DIRECTION

ART & DESIGN

ルイ・ヴィトン 「巨大化」がテーマのショーでエネルギッシュなファッションシーズンに幕

Louis Vuitton's 'blow up' show caps energetic fashion season

SCROLL DOWN

Photo by Vianney Le Caer / Invision / AP

10月4日、パリ・ファッションウィークを締めくくった二コラ・ジェスキエールによる活気に満ちたルイ・ヴィトンのショーでは、遊園地の明かりがフロントロウにも負けない輝きを放っていた。

大きな太鼓の音が、ルーヴル美術館の歴史ある庭の敷石に響き渡る。ゲストが誘われたのは、仕掛け鏡が置かれ、ラスベガスのようなネオンのなか、テントのような赤いゴム風船が無数に転がるシュールな世界だ。そこでは、衣装が大きく拡大された。

同日、ルイ・ヴィトンの前には今シーズン最終日の目玉のひとつとして、グラン・パレ・エフェメールでシャネルのショーも開催。こちらはかなりシンプルなコレクションがゲストを迎えた。

今回は、4日に披露された2023年春夏コレクションのハイライトをお届けする。

Photo by Vianney Le Caer / Invision / AP

ミクロモデル

二コラ・ジェスキエールは、円形劇場のようにぐるりと曲線を描いたサーカス風のセットで見る者を沸かせた。もちろん、遊び心満載のデザインも、期待を裏切らない。

ルイ・ヴィトンのデザイナーを務める51歳のジェスキエールは「巨大化」をテーマに掲げ、幼少期のイマジネーションを思うままに発揮した。

巨大なジッパーに、さらに大きなモノグラムの「ハンド」バッグ、とてつもなく大きなボーカラー、ピエロのようなボタン、そして巨大なレザーの布がひるがえり、大ヒット映画『ミクロキッズ』を思い出させる。

カラフルではつらつとしたコレクションには、遊び心が散りばめられた現代版宮廷ドレスのような趣もあり、わかりやすいギミックだけでなく格式高いルックも見られた。

(もはや救命ブイかと思うほど)大きく膨れ上がったエリザベスカラーが、ルーズなプリーツドレスと黒いコンバットブーツのコーディネートをスポーティーな印象に変える。また、ルネサンス調のカラーのシルエットが、体にじゃれつくように腰の辺りまで伸びているルックもあった。

この何でもありの世界にもちゃんとした秩序はあり、デザインの徹底した快活さがコレクション全体に統一感を与えていた。

巨大化したジッパーをあしらったプリントレザーのシリーズでは、度を越したところがあったかもしれない。しかしマルチカラーの刺しゅう入りエプロンドレスなど傑出した作品たちが、それを補って余りあるほどだった。

Photo by Vianney Le Caer / Invision / AP

ルイ・ヴィトンに集まるスター

ポップアイコンのジャネット・ジャクソンは、旧王宮のなかで最も歴史のある中庭、クールカレの会場で眩い照明のもと、周囲をカメラが押し合うなかで平然とポーズを決めていた。

ジェニファー・コネリーが、バックステージを颯爽と歩いて行く。レア・セドゥは、ファッション業界で最大の成功をおさめたLVMHのベルナール・アルノーCEOの近くで、カメラマンに向けポーズをきめる。そして『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』で脚光を浴びたミリー・オールコックは、最前列の仲間入りを果たしたという名誉を噛みしめていた。オーストラリア人の女優でレイニラ姫の少女時代を演じたミリー・オールコックは、姫が成長しない訳にはいかないので、ヒット作の前編で交代となることを「がっかり」と嘆いてユーモアを見せた。

あまりにも多くのセレブが集まったため、ファッションジャーナリストのなかには、VIP用のメモを手に座ったまま怖気づく者もいたほどだ。

シャネルを手掛けていたカール・ラガーフェルドの死が、プレタポルテ・コレクション最終日に最も大きな注目を集めた年もあったが、このようなエネルギッシュなシーンは、今やルイ・ヴィトン恒例のものだ。ニューヨーク、ロンドン、ミラノをめぐり、光の都パリで幕を下ろすファッションシーズンを、見事に締めくくった。

AP Photo / Christophe Ena

By THOMAS ADAMSON AP Fashion Writer

PARIS (AP)

The funfair lights at Louis Vuitton shone as brightly as the starry front row Tuesday for the vibrant and infectious spring collection from Nicolas Ghesquiere that capped Paris Fashion Week.

Dramatic bursts from a tribal drum echoed across the storied cobbles of the Louvre, leading guests to a surreal world of circus mirrors, Las Vegas lights and myriad lattices of tent-like red latex — where clothes were blown up.

Earlier in the day, a more understated collection awaited guests attending Chanel at the Grand Palais Ephemere for one of the season finale’s other big draws.

Here are some highlights of Tuesday’s spring-summer 2023 collections:

HONEY, I SHRUNK THE MODELS

If Nicolas Ghesquiere raised excitement with the circus-like set that curved like a theater in the round, the fun designs did not disappoint.

This season, the 51-year-old Louis Vuitton designer let his childhood imagination run wild with the theme of blowing up.

Giant zippers accompanied even bigger Monogram “hand”-bags, humongous bow collars, clown-like buttons and enormous unfurling leather sections that evoked the hit movie “Honey I Shrunk The Kids.”

Beyond the obvious gimmicks, there were some accomplished looks in the colorful and youthful collection that was also a playful, contemporary take on regal dress.

Blown up Elizabethan collars — or were they lifebuoys? — were given a sporty revamp on loose, ruched gowns and black stomping boots. Elsewhere, the Renaissance collar silhouette traveled down the body playfully on another look at hip level.

There was method in the madness — the designs’ sheer vibrancy giving a coherence to the collection as a whole.

Ghesquiere perhaps went too far with a leather print series of blown-up zippers, but stand out pieces like an embroidered multicolored apron dress surely made up for it.

LV’S STARS

Pop icon Janet Jackson looked the model of calm as the cameras jostled around her inside the former royal palace’s oldest courtyard, the Cour Carre, amid the dazzling set lights.

Jennifer Connelly breezed through backstage. Lea Seydoux posed for photographers near fashion’s richest CEO, Bernard Arnault of LVMH, and “House of the Dragon” star Milly Alcock soaked up her new found fame — a recent addition to the front row crowd. The Australian actress who played childhood Princess Rhaenyra did not forget her humor, lamenting it was “terrible” that her character had to grow up and she be replaced in the hit prequel.

There were so many celebrities that some bewildered fashion journalists just sat down, beaten, with their VIP cheatsheet on their lap.

High-octane scenes like these are the norm at Louis Vuitton — which since Karl Lagerfeld’s death at Chanel has become the undisputed highlight of Paris ready-to-wear’s final day. It’s a glamorous bookend to the entire fashion season that travels through New York, London and Milan and always ends in the City of Light.

By THOMAS ADAMSON AP Fashion Writer

PARIS (AP)

RECOMMENDS