米国愛車ランキングTop15を日本車独占!栄えある第1位に輝いた日本車は?

Prophotoo / Shutterstock.com

 自動車情報サイトの米アイ・シー・カーズは、アメリカで長く乗り続けられているクルマの番付を発表した。ランキングは15位まで発表されているが、全車種をトヨタなど日本ブランドが占める結果となった。

 調査は2019年に中古市場に売りに出された35万台の車両を対象に、初代オーナーが15年以上乗り続けていた割合をモデル別に集計したものだ。15年以上継続して乗られていた個体の割合は全車種平均で7.7%であったが、1位に輝いたあるモデルは実に倍以上となる18%超を記録。購入者のうちほぼ5人に1人が15年以上乗り続けるという驚きの結果となった。

15位:トヨタ ランドクルーザー
15年以上乗られた割合:10.6%
大型SUVのランドクルーザーは、まだその名を冠していなかった戦後のBJ型から通算すると、シリーズ合計で世界で1000万台以上を販売している。今回の調査では初代オーナーが15年以上手放さずにいる割合が10.6%と、平均値7.7%よりも4割近く多いことが明らかになった。トヨタは他車種の成績も良好で、トップ15のうち10車種を占めている。アイ・シー・カーズ社のフォン・リーCEOはトヨタのSUVが複数リスト入りしていると紹介し、ランドクルーザーについても信頼性に定評のあるクルマだと認めている。メーカーにとって車体の経年劣化は買い替え需要を喚起する機会でもあるが、ランドクルーザーは25年以上も稼働できるよう設計されている。2007年のフルモデルチェンジ以降は大きな変化がないことも、既存モデルへの愛着を高める結果となった。

Giongi63 / shutterstock.com

14位:ホンダ シビック
15年以上乗られた割合:11.0%
ホンダからは4車種がランクインしている。14位となったシビックは、1972年に初代が日本デビューして以来、小型車として広く親しまれてきた。インパネに革新的な改良を加えた2代目、自動車として初めてグッドデザイン大賞を受賞した3代目、馬力の強化を図った4代目など、時代のニーズに応じて常に改良を重ねてきた。日本市場に2005年に登場した8代目からはミドルサイズセダンとなり、居住性を向上している。北米では現地専用のデザインを用意するなどローカライズを行ったが、現行の10代目ではグローバルな共通仕様に回帰している。

Chatchai Somwat / shutterstock.com

次のページ 親から子の世代へと乗り継がれることさえ珍しくないセダンがランクイン!

Text by 青葉やまと

Recommends