「最大のヒットになる可能性」コンパクトクルーザーEVに米誌興奮 新型EV15車種発表受け

トヨタ自動車

 トヨタは12月14日、バッテリーEV戦略に関する説明会を開催し、開発を進めているトヨタ・レクサスブランドのBEV15車種を一斉に披露した。EVへの積極姿勢を感じさせるラインナップには、個性的なデザインが揃う。

 そのひとつである小型EV SUVのコンセプト「コンパクトクルーザー EV」がアメリカにおいて、ランドクルーザーの小型版、あるいは往年のFJクルーザーの復活という位置づけで注目されている。

◆FJクルーザーのデザイン性を受け継ぐ
 コンパクトクルーザー EVの特徴は、レトロな味わいと無骨なスタイリングにある。懐かしさ溢れるグリルにはTOYOTAの文字が輝き、水平に並ぶLEDヘッドライトはランドクルーザー J80のようだ。樹脂製パーツを積極的に取り入れ、ボリューム感あるテイストにまとめ上げた。

 米カー・スクープ誌(12月14日)は、「たくましいスタイリングとカラー・コンビネーションはすぐさま、2006年のFJクルーザーを想起させる」と述べ、往年の名車との共通項を指摘している。対照的に内部では、デジタル化されたメーター群と大型タッチスクリーンを装備した。昔ながらのテイストを捨てるべきところは捨て、積極的に近年のテクノロジーを取り入れている点は頼もしい。

次のページ 全車種のなかで最大のヒットになる可能性




Text by 青葉やまと