EPOSゴールドカードは幅広く使えるステータスカード!メリット、優待内容を解説

 EPOSゴールドカードはゴールドカラーのクレジットカードでありながら、お得に使えるおすすめのゴールドカードです。全国的に展開されていれ若年層に支持がある「丸井グループ」が発行しているカードで、自動車免許取得学校などさまざまな場所で1枚目のカードとして広く知られています。安定のゴールドカードなのでステータス性もカバーしていますね。今回は丸井グループが発行しているEPOSゴールドカードのメリットを説明していきます。

EPOSゴールドカードの特徴① エポスポイントの使いやすさ

 EPOSゴールドカードは有効期限が無期限のエポスポイントが得られます。エポスポイントは1ポイント1円換算が可能で、このポイントを商品券や各航空会社にポイント換算することができます。さらにネットショッピングを使用する際には3店舗までならポイントが3倍になるサービスも有り、普段ポイントを使って買い物をする習慣のない人でも気軽に始められるので、ポイ活の入門カードとしてもおすすめできます。

 EPOSゴールドカードでは年間の利用金額によって還元されるポイントが変わってきます。50万円を使用すると5,000円分のポイント、100万円以上使用すると10,000円分のポイントが還元されるため、家賃や公共料金などをクレジットカードで支払う方にもおすすめです。その他にも家族カードを作ることで家族内でポイントをシェアすることができたり、マルイやモディの通販サイトでもポイントの還元率は1.0%をキープするなど、ポイントを上手に貯めることができます。

EPOSゴールドカードの特徴② 優良な海外旅行サポート

 EPOSゴールドカードの良さはポイントだけではなく、全体的なサービスのバランスの良さも上げられます。多くのゴールドカードがそうであるように、EPOSゴールドカードにも海外旅行のサポートはありますが、年会費が格安の割にはかなり充実した内容となっています。例えば「海外旅行傷害保険」について、他の一般的なカードでは利用時のみ適用されるという条件が用いられることがほとんどです。しかし、EPOSゴールドカードではその「海外旅行傷害保険」が自動付帯となっています。つまり持っているだけで保険が適応されるため、事前の登録作業や決済の条件などがないのです。この自動付帯サービスがEPOSゴールドカードの最大の魅力の一つと言えそうです。

 具体的に海外旅行傷害保険の中身を確認してみると、傷害治療費用(事故などで追った怪我)や疾病治療費用(旅先で患った病気)の最高額はどちらも300万円となっており、かなり安心できる金額になっています。また死亡保険は最大で1000万と、他のゴールドカードと比較しても遜色ない額面になります。

EPOSゴールドカードの特徴③ 審査ハードルは高くない

 クレジットカードなどの審査は各社が独自に判定するものであり、その判定基準などは決して外部には出ない情報のため確実なことは言えません。ただ他のゴールドカードと比較して、EPOSゴールドカードゴールドカードの審査は一般的に低めだと言われています。これはリテール(流通系)のカード全般にも言われていることですが、リテール系のクレジットカードはその他のクレカよりも審査が甘めだ評価されます。やはりリテール側の立場としてはクレジットカードを使って販売を促進し、グループでの売上を高める二重の効果を期待しているからでしょう。

まとめ

 EPOSゴールドカードはポイントが無期限で有効の優れたシステムを持ち、そのポイントもかなり貯めやすくなっています。さらにそのポイントはマイルなどに換算もできるので、つぶしが効きポイ活にも導入しやすいでしょう。もう一つの特徴は海外保険が充実していること。特に自動付帯であることはかなりのメリットです。比較的審査も通りやすいと評判のEPOSゴールドカードですので、この機会に一度申し込まれてみてはいかがでしょうか。

Text by NewSphere 編集部

Recommends