ワイン通の皆様はお見逃し無く。

国境を越えて少し南、そこはバジェ・デ・グアダルーペと呼ばれる、まだあまり名の知られていない珠玉の地だ。

誉れ高きカリフォルニア・ナパバレー産と較べると、少しばかり埃っぽさやエッジの粗さが感じられる。しかし、このメキシコのバハというワインの産地、「ワイン街道」として知られる幹線道路沿いを行けば、気負わずに心地良いひと時を手頃な価格で手に入れられる。サンディエゴから南へたった2時間、急成長を遂げるこのワインの聖地では、お洒落なホテルに魅力的な食文化、そして100を越えるワイナリーが舌の肥えた愛好家たちを喜ばせている。

この地が最も活気に溢れ人々で賑わうのは5月から9月にかけて ― しかし、地元のワイン醸造家たちと直に接しながら穏やかな旅を味わいたい通な人には他の時期もお薦めだ。暖炉の側でお気に入りのシャルドネを口にしながら心地よい夜を過ごす。喧騒から逃れ、思い出の一本を手に入れよう。

ワインを味わうなら

Vinas de Garza(ヴィニャス・デ・ガルーザ): 丘の上にある試飲スペースはまるで夢のよう。そこからの見晴らしはこの地域で一番のものだ。テイスティングは10〜16ドル。Rancho Mogorcitoの白は必ず飲むように。ソーヴィニヨン・ブランとシャルドネの素晴らしいブレンドは輝きがあってフルーティ、オーク樽熟成無しの一品だ(ボトルは17.10ドル)。

Hacienda la Lomita(アシエンダ・ラ・ロミータ): ロミータさん一家経営のワイナリー。系列のビオディナミワイン醸造所Finca La Carrodilla(フィンカ・ラ・キャロディーラ)と共にオーガニックワインを製造している。小さめではあるが今風の試飲室はアート感溢れる雰囲気とルビーレッドローズで有名だ。マシュマロとキャラメルが香る逸品はボトルで11.82ドル。テイスティングは12〜21ドル。

Villa Montefiori(ヴィジャ・モンテフィオーリ): メインロードを離れ奥まったところにあるモンテフィオーリ。ブドウ畑を見下ろす見晴らしの良いデッキが試飲スペースだ。「イタリアの心を持つメキシコワイン」を掲げ、オーナーのパオロ・パオローニ氏の母国イタリアからブドウを輸入している。グラス試飲が4ドル、テイスティングは6〜24ドル。ボトルは16〜64ドル。

Monte Xanic(モンテ・サニック): 湖畔にあるこのオアシスは複数のメキシコ人家族によって経営されている。地域有数の規模と歴史を誇る、とても手入れの行き届いたワイナリーだ。ドライでフルーティなマルベック(ボトル37ドル)は傑作。テイスティングは10〜17ドル、ボトルは12〜53ドル。

食事はここで

ワインを求めて来たけれど、食の素晴らしさについ足が止まる。バジェ・デ・グアダルーペのレストランでは、芸術的かつ創造的なオートキュイジーヌがアメリカ国内よりも手頃な価格で提供されている。

Finca Artozano(フィンカ・アルトザーノ): 田舎風でインスタ映え間違い無しのこのステーキハウス。ウズラの炭火焼(13.25ドル)やキハダマグロのトスターダ(5ドル)など、旬の食材を地元風の味付けで提供している。今回の旅で最も印象に残ったのが太平洋産タコのグリル(8.75ドル)。さっぱりとしたシトラス風味、醤油のソースが絶品だ。デッキから見える雄大な景色と巨大なワイン樽もお見逃し無く。星を眺めながらグラスを傾けるのに最高の場所だ。

Adobe Food Truck(アドベ・フード・トラック): 戸外の席でカジュアルなランチを取るならこちら。サンドイッチやサラダ、タパスを提供している人気のフードトラックだ。5ドル以下のメニューも豊富。

Deckman’s(デックマンズ): ミシュラン星を獲得したシェフ、ドリュー・デックマンが手掛ける屋外レストラン。星空の下で食事を頂こう。地産地消のスタイルで作られるメニューにはムール貝を使ったタイカレー(12.75ドル)も。5品からなるコースメニューは39.80ドル。

ヒップなホテル

グルメは格安で豊富にあるが、ホテルに関しては、過剰なサービス・値段はあまり期待しない方が良い。

Villas Maglen(ビジャズ・マグレン): 中心部に新しくオープンしたホテル。荒野のモチーフをシックに表現した6つのコテージに焚き火台、敷地内には小さなプールとレストランも1つずつある。

Adobe Guadalupe(アドビ・グアダルーペ): 中南米農園風の見事なホテル。ブドウ園を通り抜ける乗馬体験が楽しめる。

エンクエントロ・グアダルーペ(Encuentro Guadalupe): ここにしかないユニークな宿。モダンでエコフレンドリーな22のコテージから、一面のブドウ畑を見渡そう。

プランは綿密に

ティファナ空港まで飛行機で行くか、車で国境を越えて行こう。運転の際はパスポート、出入国カード(通称FMM/Froma Migratoria Multiple)、メキシコ国内の自動車保険(複数の会社で事前購入が可能)が必要だ。試飲室の混雑や国境での渋滞を避けるため訪れるのは平日に。ただし、ワイナリーの多くは木曜日から日曜日にかけてのみ営業、たいていは午後5時に閉まるので気をつけて。国境での待ち時間はオンラインでチェック可能だ。グアダルーペ全域でクレジットカードはおおむね使用可能だが、到着前にペソを手にしておいた方が便利だろう。

アメリカへ酒類を持ち帰る際は1人当たり1リットルまでは免税。超過分に関しては入国時に小額の税金を払うことになる。飛行機の場合は、乗客1人につき5リットルが持ち帰りの限度となる。

ワインに興味が無い人も大丈夫。バイクレンタルやジップライン、温泉に乗馬、四輪バギーも楽しめるし、近くにあるエンセナダまで行って釣りやウォータースポーツ、桟橋の散歩を楽しむことも可能だ。

ニコール・エバットのTwitterはこちら(https://twitter.com/NicoleEvatt

ENSENADA, Mexico (AP)


Wine lovers, listen up: There’s a little-known gem just south of the border called Valle de Guadalupe.


It’s a bit dustier and rougher around the edges than California’s prized Napa Valley, but Baja’s wine country offers a relaxed, unpretentious, budget-friendly experience clustered along a main highway in this region of Mexico known as the Ruta del Vino.


The fast-growing wine mecca just two hours south of San Diego is home to hip boutique hotels, an impressive culinary scene and more than 100 wineries to satisfy the most discerning of aficionados.


The greenest and busiest time to visit is May through September, but other months welcome serious connoisseurs looking for a quieter trip with more personal attention — often from the winemakers themselves. Add in a few crisp evenings spent sipping your favorite chardonnay by a fire pit and you’ve got yourself a memorable wine getaway with a fraction of the fuss.


SIP TIPS


Vinas de Garza: This romantic hilltop tasting room has some of the best views in the valley. Tastings range from $10-$16. Don’t leave without trying the Blanco del Rancho Mogorcito, a delightful sauvignon blanc-chardonnay blend that delivers bright, fruity, unoaked flavors ($17.10 per bottle).


Hacienda la Lomita: Family-run Lomita, and its biodynamic sister location, Finca La Carrodilla, are committed to organic farming. Lomita’s tiny, but trendy tasting room is known for its artsy ambiance and ruby red rose, a marshmallow and caramel flavored dream ($11.82 per bottle). Tastings range from $12-$21.


Villa Montefiori: Set back off the main road, Montefiori’s tasting room is a large viewing deck perched above its sprawling vineyard. They boast “Mexican wines with an Italian heart” with vines imported from owner Paolo Paoloni’s home country, Italy. Try a glass for $4, tastings range from $6-$24 and bottles run $16-$64.


Monte Xanic: This lakeside oasis is owned by a collective of Mexican families. It’s one of the largest, oldest and well-manicured properties in the area. The winery’s dry and fruity malbec ($37 per bottle) was a standout. Tastings are $10-$17 and bottles range from $12-$53.


FOOD FINDS


Come for the wine, but stay for the food. Valle de Guadalupe’s restaurants serve up artistic, creative haute cuisine with a more palatable price than a comparable meal stateside.


Finca Altozano: This rustic, Instagram-friendly, steakhouse whips up locally sourced, seasonal delights like wood-fired quall ($13.25) and ahi tuna tostadas ($5). The most memorable meal of the trip was Finca’s grilled pacific octopus ($8.75) in a mouth-watering citrus soy sauce. Don’t forget to check out the gorgeous grounds and the larger-than-life wine barrel viewing decks, perfect for stargazing with a nightcap.


Adobe Food Truck: For a casual lunch with outdoor seating, stop by this popular food truck serving sandwiches, salads and tapas. Many plates are $5 or less.


Deckman’s: Dine under the stars with an outdoor kitchen helmed by Michelin-starred chef Drew Deckman. The locally grown, farm-to-table fare includes Thai curry mussels ($12.75) and a five-course tasting menu for $39.80.


HIP HOTELS


Though gourmet food is a steal in Valle, expect fewer frills and pricier rates from the boutique hotels popping up throughout the area.


Villas Maglen: This newly built, centrally located hotel has six desert-chic villas grouped around fire pits, a small pool and an onsite restaurant.


Adobe Guadalupe: Explore the valley’s vineyards via horseback while staying in this stunning, hacienda-style hotel.


Encuentro Guadalupe: This unique property offers 22 modern, eco-friendly pods with sweeping vineyard views.


PLAN LIKE A PRO


You can fly into Tijuana Airport or cross the border by car. To drive, you’ll need a passport, a tourist card, also called an FMM (Forma Migratoria Multiple), and Mexican car insurance, which can be purchased in advance from a number of companies.


Visit on weekdays to avoid crowded tasting rooms and traffic jams at the border, but note that many wineries are only open Thursday-Sunday and most close by 5 p.m. You can check border wait times online.


Credit cards are widely accepted throughout Valle, but it may handy to pick up pesos before you arrive.


You can bring one liter of alcohol back per person, duty free, to the United States. Pay a small fee at the border for additional bottles. You’re allowed five liters per passenger when traveling by plane.


Wine not your thing? Check out bike rentals, zip lines, spas, horseback riding and ATV adventures or head to nearby Ensenada for fishing, watersports or a stroll through the touristy pier.


Follow Nicole Evatt on Twitter at https://twitter.com/NicoleEvatt


ENSENADA, Mexico (AP)