DIRECTION

ART & DESIGN

真のエンターテイナー、トム ブラウンによる粋で華麗なショー

Ever the showman, Thom Browne stages a stylish extravaganza

SCROLL DOWN

Photo by Charles Sykes / Invision / AP

4年前、デザイナーのトム・ブラウン氏はブランド発表の場をニューヨーク・ファッション・ウィークからパリに移し、ニューヨーク・コレクションにはぽっかりと穴があいてしまった。同氏が演出するトム ブラウンのショーは独創性のあふれるものであり、手の込んだ舞台作品を制作するかのようだ。

ブラウン氏は、服がランウェイを行き来するだけの従来通りのやり方では決して満足しない。これまで長きにわたり、複雑で神秘的な世界を作り続けており、そのなかには数世紀前を想起させるものも多い。不気味な大聖堂や18世紀の病院にある手術室、また、タイル張りのプールでは水浴び中の美女たちが溢れかえっている。登場するモデルたちは時として、まるで別の惑星から立ち寄ったように見える。

一時的とはいえ、今シーズンはニューヨークに戻ってきたブラウン氏は、いまでもこの流儀に忠実である。9月11日の夜に開催されたショーは、荘厳で古い家と魅惑的な庭園、命を宿した彫像にまつわる物語だ。

ブラウン氏は2022年の春コレクションについて、メンズとウィメンズの両ラインで、アメリカが誇るクラフトマンシップに着眼したいと話していた。コレクションには、部分的にカットされた加工やアシンメトリーなスリーブ、メンズ向けの多様なスカートなど、伝統的なデザインをさらに掘り下げたスーツが登場した。また、チュールを重ねて作られたウィメンズ向けの衣装には、トロンプ・ルイユ(だまし絵)デザインが描かれている。

トム ブラウンを愛用する著名人が数名、ゲストとして来場した。ブランドの定番アイテムでもあるスカートをまとったNBA選手のラッセル・ウェストブルックをはじめ、俳優のダニエル・レヴィやヘイリー・スタインフェルド、MJ・ロドリゲス、そしてスキー選手のリンゼイ・ボンである。

舞台となった薄暗い空間は、マンハッタン西部に位置する。入場したゲストたちは、部屋の真ん中にある長方形に造られた大きな庭の周りを歩き回った。ショーがはじまる前にブラウン氏が登場し、9.11テロ事件を追悼して黙とうを捧げるよう来場者に呼び掛けた。

Photo by Charles Sykes / Invision / AP

ブラウン氏は紳士服のデザイナーとしてその名を知られるようになった。特徴的なものとして、NBAのレブロン・ジェームズ選手のお気に入りであるシュリンク加工が施されたスーツや、最近では俳優のダニエル・レヴィがエミー賞授賞式で着用したスカートスーツなどがある。一方で、カスタムメイドの高級婦人服にも定評がある。2019年に開催されたメット・ガラでカーディ・Bが着ていたドレスは、幾重ものキルトと大量の羽で作られ、トレーン(長く伸びた裾部分)を支えるだけで10人の人手を要した。

ブラウン氏は11日のショーで、「テーラリングとスポーツウェアにおけるアメリカ人デザイナーへの敬意」を表明し、よりミニマルな作品も発表している。馬のマスクを被った2人のモデルが、19世紀スタイルの自転車に乗って会場を旋回するところからショーの幕が明けた。ブラウン氏の手にかかれば、ありきたりの型にはまることはない。

そしてナレーターが、「美しい庭の真中にある美しい邸宅で、年老いた独身男性が二人、世俗から離れて暮らしていました」と静かに語り始める。長い年月のあいだ、庭は忘れられていたものの、「素晴らしいひととき」が訪れ、命が吹き込まれた。

グレーを基調としたスーツ姿の男性モデルが姿を現す。そのスタイルは、コートやケープ、ロング丈やショート丈、長さやデザインの多様なスカートやパンツを合わせたものなど、さまざまだ。スリーブの長さが左右異なるジャケットを着ているモデルもいれば、あるモデルはスカートのウエスト部分を肩まで引き上げて着用していた。さまざまな色合いのグレーを重ねたシルクのヘッドコサージュは、モデルが手にもつケープにも多く散りばめられている。

Photo by Charles Sykes / Invision / AP

続いて、ストレートなシルエットをもつノースリーブドレスが次々に登場する。ドレスは、グレーの基調色からはじまり、その後一変して色味を帯びはじめる。ピンクや赤、紫、青といった色合いのチュールを重ねた作品だ。

これらの色絵は、もともと彫像に施されていたことが示唆される。「トロンプ・ルイユを用いた芸術」についてブラウン氏は、「彫像はそれぞれ、ばらばらにカットされた数百枚のチュールをいろいろなレイヤーに手で縫い付けることで光沢と影をつけている」とショーノートに記している。

By JOCELYN NOVECK Associated Press

When designer Thom Browne left New York Fashion Week four years ago to start showing his label in Paris, it left a hole in the New York calendar. No designer tells stories with his clothes in the same way, creating fashion shows that are more like elaborate theatrical productions.

Never content to simply ply his wares on a regular runway, Browne has long created complex, mystical universes, often evoking past centuries: An eerie cathedral, an 18th-century hospital operating room, a tiled swimming pool filled with bathing beauties. And his characters have often seemed to hark from another planet altogether.

Returning to New York this season — albeit only temporarily — he stayed true to this tradition, mounting a show Saturday evening that told the story of a grand old house, a magical garden and statues coming to life.

He said he wanted to focus his Spring 2022 collection — menswear and womenswear — on American craftsmanship. His collection explored classic suiting — with twists like missing pieces, asymmetrical sleeves, and various skirts for men — and also featured tulle creations for women in the trompe l’oeil style (literally, deceiving the eye.)

Guests included some of Browne’s celebrity fans: NBA player Russell Westbrook, wearing one of Browne’s signature skirts; actors like Dan Levy, Hailee Steinfeld, and MJ Rodriguez; and skier Lindsey Vonn.

As guests entered a darkened theater space on the far West side of Manhattan, they milled around a huge rectangular garden in the middle of the room. Before the show began, Browne emerged to ask for a moment of silence in remembrance of 9/11.

Browne made his name creating men’s suits — distinctive shrunken suits, favored by the likes of LeBron James, or more recently skirt suits, like that worn by Levy at the Emmys. But he is also known for couture-level creations for women. His enormous quilted and feathered gown for Cardi B at the 2019 Met Gala took 10 people to merely hold her train.

There were more minimalist creations on display Saturday, in a show Browne called “an homage to American designer tailoring and sportswear.” He opened with a couple of cyclists with horse’s heads riding 19th-century-style bicycles around the room — nothing too unusual for Browne.

“In a grand beautiful house in the center of a beautiful garden,” a narrator intoned, “a couple of elderly bachelors had retreated from the outside world.” But over the years the garden had been forgotten. Until, “one beautiful moment” where it came alive.

The men came out wearing a series of gray suit elements — coats or capes, long and short, with skirts and trousers of different lengths and styles. Some jackets had one short and one long sleeve. One model wore the waist of his skirt up by his shoulders. Models had silk flowers in shades of gray affixed to their heads, and they carried capes of the same flowers.

Then came a series sleeveless shift-like garments, also in shades of gray. Then, suddenly, colors: tulle creations in hues like pink, red, purple and blue.

These were meant to be the statues as they were originally painted. “The art of trompe l’oeil,” Browne wrote in his show notes, “each sculpture created with hundreds of individually-cut tulle pieces, hand-stitched in assorted layers to mimic highlights and shadows.”

 

 

By JOCELYN NOVECK Associated Press

 

RECOMMENDS