マーク・フォン・ブルメン氏は、子供の時から何十年もの間、アドリア海の宝石と ...