【2020年の評判】人気のあるクレジットカードはどのブランド?おすすめゴールドカード5選

Shutterstock.com / Jacob Lund

 2020年に人気のあるクレジットカードはどのブランドから出されているのでしょうか。近年ではタッチレス決済がクレジットカードにも普及し始め、特にWithコロナの時代には接触のない決済方法には注目が集まっています。さらにバンドルカードの認知が進み、カード業界には様々な新しい波が訪れています。その中で人気を集めているのはどのようなカードなのでしょうか。

【参照】【ステータス】デザインがおしゃれなおすすめクレジットカード

ゴールドカードセゾン

人気の理由は永久不滅ポイント

 ゴールドカードセゾンは西友グループが発行しているゴールドカードです。永久不滅ポイントは長くCMで訴求している代名詞のようなもので、ゴールドカードセゾンの一番のポイントです。永久不滅ポイントはポイントを失う恐れがないことと、西友グループの対象店舗では常時ポイント2倍になるため普段からショッピングでクレジットカードを利用している方にオススメです。

アメックスブランドが+2000円で手に入るお得感

 ゴールドカードセゾンのメリットの一つに、+2,000円でもう1枚のゴールドカードを発行することができます。そのカードは「セゾンゴールド・アソシエ・アメリカン・エキスプレス®・カード」で、一般的に審査が厳しいとされているアメックスブランドのクレジットカードを入手できます。それだけでステータスになるのですが、国内外でのサポートもアメックスブランドならではの充実感があります。日頃のお買い物で重宝できる上に、ステータスが保証されているアメックスブランドを手頃に揃えられる点が人気につながっているようです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

最もステータスがわかりやすいカード

 アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードがもつ特典の一つがプライオリティ・パスです。プライオリティパスとは通常、年会費が99米ドル、また都度の使用につき32米ドルが必要にある高価なサービスですが、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードのプライオリティ・パスでは海外の空港のラウンジ年に2回ほど無料で使用することができます。年中海外旅行に行くというユーザーでなければ十分にメリットを享受できて、ステータスがわかりやすいため人気を保っています。

1名分のコース料金が無料になる「ダイニングサービス」

 ダイニングサービスは、アメリカン・エキスプレスと提携している国内外の約200のレストランで、所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分が無料になるというサービスです。ゴールドカードよりワンランク上の、プラチナクラスのクレジットカードではよく知られたサービスですが、ゴールドクラスでこのサービスを受けられるのはそう多くないはずです。それまで年に32,000円(税抜)を支払う必要があったこのサービスですが、2014年のサービス改定によって無料で利用できる仕様に変更されて、人気がまた高まっています。

dカード GOLD

ドコモユーザーに人気!毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」利用で10%還元

 ドコモのケータイ・ドコモ光のご利用金額1,000円(税抜)ごとに、税抜金額の10%のdポイントが貯まります。ドコモでケータイを契約している方は年間の利用額の10%が還元されるということで、年会費がそのままペイできるため実質的な負担がほぼなく、もう1枚のカードとしての需要を満たしているのが人気の理由です。

dポイントが2重にもらえる支払い設定

 d払いではdポイントが通常店舗では1.5%が還元され、ネット店舗では2.0%まで還元されるので、還元率は高水準です。さらにローソンでは利用金額から3%OFFになり、dポイントとの累計で5%ほどおトクになります。日常的に生活費などの決済でクレジットカードを使用している方であれば、dカードでdポイントを上手に活用することでかなりポイントを増やす「ポイ活」が捗るでしょう。

購入から3年間、最大10万円のケータイ補償で万が一の時にも安心

 ご利用中の携帯電話がご購入から3年以内に故障してしまった場合、dカードで購入することで最大10万円まで補償されます。最近のスマホは故障した際の負担額がとても大きく、特にお子さんのスマホが故障してしまうと家計に痛手を与えます。そこで保険のようにこの仕組を使えるのため、家族でドコモに入っているユーザーからの師事を集めているようです。

エポスゴールドカード

永久ポイント&年間利用額に応じたボーナスをプレゼント

 エポスカード最大の魅力は、ゴールドカード会員なら期限なしの永久ポイントとして換算されます。たとえば年間50万円以上の利用であれば2,500ポイント、年間100万円以上の利用なら10,000ポイントがそれぞれ通常ポイントに加算されます。これらを組み合わせると最大2.5%ほどまで還元率を高められるため、還元率を重視するユーザーにうってつけのカードです。

海外旅行の保証が随一!くつろぎの空港ラウンジ&Visaなら国際線・海外利用のサービスも

 EPOSゴールドカードは海外旅行時の保証が自動付帯となっており、怪我や病気、盗難等の有事の際に頼れるカードで人気です。またゴールドカードに欠かせないラウンジサービスも抜け目なくあるのがエポスゴールドカードの嬉しいところです。国内の空港はもちろん、国際ブランドをVisaに設定した場合は国際線利用時のクロークなどを割引するサービスも揃えられています。様々な国で、日本語で対応してもらえる海外サポートデスクの利用ができるのもポイントが高いです。

楽天ゴールドカード

圧倒的な使いやすさ!楽天市場を日常的に使用しているユーザーには間違いなく「最強」

 とにかく楽天カードの特筆すべき点は、そのコスパの高さです。まず年会費が2,200円でゴールドクラスのクレジットカードにしては最安レベルで、なにかしらの方法で年会費無料となるカードを除いては最も維持費が低いといえるでしょう。そして楽天市場のユーザーは還元率が3%を優に超え、「ポイントで支払いサービス」を用いてはキャッシュバック可能とまさに「最強」のカードと言えます。楽天グループは様々なサービスを提供していますが、そのどれも楽天カードを組み合わせるとかなりお得になる事が多いです。そのためユーザーの伸び率もかなりよく、好調は続くと見られます。

最も将来性の見込めるクレジットカード

 楽天ゴールドカードには他のクレジットカード系より優れている面は還元率や十分なサポート・サービスだけではありません、楽天銀行や楽天証券といったように、楽天は提供できる金融サービスを伸長するためにグループ一丸となって利便性を高めています。先日には東日本JRのSuicaとの提携が始まり、Suicaにチャージするだけで楽天ポイントが貯まる仕組みになりました。まだまだ矢継ぎ早に新たなサービスを市場に追加して、新規顧客の囲い込みをすすめるでしょう。

まとめ

 現在人気のクレジットカードをまとめて、そのおすすめのポイントも紹介してきました。ゴールドカードと言ってもその幅は広く、自身のニーズに合ったカードを選ぶことで日々の生活を豊かにしてくれるでしょう。この機会に是非、人気のあるゴールドカードを興味を持ってみてはいかがでしょうか。

Text by NewSphere 編集部

Recommends