日本車が世界一!世界加速力車ランキング 1位は大阪の意外な企業が生み出すスーパーカー

Jan von Uxkull-Gyllenband / shutterstock.com

♦︎17位:日産 GT-R ニスモ(2.7秒)
最新モデルでは608馬力まで引き上げられただけでなく、カーボンファイバー素材の採用と空気力学の向上によりさらなるスピードアップにつなげた。必ずしもスポーツカーらしいデザインとはなっていないが、実力は着実に向上してきている。日産がグローバル展開するGT3カスタマー・レーシング・プログラムから収集したデータが、タービンホイールの形状の改良に役立てられている。

VanderWolf Images / shutterstock.com

♦︎16位:マクラーレン P1(2.6秒)
なめらかな曲線状のエクステリアが美しいが、ハイブリッドのシステム全体で1000馬力を生み出すモンスター・マシンだ。合計出力は3.8Lツインターボ・エンジンと2基の電気モーターを搭載する。徹底した軽量化のため、フェンダーなど不要な部品は思い切って省略されている。スポーツカーということで、空調コントロールに図示されたドライバーのアイコンには、よく見るとヘルメットを着用しているというユーモアが潜む。

AaronTsui / shutterstock.com

次のページ マクラーレン史上最もエアロダイナミクスに優れた設計の名車がランクイン!




Text by 青葉やまと

Recommends