覚えておきたい、意外な発がん性食品22種・リスク低減の食品7種

Brent Hofacker / shuttetstock.com

 がんは人類にとって身近な存在だ。アメリカでは心疾患に次いで、死因全体の第2位を占める。日本でも1歳以上94歳以下のすべての年齢層において、死亡原因のトップ3に入っている。日頃の食生活の改善で、そのリスクを抑えることはできるだろうか? 発がん性について指摘されている食品22種と、効果的にリスクを抑えると言われる食品7種を見てみよう。

1. ソーセージ、ベーコン、サラミなどの加工肉
 忙しい朝の食卓を賑わせてくれるソーセージとベーコンだが、毎日食べるのは考えものかもしれない。世界保健機構(WHO)ではソーセージなど加工肉を「グループ1」の発がん性に分類している。これは発がん性の確度において、タバコや紫外線へのばく露などと同程度に疑いが高いことを意味する。加工肉だけに頼らないバランスの良い食事を心がけたい。

beats1 / shuttetstock.com

2. 牛肉など赤身の肉
 もちろん、未加工の肉ならば大丈夫というわけではない。牛肉や豚肉などに代表される赤身の肉もがんを引き起こす原因になりやすいようだ。WHOの調査によると、毎日100グラムの赤身の肉を摂取する人はそうでない人と比較して、数年以内にがんと診断される確率が17%増加する。最近では低糖質ダイエットの強い味方としてステーキが脚光を浴びているが、過度な摂取は控えたほうが良さそうだ。

Natalia Lisovskaya / shuttetstock.com

次のページ みんなで集まって楽しむあの料理も、実は問題が潜んでいた




Text by 青葉やまと

Recommends