最高の日本人サッカー選手ランキング 1位はプレミアリーグで日本人初の快挙を達成した選手

mooinblack, Feelphoto / shutterstock.com

日本人サッカー選手の人気ランキングを、アメリカのランキングウェブサイトRankerが発表している。昨年2019年7月から、約1,000人のサッカーファンの投票により決められた、最高の日本人サッカー選手ランキング・トップ25を見てみよう(ランキングは記事執筆時点)。

25位:巻 誠一郎
生年月日 1980年8月7日
所属チーム ジェフユナイテッド市原・千葉、東京ヴェルディ、ロアッソ熊本 ほか
ポジション FW
駒澤大を経て、03年にジェフユナイテッド市原に入団。06年にはW杯日本代表に選ばれる。国際Aマッチ通算38試合に出場し、8得点を挙げている。10年にロシアのクラブに移籍。その後、中国のクラブを経て11年に東京ヴェルディで日本に復帰する。14年からはJ2ロアッソ熊本でプレー。18年限りで現役を引退した。J1通算207試合53得点、J2通算231試合16得点。得意のヘディングで数々のゴールを決めた。

24位:森崎 浩司
生年月日 1981年5月9日
所属チーム サンフレッチェ広島
ポジション MF
双子の兄、森崎和幸とともに、Jリーグ初の双子選手としてサンフレッチェ広島の一時代を築いた。高校時代からサンフレッチェ広島ユースに所属、卒業後の2000年にサンフレッチェ広島に入団し、プロとしてのキャリアを始める。以後、16年に引退するまでサンフレッチェ広島のみでプレーを続ける。17年にサンフレッチェ広島の初代アンバサダーに就任した。

次のページ 天才、和製メッシなどと呼ばれ、大きな期待が寄せられている若手選手がランクイン!




Text by 西尾裕美

Recommends