「最も品質の高いSUVランキング」1位はあの日本車がランクイン

s_kaisu / shutterstock.com

9位:キア ソレント
PP100スコア:136

 起亜には地理に関した車名を付ける伝統があり、ソレントの名はイタリアの都市名に由来する。前掲のデュランゴと同じくこちらも7人乗りだが、ボディは比較的コンパクトな部類に入る。3列目シートはやや窮屈なため、ラゲッジスペースとして活用するなども有効だ。米国道路安全保険協会が選ぶトップ・セーフティー・ピックに選出されており、安全性の面では折り紙付きだ。ヨーロッパ向けの新モデルには、安全確認を容易にする興味深いギミックが追加された。車線変更の際にスピードメーターの表示が消え、代わりにブラインドスポット・カメラからの映像が表示される。

Grzegorz Czapski / shutterstock.com

8位:ビュイック エンビジョン
PP100スコア:134

 ゼネラルモーターズがビュイック・ブランドで販売する5人乗りのコンパクトSUVだ。中国で製造しアメリカで販売しているため、アメリカ市場から見ると逆輸入の形となる。3万1995ドル(約337万円)からと高級寄りの価格設定だが、その分だけデザインにも素材にもこだわり抜いている。ヒーターつきの8ウェイ電動シートやWi-Fiなど、装備の充実ぶりを考えればむしろ想像されるよりも安価な設定とすら言えるかもしれない。トリムは全部で5段階となっており、上位のプレミアム・グレードはターボエンジンを備える。

Mykhailo Karpenko / shutterstock.com

次のページ SUVをやや強引にオープンカーにしたようなそのデザインは賛否両論を呼んだ日本車がランクイン




Text by 青葉やまと

Recommends