新型スバルBRZ、走り・デザインで米メディア魅了 ターボ不在に「もっと全体を見てくれ」

SUBARU CORPORATION

 スバルの米国法人であるスバル・オブ・アメリカは11月中旬、FRスポーツカー「スバル BRZ」の新型を発表した。8月に生産終了となっていた旧型の後継となり、これまで以上に躍動感ある走りと魅力的なルックスを兼ね備える。

◆ラリードライバーも得心
 シンプルで力強い走りを見せるスバル BRZは、多くの人々を感動させている。F1からラリークロスに転向し、2018年の米ARXラリークロスでトロフィーをさらったスコット・スピード氏も、BRZの走りに魅せられた人物の一人だ。

カー&ドライバー誌(11月20日)はスピード氏による試乗の様子をレポートし、「彼はそのダイナミクスを楽しみ、多くのコーナー付近でドリフトさせ、そしてそのバランスとレスポンスに喜びを感じている」と述べている。氏によるとトラクションの増加も先代からの大きな変異点の一つだが、それにも増して馬力の向上が走りのレベルを上げているという。操作への応答性が増したために車体のコントロールが容易になっており、より長いドリフトが可能となった。小型で軽量なボディはそのままに、BRZはさらにタイトでパワフルな性能を手にしたことになる。

次のページ ターボチャージャーを搭載していないが、ファンを失望させることにはならないだろう




Text by 青葉やまと

Recommends