent is to feel the heart of the Afro-optimism of “Black Panther.”


By ANDREW MELDRUM, Associated Press


JOHANNESBURG (AP)