やっていたら注意、寿命を縮める8つのこと

Pixel-Shot / Shutterstock.com

◆2.ネガティブな気持ち

fizkes / Shutterstock.com

 一日を笑顔で過ごせば爽やかな気持ちになるだけでなく、その後の寿命を引き伸ばす効果もあるようだ。

 米総合病院のメイヨー・クリニックの調査により、楽観主義の人々は悲観的な人々よりも、若くして死亡する確率が50%ほど低いことが判明した。ストレスを抱えないことが免疫系の正常な働きを助けるためと見られる。

 米イリノイ大学による研究など、ほかにも同様の傾向を示す調査事例は多数存在する。ポジティブな気持ちを保つ人々は適正なエクササイズと良好な食習慣を維持していることが多く、こういった背景も長い寿命に影響しているという。

次のページ 「どこに住むか」も影響




Text by 青葉やまと