DIRECTION

ART & DESIGN

特別なバッグ:フェンディの定番アイテム「バゲット」をニューヨークで祝福

Not just a bag: Fendi fetes its famed 'Baguette' in NYC

SCROLL DOWN

AP Photo/Eduardo Munoz Alvarez

マンハッタンのミッドタウンにあるハマースタイン・ボールルームの周囲は人でごった返し、映画のプレミア上映会でも行われているのかと思うほどだ。会場内にはセレブも集結。しかし真の主役は、ハンドバッグだ。

ただのハンドバッグではない。フェンディが誇る超人気バッグ、「バゲット」だ。25年前に作られ、長いフランスパンに似ていること、そして舌の肥えた仕入れ人が、それを腕に抱えて運ぶ様子にもちなんで名づけられた。9月9日夜に開催されたフェンディのショーは、バゲットバッグと、それがポップカルチャー界で長年にわたり勝ち得てきた名声を祝した盛大なバースデーパーティーとなった。

AP Photo/Eduardo Munoz Alvarez

AP Photo/Eduardo Munoz Alvarez

フェンディといえばいつもならイタリアでショーを開催するところだが、なぜニューヨーク市なのかというと、バゲットバッグはニューヨークでいち早く人気を集め、ポップカルチャー界で反響を呼んだのだ。最も記憶に残っているのは、2000年に放送された『セックス・アンド・ザ・シティ』のあるエピソードで、強盗が果敢にもキャリー・ブラッドショーのバゲットバッグを盗もうとする場面だ。強盗は、その呼び名を知らないようだった。

強盗は、「そのバッグをよこせ」と要求する。そしてキャリーのシャイニーパープルのそれを持ち去るが、そこでキャリーが「これはバゲットよ!」と返すのだ。

AP Photo/Eduardo Munoz Alvarez

9日夜にはおよそ600人が会場に集まり、メインフロアと上部のバルコニーに着席し、バゲットバッグとその長年の功績を祝った。そこにいる全員が、普通のバッグとバゲットバッグが別物だと認識していたといって間違いない。

その夜は、三方向のコラボレーションが実現した。フェンディでウィメンズのデザイナーを担当するキム・ジョーンズは、友人であり一時は上司でもあった生粋のニューヨークデザイナー、マーク・ジェイコブスを呼び寄せ、十組前後のアンサンブル(主役はもちろんバゲットバッグだ)に、ジェイコブス特有のロマンティックなストリートウェアのテイストを取り入れた(演劇風のプログラム中に、「私はアイコニックなバッグを敬遠するような人間ではない」というジェイコブスの言葉が引用されていた)。さらに、ジュエリーブランドのティファニーは、ブランドを象徴するロビンエッグブルーの特製バゲットバッグを披露した。

AP Photo/Eduardo Munoz Alvarez

最前列には、ブロンドの髪を巻いてぴったりとしたシアードレスにスパンコールをあしらったキム・カーダシアンが着席していたが、注目を集めていたのは、ランウェイ上のバゲットバッグだ。大小さまざまなバゲットに、ナノサイズのバゲットも登場。素材も光沢のあるもの、フワフワのもの、ピカピカでツルツルのものとさまざまだ。

ウエストポーチ型のバゲットバッグもあれば、ふたつ分のサイズを重ねたダブルバゲットもあった。ポケットもまた、バゲットに生まれ変わる。小物を入れるのにぴったりのチューブソックスの上には、サテンの小さなバゲットバッグがさりげなく飾られた。もっと頭の近くに欲しくなったときのために、サテンのベースボールキャップにも。スパンコールとトレーナーという、ファンシーとカジュアルが融合した雰囲気だ。

ショーの始まりとともに、壁にかかった大きな幕が落ち、巨大な鏡が出現。突然、会場全体からバルコニーまですべてのものが映される。モデルたちがフロアのあちこちを歩き回るが、それが終わると突如、鏡が消えてなくなり、モデルたちは巨大な陳列ケースのなか、店舗に並べられているかのように立っていた。

リンダ・エヴァンジェリスタは、ティファニーの大きなブルーのケープとドレスをまとい、デザイナーとともに最後の挨拶に登場した。少し前に、ボディスカルプティングで悲惨な姿になってしまったと告白したエヴァンジェリスタ。現在57歳となった90年代のスーパーモデルがこの苦難を経て大舞台に姿を現し、デザイナーらから称賛を浴びた。

AP Photo/Eduardo Munoz Alvarez

By JOCELYN NOVECK Associated Press

NEW YORK (AP)

You’d have thought it was a movie premiere, with the hoopla converging outside midtown Manhattan’s Hammerstein Ballroom. But inside, despite the celebrity presence, the real star was a handbag.

Not just any handbag, but the “Baguette” — the ubiquitous Fendi bag created 25 years ago and named for the long French loaf of bread and the way it, too, is carried under the arm of the discerning buyer. The Fendi show on Friday night was a big birthday party for the bag and its long-lasting claim to pop-culture fame.

But why New York, when Fendi usually shows in Italy? The bag had early success and pop-culture resonance in New York, most memorably immortalized in a 2000 episode of “Sex and the City,” when a mugger had the temerity to try to take one from Carrie Bradshaw when he apparently didn’t know what it was called.

“Gimme your bag,” the thug in the alley demanded. “It’s a baguette!” Carrie admonished him as he made off with her shiny purple version.

It’s safe to say everyone knew their bags from their baguettes on Friday night, when about 600 people packed into the ballroom — some on the main floor and others in high balcony seating — to celebrate the bag and its many iterations over the years.

The evening marked a three-way collaboration. Fendi women’s designer Kim Jones had brought in his friend and onetime boss, Marc Jacobs — the quintessential New York designer — to lend his distinctive romantic streetwear vibe to a series of 10 or so ensembles starring, of course, the baguette. (“I am never one to shy away from an iconic bag,” Jacobs was quoted as saying in a theater-style program.) And jeweler Tiffany & Co. presented its own baguettes in signature robin’s-egg blue.

In the front row sat Kim Kardashian, in blonde locks and a figure-hugging sheer and sequined dress, but the baguettes were the focus on the runway. There were big baguettes, small baguettes, nano-sized baguettes. Shiny baguettes, fluffy baguettes, sparkly and smooth baguettes.

There were fanny-pack baguettes, and sometimes double baguettes — two sizes stacked together. Pockets were reimagined as baguettes. There were tiny baguettes in satin fashioned onto tube socks — a perfect place to put little gadgets — or if you wanted them closer to your head, attached to a satin baseball cap. The vibe was a mix of fancy and casual, of sequins and sweatshirts.

As the show began, a huge drape on the wall dropped to the ground to reveal a giant mirror, suddenly allowing the entire room, balconies and all, to see itself. The models snaked along the floor, but when they were done, the mirror suddenly disappeared and the models were standing in a huge display case, as if at a store.

Linda Evangelista, in a huge Tiffany blue cape and gown, came out with the designers for a final bow. They applauded her, in what was a very public moment for the ’90s supermodel, now 57, after her recent ordeal with what she has described as a disastrous body-sculpting procedure that left her disfigured.

By JOCELYN NOVECK Associated Press

NEW YORK (AP)

RECOMMENDS