DIRECTION

ART & DESIGN

アーティスト SHOHEI TAKASAKIの新たな表現:「Juxtapose, Arrange, Compare (並列、配置、比較)」インタビュー

Artist Interview :SHOHEI TAKASAKI 「Juxtapose, Arrange, Compare」

SCROLL DOWN

Photo by Misa Nakagaki

今、最も注目される日本人ファインアーティストのひとり、SHOHEI TAKASAKIの個展が原宿のGallery COMMONにて開催中だ(2018年 11月2日-11日)。

2012年より日本からアメリカのポートランドに拠点を移し、メルボルン、香港、そして日本人としては初となるソロ・エキシビションを中東・クウェートで開催するなど、彼の表現は世界へと広がり、国内外の多くのアートファンから幅広く支持されている。

躍動感に溢れる力強いペインティング、独自の色彩感覚とセンスで圧倒的なクリエイティビティを発信し続けるSHOHEI TAKASAKIは、アーティストとしての自覚はここ最近のことだと語る。既存の手法にこだわらず、常に今、自分がこの世界で何ができるのかを模索しながら精力的に制作を続ける彼に、これまでの活動と、今回日本では5年ぶりとなる個展についてインタビューした。

初めまして。本日はよろしくお願いします。日本では5年ぶりの個展ということですが、今回の展示テーマについて教えていただけますか。

今回の展示テーマは、「Juxtapose, Arrange, Compare (並列、配置、比較)」。そのままなのですが、例えば同じものが2つ以上あったときに、それらを同じステージの上で並べ、配置を変えて比べること。すごくシンプルなコンセプトです。

SHOHEIさんは現在アメリカのポートランドにお住まいだとお聞きしました。渡米してどのくらい経ちますか?

2012年だったので、まだ約6年ですね。

環境が変わったことによって、作品への変化はありましたか?

自分が住む場所や制作する場所が変わると、アートに対する考え方や制作に対する向き合い方みたいなものも変わりますよね。例えばアメリカのアートの歴史を見ていると、特に1940年代あたり(第二次世界大戦前後)からこれまで、アートの歴史は急激にアップデートされてきましたよね。その中で本当にいろいろなアプローチが開発されてきました。そんな中で、今、2018年に日本人として、アメリカに住んでいて、結局自分はどんなプレゼンテーションできるのか、と考えながら毎日制作してます。

今回の展示テーマの中では、環境による変化が具体的にどういった部分に落とし込まれているのでしょうか?

ただスタイルやアプローチについて、新しいものを一つのテーマとして更新していくというよりかは、例えば、斜めからそれを見てみると、アブストラクト(抽象画)のペインティング、フィギュアティヴ(具象画)、など色々なスタイルがある中で、それを全く同じモチーフでも違う手法で描いたものを同じ画面に入れたらどうなんだろう、ということの表現です。確かにこれは、例えば60年代のアンディ・ウォーホルなど、色んな人がすでにやっている。

でも今、2018年に日本人の僕がアメリカにいて、外国人の目線で同じことをやったらどうなるんだろうという、ある種の「実験」みたいなことがコンセプトです。展示に来ていただけたらその意味が分かると思いますが、グラフィカルな要素やアブストラクトなものを全く同じメディア(キャンバス)を使っていろんな技法で比べて表現しています。

常に新しい表現を模索し続けているのですね。

今回は20点くらい展示します。環境の変化や年齢もあると思いますが、ものを見る視点や時間軸だったり、作風やアプローチの仕方も昔とは変化しているので、今回の展示でお見せできる作品は過去のものとはまた少し変わっていると思います。

SHOHEIさんの好きな色は何ですか?

赤、青、黒 です。

作品の中でもよく使われている色ですね。色彩感覚においてこれまで影響を受けたものはありますか?

作品にもちろんよりますけど、使う色って、自分が着るものに似てるってよくアーティスト同士で話したりはしますね。自分が似合う色を無意識に選んでいるのかもしれません。基本的には原色やポップな色が好きですね。アーティストはロイ・リキテンスタインに若い頃にとくに影響をうけました。

あと、僕の母は僕が小さい頃にレゲエ好きで、レゲエミュージックやダブがかかっているような家だったんですよ。今考えるとファンキーですね(笑)赤と黄色と緑のラスタカラーの太いパンツなんかあったりして。当時僕はパンク好きだったので嫌がっていたんですけど(笑)色彩感覚や音楽や映像が好きなところは母の影響があるのかもしれません。

これまでポートランド、メルボルン、香港、そしてクェートでも展示を開催されていますが、海外で個展を行った感想はいかがでしたか?印象に残っているエピソードがあれば教えてください。

中東・クウェートでの展示も面白かったです。いつでもショーで色々なところにいけることは最高です。メルボルンや香港、東京ももちろん面白いですが、街が基本的に似ている。世界中で展開しているチェーン店などはどこにでも入っているので、街の個性自体そんなに大きな変化がないというか、言葉も同じだし、人の性格などもフラットになって来ていますね。表面上は。

海外で活動をしていて、アートの環境について日本との違いはありますか?あるとしたらどんなところに違いを感じますか?

日本での美術の教育は、どこをメインにフォーカスしているんでしょうか。日本人としてニューヨークやロンドン、世界で一緒のステージで戦うって、すごく難しいことなんです。美術大学で勉強をしていてもアートのコンテキスト、アートのヒストリーとか、アートをどう考えるか、どう接するか、アートでどんな会話ができるとか、とういうことを日本では根本から勉強できるんでしょうか。

でもアメリカやヨーロッパではその歴史があって、それを徹底的に学びますよね。小さい時からミュージアムで絵画を観て、例えばマティスの絵があったとしたら、「これはなんだと思う?」と言う質問に対して子供達が「りんご」「くも」と答える。―「なんでりんごだと思う?」「りんごとくもの違いは何?」と、小さいときからそういう会話をしていて基礎があって育っているんですよ。そういった基礎があって美術大学へ行き、そのベースの上でやりたい事を学んでいける。もちろん街やエリアにもよるけど、みんなアートが大好きでアーティストをリスペクトするし、アートを購入することに対して日本人より抵抗はないですよね。

アーティストであることの環境も違いますね。

簡単な話で言うと、例えばアーティストがペインティングを完成させて、「完全なオリジナル作品が出来た」と彼自身思っても、パブリックに出したときに、実際やられてないことは殆どない時代です。それを知った上で表現方法を模索することが、新しいアートの表現を生み出す近道になると思います。

とは言え同時に思うのは、例えば日本やアジアの国々などのように、ウエスタンカルチャーの中でのアートから少し遠い国々から、全く何か新しい表現が出てくるのかもしれないですよね。NYやLONDONなどだけがアートの中心地ではない時代がきてる。

アーティストとして、未来をどのように見ていますか?目標があれば教えてください。

ぼくの好きな世界各国のミュージアムに自身のピースを入れたいです。それは一つの目標です。

SHOHEIさんにとってアートとは?

アートって、人間にしかできない事だと思います。知識、哲学を形にする事だから。そのとき、その時代に生きていた人の考え方や哲学を視覚化したものがアートです。それはすごく人間らしい行為だと思うんです。たとえば音楽やダンスはもう少し動物的だけど、根本的に人間だからこそ生み出せるものがアートだと思っています。


SHOHEI TAKASAKI
「Juxtapose, Arrange, Compare 並列 配置 比較」
At Gallery COMMON
東京都渋谷区神宮前6-12-9 1F BLOCK HOUSE
会期:2018年 11月2日(金)-11日(日)
時間:13:00 – 19:00

ISI PRESS vol.4 刊行記念トークショー
At NADiff A/P/A/R/T
東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 1F
開催日: 2018年 11月10日(土)
時間: 19:00 – 20:00

鹿児島市武のアートギャラリー “NEW ALTERNATIVE”(ニューオルタナティブ)が主催する出版レーベル ISI PRESS より新刊が発売。ISI PRESS zine series vol.4は、アメリカ・ポートランド在住のペインター「SHOHEI TAKASAKI」。デザイナーは服部一成。

SHOHEI TAKASAKI

SHOHEI TAKASAKIは、アメリカ・ポートランドを拠点に活動するアーティスト。
彼は新進の現代アートシーンにおいてとどまることを知らぬ表現力を持った才能あるアーティストとして名を成している。抽象と具象表現との狭間にある危うい道をいくことを恐れることなく、TAKASAKIは新表現主義のスタイルによって、彼の外界に対する認識と彼自身も含む人間がもつ内なる情熱の本質を描き出す。また彼の作品には、どこか原始的かつ野性的な何か、またロマンティックさと飽くこと無い欲望を感じさせるものがある。 ーそれはまるで美しき獣が、捕縛者によって素直に手なずけられ、逃避への願望をもてあそばれているかのようなのだー
The Cat Street Gallery Zelie Walker

HP: shoheitakasaki.net
Instagram:shoheitakasaki

Shohei Takasaki is one the most well-known up-and-coming Japanese fine artists. His solo exhibit is now showing at Gallery COMMON in Harajuku (Nov 2–11, 2018).

After having relocated to Portland, Oregon (USA) in 2012, he has held solo exhibitions in Melbourne, Hong Kong, and Kuwait (a first for a Japanese artist). He has expanded his worldview and has continued to build his audience at home and overseas.

Possessing a painting style that is dynamic and powerful, combined with a unique taste and color sense, SHOHEI TAKASAKI continues to overwhelm with his creative output. Yet, he says that he only became self-aware as an artist only recently. Not beholden to existing methods, always attempting to discover the present thing, what he can create now in this world today. NEWSPHERE had the pleasure of sitting down with an interview with him on the occasion of his first solo exhibit in Japan in 5 years.

Nice to meet you. Thank you for coming today. This is your first exhibit in Japan in 5 years. Could you please talk a little bit about the theme of this exhibit?

The theme for this exhibit is “Juxtapose, Arrange, Compare.” It’s exactly as it sounds—for example if two of the same things are presented on stage, then compared against each other by moving them around. The concept is very simple.

We heard you live in Portland, Oregon (USA). How long has it been since you moved to the US?

I moved in 2012, so it’s been only about 6 years.

Did your creative output change because of the move?

When one changes where one lives or creates work, I think that definitely changes how one thinks of art or how one approaches the act of creating. For example if you look at American art history, particularly in the 1940s (post-WW2) up until today, art history has gone through a rapid updating. Many kinds of approaches were devised in those periods. In the midst of all that, at present in the year 2018, as a Japanese person living in America, what is the presentation that I can give. I think about this everyday when I work.

Can you give any specific examples on how the change of environment has had an affect on the theme of this exhibit?

Instead of just updating the style or approach and calling that a new theme, for example if you look at things askew, there are many styles ranging from abstract paintings, figurative—the expression here is about what would happen if you take motifs that are illustrated in contrasting ways but put them all in one frame. Of course, something like this has already been done in the 60s by artists like Andy Warhol.

However, as a Japanese person living in America in 2018, what would happen if I do the same thing as a foreigner—the concept is also a sort of an “experiment”. I think you’d get what I was talking about if you saw the show, but I’m attempting to render graphical elements and abstract things—many contrasting techniques—all on a single medium (canvas).

Photo by Yosuke Torii

You are always looking for new techniques of expression.

I will be exhibiting about 20 pieces this time. Changes in living environment and age sure have had an effect but also my perspective on things and sense of time, artistic style and approach all has continued to evolve so I think what I am able to present this time is a little bit different from my past work.

What colors do you like?

I like red, blue, black.

You use these colors often in your work. What have been the influences on your color sensibilities?

It depends on the piece, but I’m reminded of the conversations I’ve had with my artist friends about how what we usually wear kind of ends up being similar to the colors we use in our work. Perhaps subconsciously I am choosing colors that suit me well. In general I like primary colors and pop colors. Roy Lichtenstein was a big influence on me when I was young.
Also my mother loved listening to reggae when I was young so you’d find a lot of reggae music being played in the house I grew up in. Kind of funky when you think about it now (laughs). Like we used to have wide red, yellow, green rasta color pants. But back then I liked punk music so I hated it (laughs). But yes I reckon color sense and the fact that I like music and images certainly is influenced by my mother.

You’ve exhibited in Portland, Melbourne, Hong Kong, and Kuwait. What was it like holding shows overseas? Please share any memorable stories if you have any.

The exhibit in Kuwait was interesting too. It’s amazing to me to be able to go to many different places to put on a show. Melbourne and Hong Kong, of course Tokyo too—they’re interesting but the cities are fundamentally similar. The chain stores that exist the world over all have a franchise, and the personality of the cities itself don’t vary by such wide margins—the languages are the same and people’s personalities are becoming more even. At least on the surface.

As someone working overseas, do you think are the differences between Japan and the rest of the world in regards to art? If so, what are some examples?

I wonder what the main focus of Japanese art education is. As a Japanese person, it is extremely difficult to put up a fight on world-class stages like New York and London. Even if you are studying in art school, do you understand the context of art, the history of art, what do you think of art, how do you interact with it, what kind of conversations can you have with art—are you able to study these things from the ground up in Japan? The US and Europe have a history of doing just this, and its students get a thorough education on the topic. Going to museums from a young age, seeing a Matisse painting kids are asked, “what is this?”—and the kids reply “apple” or “spider”. Then a followup is asked “why do you think this is an apple?” or “what is the difference between an apple and a spider?”—kids are pushed to have these conversations from a young age and that in turn helps nurture the foundation. They then go to art school with such foundation and they are able build upon that knowledge base. Of course it depends on the city and neighborhood but in general people love art and respect artists—and they have less trepidation in purchasing art compared to the Japanese.

The environment surrounding the artist is also different?

It’s a simple story, but for example when an artist completes a painting and releases it publicly thinking to himself, “I’ve created a truly original piece”, that’s really not the case since we live in an age where there is no such thing. I think the shortcut to developing new artistic expression lies in knowing that fact, and exploring new techniques of expression despite it.

Yet, I do think that for places that are far from western art culture like Japan and other Asian nations, it is totally possible that completely new artistic expression may pop up. I think we are in an age where NY and London are no longer the centers of art.

As an artist, what kind of future do you see? If you have any goals, could you please share them?

I’d like my pieces to be exhibited in my favorite museums all over the world. That’s one of my goals.

What is art for you?

I think only humans can create art. Because it’s a way to transform knowledge and philosophy into something tangible. A person’s thoughts and philosophy, informed by the time that he/she was living in—art is the visualization of that. I think this is a uniquely human activity. For example music and dance is slightly more animalistic, but it’s fundamentally art because humans create it.


SHOHEI TAKASAKI
「Juxtapose, Arrange, Compare」
At Gallery COMMON
1F BLOCK HOUSE 6-12-9 Jingu-mae Shibuya Tokyo Japan
2nd – 11rd Nobember 2018
Open:13:00 – 19:00


Japanese artist, Shohei Takasaki is living and working in Portland United States, and making a name for himself as an unstoppably expressive and talented artist in the budding contemporary art scene. Creating works which display his powerful and freestyle approach to painting, Takasaki is fascinated by notions of desire and the physicality of sexual attraction between human bodies, bringing his imagery alive on its 2-D surfaces, pulsing and undulating in rich colors and dynamic lines.

Unafraid to walk the tightrope between abstraction and figuration, Takasaki distills his perception of the outside world and its inner individual passions, including his own, with neo-expressionist flair. There is something primitive and wild about Takasaki’s creations, and something romantic and insatiable too – like a beautiful beast willingly tamed by its captor, toying with the idea of escape.

Zelie Walker

RECOMMENDS