DIRECTION

ART & DESIGN

デザインチャイナ北京:ディレクターを務めるツオ・タン氏 インタビュー

Design CHINA Beijing:Zhuo Tan Interview

SCROLL DOWN

中国の首都、北京といえば、都市部が急速に成長し、人口が急増する中、商業活動も活発になり、かつてない建設ラッシュを迎えている都市だ。

しかし、この大きすぎるほどの巨大都市を構成する要素として、もうひとつ付け加えておかなければならないのが、クリエイティブ業界の繁栄だ。北京で営業中の建築・デザイン事務所は、250,000件を超える。独創性と才能に溢れた若手が続々と登場し、現在の急速な変化と都市の成長から、生のイノベーションを生み出そうと試みる中、北京はアジアにおけるデザイン業界の台風の目のような存在へと、進化しつつある。

その証拠として、ここ最近、北京では新たなデザインイベントが次々と開催されている。中でも特に象徴的なのが、デザインチャイナ北京(最人気イベント、デザイン上海の姉妹イベント)だ。

この新たな大規模展示会は、メディア10が企画したもので、北京の全国農業展示館(China National Agricultural Exhibition Centre)で開催され、主に中国から91のデザインブランド、ギャラリーが審査を通過し、作品を展示した。

例えば『ブラック・ドリーム』は、滑らかな質感の黒い木材とレザーを用い、手作業で作られた絵のような家具の一式で、椅子、照明から、ワインボトルハンガーまで揃っている。手がけたのは人気急上昇中のデザイナー、ション・イン氏と、芸術家のカイ・イー氏だ。また、フランク・チョウ・デザインスタジオは、独特な雰囲気の胡同(フートン※訳注:北京市の旧城内を中心に点在する細い路地)から着想を得た室内装飾を作品とし、現代的で、形の美しい豪華な家具が並べられている。

今回は、デザインチャイナ北京のディレクターを務めるツオ・タン氏に、この新たなイベントを案内いただいた後、北京にデザイン業界の好機とも言えるような現象が起こっている理由について、話をうかがった。

デザインチャイナ北京のコンセプトと、目的についてお聞かせください。

デザイン上海が驚くべき成長を遂げたこと、デザイン業界に直接貢献する国際イベントをさらに求める声が多数あったことから、デザイン上海の担当チームは、デザインチャイナ北京を発足し、新たな地でイベントを開催することにしました。メディア10・チャイナは、デザインコンテンツの先見性を高め、活性化することをデザインチャイナ北京の目的とし、中国の首都で最大規模で最高水準のイベントとしました。

Zhuo Tan氏

現在の北京のデザイン業界について、教えていただけますか?

北京のデザイン業界は、急速に成長しています。北京は首都であり、それはつまり、北京では素晴らしい出来事がたくさん起こっているということです。ここ数年間、若手デザイナーの間では、北京の評価が高まっています。そして北京デザインウィークなどのイニシアチブは、第1回デザインチャイナ北京で作品を展示中の、数々のブランドを育成してきました。北京は長年に渡り、エキサイティングで、活気のある都市であり続けています。それが、北京のデザイン、アート業界を、既成概念にとらわれないものにしています。北京には優秀な若手デザイナーがたくさんいて、彼らは常に、海外からも、歴史ある中国国内からも、インスピレーションを得ようとしています。

北京のクリエイティビティについて、他の都市との違いは?

北京は中国の首都であり、文化の中心地でもあるため、デザイナーは伝統的な中国文化から、大きな影響を受けています。新しく、現代的な生活様式を提案したい、試してみたいと懸命になっている若手のデザイナーは、特にそうです。上海のデザイナーは、もっとインターナショナルです。上海は、デザインや作品に関しては、グローバルな考え方を持っています。上海を拠点とする外国人デザイナーもたくさんいます。彼らのビジネスが取り扱う地域や、客層もまた、とてもインターナショナルです。北京は、中国の中に自身のアイデンティティを見出してきました。そして、クリエイティビティのハブになっているという点が、他のアジアの都市との明らかな違いです。北京のデザイナーは、クリエイティブなインスピレーションと、中国のDNAを持ちながらも若い世代に愛される作品を求めています。

北京のデザイン業界の成長について、何が主な推進力となっているのでしょうか?また、何が最大の課題となっているのでしょうか?

重要な要因のひとつとなっているのが、デザインに対する進歩的な考え方と、芸術性および人間性の豊かな北京の土壌により育まれた、探求心に溢れた姿勢です。北京には、人間味、芸術性、知覚性に優れたデザインや、ブランドが多く存在してきました。また、反骨精神や、デザインに対する独特な考え方は、イノベーションの推進力となっています。最大の課題は、商業的な消費を改善すること、合理的な経営ができているデザインブランドが少ないこと、市場の需要による影響を受けやすいことです。これについては、上海、杭州、深センのデザインブランドはすでに適応できています。反対に、北京のデザイナーは、個人的な感情を表現したがる傾向があり、「インスピレーション至上主義」という極端な思い込みをしてしまうデザイナーもいます。

北京では、メイド・イン・チャイナのラベルは、どのように受け止められていますか?

以前は「メイド・イン・チャイナ」といえば、安く大量生産される商品というイメージでした。そのため中国には、「メイド・イン・チャイナ」ということを、強く言えないブランドがたくさんあったと思います。しかし時代の最先端を行く新世代のデザイナーが増えるにつれ、状況は変わりつつあります。彼らは、作品が中国製であると明言することに、誇りを持っているのです。北京でデザイナーたちと話していると、中国の歴史に関する話をよく聞きます。北京では、職人の技や、歴史、アジア人としてのアイデンティティに対する関心が高まっているように感じます。このようなデザイナーは多く、竹や、わら紙といった材料を好んで使っています。

今後の北京のデザイン業界について、どのようにお考えですか?

中国人デザイナーにとっては、実にエキサイティングな時です。5~10年のうちに、中国は、インテリア雑貨市場の最盛期を迎えると思います。北京のデザイン業界は、今のところはまだ、最盛期の一歩手前にあります。誰もが世間の評判を得ようとしていますし、国も後押ししています。中国のデザイン業界とっては、最高の時期です。


Design China Beijing

Danielle Demetriou|ダニエラ・デミトリー

イギリスのライター。2007年にロンドンから東京に移住する。イギリスの「デイリー・テレグラフ」紙の特派員として勤めており、日本のライフスタイル、旅、デザインに関する彼女の記事は、ニューズウィーク、ウォール・ストリート・ジャーナル、キンフォーク、デパーチャーズ、モノクル、コンデナスト・トラベラー、ウォールペーパーなど数多くの雑誌に取り上げられている。

Beijing. The Chinese capital is synonymous with fast-paced urban growth, a booming population, soaring commerce and an ever-creeping concrete sprawl.

Yet there is one other element to add to the mix of this oversized supercity: a blossoming creative scene, with more than a quarter of a million architecture and design studios operating across the capital.

Beijing is evolving into something of an Asian design powerhouse, with a new wave of creative talents transforming the rapid change and urban growth that surrounds them into raw innovation.

Testimony to this were a string of high-profile new design events which recently unfolded in the capital – among them, Design China Beijing (a sister event of the ever popular Design Shanghai).

The major new trade fair, organised by Media 10, showcased the curated work of 91 mainly Chinese design brands and galleries in Beijing’s China National Agricultural Exhibition Centre.

Highlights ranged from Black Dream, a graphically-structured homeware series handcrafted in smooth black wood and leather – from chairs and lighting to a wine bottle hanger – created by rising star designer Sheng Yin and artist Kai Yi; to the atmospheric hutong-inspired house installation by Frank Chou Design Studio, filled with his clean-lined contemporary luxe furniture.

Here, Zhuo Tan, director of Design China Beijing, after showing Signpost around the new event, explains why Beijing is having something of a design moment.

What is the concept behind Design China Beijing – and its goal?

In the wake of the incredible growth of Design Shanghai and further to multiple requests for an international event directly serving the design community in the Beijing region, the Design Shanghai team decided to expand its reach by launching Design China Beijing. With Design China Beijing, Media 10 China aimed to bring more forward looking and inspiring design content and build an event of the largest scale and highest standard in the capital of China.

How would you describe the design scene in Beijing at the moment?

The design scene in Beijing is growing rapidly. Beijing being the capital means that there are so many amazing things happening within the city. The city has over the past few years increased its support of younger emerging designers – and initiatives such as Beijing Design Week have nurtured and developed many of the brands whom are now joining the first edition of Design China Beijing show. Beijing has for many years been an exciting, vibrant city encouraging its local design and art world to think outside of the box.  There are many emerging enthusiastic designers in Beijing area and seeking for the constant inspirations from outside China and within the wealthy history of China.

How does its creativity compare to other cities?

As the capital and the culture center of China, designers are hugely inspired by traditional Chinese culture. Especially young designers who are aspiring to create and experiment with new modern ways of living.  Designers from Shanghai are much more international, the city has a global view of design and production. You can find many foreign designers settling in Shanghai. Their business scope and client base are also very international. Beijing has its own identity within China and definitely stands out amongst many of the Asian cities as a hub of creativity.  Beijing’s designers are seeking creative inspirations and products which have the Chinese DNA but also can be appreciated by modern generations.

What key factors are fuelling the growth of Beijing’s design industries? And what are the biggest challenges?

One of the key factors is the forward-looking design thinking and exploratory attempt nurtured by Beijing’s rich artistic and humanistic soil, so there have been many designs and brands with more humanistic, artistic and perceptual appearance.

Also, the rebellious spirit and the differentiated design-thinking mode are the driving forces for their innovation. The biggest challenges are the upgrade of commercial consumption, the lack of rational design brand operation and sensitivity to market demands, which design brands in Shanghai, Hangzhou and Shenzhen are already adapting to. In contrast, designers in Beijing are more willing to express their personal feelings and some of them are falling into the extreme of “inspiration first” assumption.

How is the Made in China label currently perceived here?

“Made in China” has been associated in the past with cheap and mass produced goods. So I do think that a lot of Chinese brands have not felt confident highlighting the “Made in China” aspect. But this is starting to change with the rise of a number of quite edgy new generation designers who are very proud to state their work is made in China. When I’m in Beijing talking to designers, a lot of people are talking about Chinese history. I feel that people here are becoming more interested in craftsmanship, history, Asian identity. They are a lot of designers who are also love to use materials such as bamboo and rice paper.

How do you see the future for Beijing’s design scene?

It’s a really exciting time for Chinese designers. In five to ten years, I think China will become the biggest market for homeware products. The design scene here is just bubbling at the moment. Everyone is trying to make a noise plus there is state level encouragement. It is the best time for Chinese design.


Design China Beijing

Danielle Demetriou

British writer who moved from London to Tokyo in 2007. She is a correspondent for the UK Daily Telegraph newspaper and her articles about Japanese lifestyle, travel and design have appeared in numerous magazines, including Newsweek, Wall Street Journal, Kinfolk, Departures, Monocle, Conde Nast Traveller, Wallpaper* etc.