どれだけ飲んでも翌朝に響かず、ほどよい開放感だけを味わうことができる。そん ...