DIRECTION

ART & DESIGN

サイモン・クラッカー:『リアリティ・バイツ』の世界

'REALITY BITES' BY SIMON CRACKER

SCROLL DOWN

AP Photo / Nicola Marfisi

パンデミックが広がるなか、デザイナーのフィリッポ・ビラーギとシモーネ・ボッツは方針を急転換し、2010年に創設したブランド、サイモン・クラッカーではアップサイクル素材のみを扱うことにした。

例えばクリーニング店から持ち主不明の衣服を引き取ったり、メーカーから生地の切れ端を収集して制作したユニークな作品を生み出しており、クラッカー・クルーと呼ばれる支持者を増やしている。

原料としては、古くなった綿やリネンのベッドシーツ、メンズシャツ、中古のパラシュート、新品のニットウェアを作る際に廃棄された糸、リサイクル品のジャージーなどを使用している。

AP Photo / Nicola Marfisi

2023年春夏コレクションのタイトルは、『リアリティ・バイツ』。X世代を描いた1990年代の映画のタイトルだが、どちらかというと今の世界情勢を表しており、さらに具体的に言えば、新進気鋭のブランドがここ最近直面している困難な状況を反映したものだ。

ビラーギ氏はバックステージで、「私たちは困難なときを生きています。『リアリティ・バイツ』は、この瞬間に私たちが経験しているもののようでもあります」と述べている。

パンキッシュなアクセントとフリルを盛り込んだ今回のコレクションについてデザイナーは、ホリー・ホビーとセックス・ピストルズを足して二で割ったものだと言う。拙いような刺繍や、小さなパッチワーク、子どものいたずら書きのような模様をあしらったルックが揃った。

AP Photo / Nicola Marfisi

「洋服たちが美しく生まれたのに、噛み付かれた感じにしています」と、ボッツ氏は言う。

モデルはクラッカー・クルーから選出しており、体型も考え方も様々な人を集めた。

高齢の男性モデルは、ハイウエストのニットパンツを纏って登場。アクセントに赤いリボンが巻かれ、変形ジャケットから垂れ下がったオレンジ色のシルクの布が、ランウェイ上でトランス風のダンスに合わせて揺れる。廃品のメンズシャツで作ったレイヤードスカートの上にコルセットをつけた女性モデルは、ミニチュアの犬を連れて歩いた。

AP Photo / Nicola Marfisi

AP

Designers Filippo Biraghi and Simone Botte took a radical turn during the pandemic and devoted the Simon Cracker brand they founded in 2010 entirely to up-cycled materials.

The designers collect unclaimed garments from laundries and textile remnants from producers, to make unique creations for their growing following, known as the Cracker Crew.

Source material includes old cotton and linen bedsheets, men’s shirts, old parachutes, discarded yarns for new knitwear and recycled jersey.

The collection for Spring-Summer 2023 was titled “Reality Bites,” from the Gen-X 1990s film but more fittingly a reference to the state of the world, and most specifically the difficulties the up-and-coming brand has been experiencing recently.

“We are living a difficult moment,” Biraghi said backstage. “‘Reality Bites’ is a bit of our experience in this moment.”

They described the collection as a cross between Holly Hobby and the Sex Pistols, encapsulated by punk accents with ruffles. Looks were decorated with naive embroidery, tiny patches or childlike doodles.

“It is as if the clothes were born beautiful, and then are bitten,” Botte said.

The models were people from their Cracker Crew, encapsulating different body types and attitudes.

One older male model wearing a high-waist knitwear trousers, with a red ribbon accent and a deconstructed jacket with flowing orange silk panel moved in a trance-like dance down the runway, while a woman in a corset over a layered skirt of discarded men’s shirts carried a miniature dog.

RECOMMENDS