十数人もの旅行客が鋭いハサミを持ち、ほこりにまみれた手袋とエプロンを身に着け、緑色をしたブドウの木の間を歩いている。そして、世界中で愛されているチリワインの原料である濃い紫色をしたぶどうを手づかみで収穫していく。

AP Photo / Esteban Felix

炎天下での過酷な作業。農家の人たちは遠くから、微笑みつつ、すべてお見通しという表情で眺めている。しかし旅行客たちは、チリで収穫作業を実地体験するために対価を支払って来ているのだ。毎年数千人もの人が訪れては、房になった大切なぶどうを慎重に切り落とし、ヴューマネント・ワイナリーの木箱に詰め込む。

コロンビアから来た旅行客のジーナ・ケスタさんは、「いつも皆ワインを飲んでいますが、それがどのようにして作られているのか、実は知らないのです」と話す。

チリは昨年、約8億リットルのワインを生産し、ランキングは世界第9位だった。輸出数量では世界第4位で、「新大陸」の生産国の中ではリーダー的存在だ。

南米に位置するチリでは、1500年代にスペイン人定住者がブドウの木を持ち込んでからワインの生産が始まった。以降、優良で手ごろなワインを生産することで知られるようになった。

ヴューマネント・ワイナリーを訪れる旅行客は最高90ドルを支払うが、この代金には、チリで最も有名なワイン産地であるコルチャグア・ヴァレーの地を馬車か自転車で移動する費用が含まれている。

そこでぶどう狩りの体験を行う。

旅行客はぶどうを手に入れられるわけではないが、収穫作業の後にはグリルステーキのほか、発酵ぶどうジュース、マルベックのグラスなどをビジターセンターで味わえる。ここは、英国のDrinks International(ドリンクス インターナショナル)誌が今年、世界で最高の場所と評したところだ。また、1935年設立のヴューマネント・ワイナリーは、チリワイン協会により2017年に「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」に表彰されている。

ヴューマネント・ワイナリーで旅行者向け施策を担当しているフレディ・グレ氏は、「同様の取り組みを行っているブドウ園は他にもいくつかありますが、当園ほど、ワインの生産と醸造学にうまく特化しているところはありません」と述べている。

毎年、主にブラジルや米国から、約37,000人の旅行客が首都サンチアゴから南に約90マイル(140キロ)離れたこのワイナリーを訪れる。チリの「ワイン・トレイル」をサンチアゴから2時間半ほど車で走行すれば、カルメネール、カベルネ・ソーヴィニョンその他有名な品種を提供するゲストハウスやレストランでワインをはしごして楽しむことができる。

チリでワイン産業がこれほど盛んになったのは、この国に固有の自然が作る障壁によるところが大きい。西側は太平洋、東側はアンデス山脈、南側は南極大陸、さらに北側は世界で最も乾燥した砂漠地帯で守られている。この地理的条件が疫病の発生を防ぎ、ワイン農家は古来の栽培技術を活用しながら、接ぎ木することなくブドウの木を育てることができた。

チリのワイン農家は最近、他の温度帯や地域で実験を行っている。今以上に面白い味わいや特性を求めて、極寒の南部地方やアタカマ砂漠など極端な地理的条件を持つ地域でもぶどうを栽培してきた。

ヴューマネントに話を戻すと、旅行客たちは重量約1,100ポンド(500キロ)のぶどうを収穫した。たいそうな量のように思えるが、グレ氏によると、専門の農家なら収穫にもよるがその2~4倍程度になるという。1日2,000ポンド(900キロ)~4,400ポンド(2,000キロ)といったところだ。

弁護士のアナ・マリア・ファレン氏は、「興味深い体験でした。実際に収穫の仕事をしている人たちと同じ目線に立ちましたから」と話している。「30分作業したところ、とても疲れました。農家の方は一度に何時間も働くそうです。今回の体験を通して、ワインボトルができるまでにたいへんな重労働のあることがよくわかりました」。

By EVA VERGARA, Associated Press

VALLE DE COLCHAGUA, Chile (AP)


Dozens of tourists armed with sharp scissors and donning dusty gloves and aprons walk through rows of green vines, hand-picking dark purple grapes that will be turned into Chilean wines enjoyed around the world.


It’s hard work under a scorching sun and the professional pickers watching them from a distance grin knowingly. But the tourists have paid for the hands-on experience at Chile’s harvest, which draws thousands of visitors each year, so they carefully cut the precious grapes in bunches and deposit them into wooden crates at the Viu Manent winery.


“The truth is that you always drink the wine, but you don’t really know the process behind it,” said Gina Cuesta, a visitor from Colombia.


Chile is the world’s No. 9 wine producer, with an output of about 800 million liters last year. It was the world’s fourth-largest exporter by volume, and the leader among “New World” producers.


The South American country has been making wine since the mid-1500s, when Spanish settlers brought the first vines, and has become known for producing reliable and affordable wines.


Visitors pay up to $90 for the tour of Viu Manent, which includes riding on horse-drawn carriages or bikes in the pastures of the Colchagua Valley, one of Chile’s best-known wine regions.


And they get the grape-picking experience.


While the tourists don’t get to keep the grapes, they top off their work with grilled steak, fermented grape juice and a glass of malbec at the vineyard’s visitor center, which this year was named best in the world by the British magazine Drinks International. Founded in 1935, Viu Manent was also awarded Winery of the Year in 2017 by the Wines of Chile association.


“There are some vineyards that offer similar initiatives, but none is as complete and focused on the integral experience of wine producing and enology as ours,” said Freddy Grez, who is in charge of Viu Manent’s tourist activities.


Each year, about 37,000 visitors — most of them from Brazil and the United States — visit the winery about 90 miles (140 kilometers) south of the Chilean capital. The two-hour drive from Santiago along the country’s “Wine Trail” gives tourists the chance to wine-hop at guesthouses and restaurants that offer carmenere, cabernet sauvignon and other varieties for which Chile is known.


Chile’s natural barriers have a lot to do with the successful growth of its wine industry. It is shielded by the Pacific Ocean on the west, the Andes mountains on the east, Antarctica to the south and the world’s driest desert to the north. This has helped protect Chile from plagues, allowing winemakers to grow vines ungrafted, using ancient cultivation techniques.


In recent years, Chilean winemakers have also been experimenting with other temperatures and terrains. In the quest for more interesting tastes and characters, they’ve grown grapes in extreme places such as the icy south and the Atacama desert.


Back at Viu Manent, the team of tourists has gathered about 1,100 pounds (500 kilograms) of grapes. It seems like a lot but Grez says that depending on the harvest, professional workers can pick two to four times as much — anywhere from 2,000 pounds (900 kilograms) to 4,400 pounds (2,000 kilos) a day.


“I thought it was interesting because I put myself in the shoes of the people who do this work,” lawyer Ana Maria Farren said. “We were here for half an hour and ended up tired. The (workers) are here for hours at a time. This experience allowed me to understand all the heavy work that is behind a bottle of wine.”


___


Associated Press writer Luis Andres Henao in Buenos Aires, Argentina, contributed to this report.