DIRECTION

ART & DESIGN

アイスランドでもっとも心震える、ミステリアスなアートコミュニティ:セイジスフィヨルズル

A Guide to Seyðisfjörður: Iceland’s Most Inspirational and Mysterious Arts Community

SCROLL DOWN

Photo by Lucy Dayman

銀河に囲まれ、進化し続ける景観と豊かな神話の歴史を持ち、そして世界で最も活気に満ちたアートコミュニティでもあるアイスランドは、実にこの世のものとは思えぬ国だ。

首都はレイキャビクだが、この魅力的な大地には、他にも探索すべき場所はたくさんある。セイジスフィヨルズルの町も、その1つだ。セイジスフィヨルズルはアイスランドの北東端に位置し、人口はわずか700人ほど。しかし、芸術的な情熱とクリエイティブなエネルギーは、首都700個分にも上る。

この町には、ここで生まれ育った地元民だけでなく、短期および長期滞在する世界中のアーティストや休暇を楽しむ旅行客、バックパッカーに世界各国からの長期滞在者が入れ替わり立ち替わりで暮らしている。住民は、彼らが暮らす風景と同じように、多様性に富んでいる。アイスランドに行った際は、どうかこのミステリアスで魅力あふれる、隠れた町を訪ねてみてほしい。

Photo by Lucy Dayman

歴史

この小さな町を訪れれば、人口の大部分が多文化主義のるつぼだということがわかるだろう。豊かな国際色は、この町のDNAと密接に絡み合っており、その歴史はセイジスフィヨルズルの最初の入植者にまでさかのぼる。

大きな流れの中では、セイジスフィヨルズルの歴史は比較的若い。現在のような町のかたちができたのは、19世紀中頃。デンマークの商人が、この町のフィヨルドを貿易の中心地として利用しはじめた頃だ。それから間もない1880年代半ば頃、ノルウェーの漁師らもまた、この地域にニシン漁業の拠点を構えた。ニシン漁が拡大していくとともに、町の人口も増加していった。

漁業以外にも、この町では数多くの開発が進められた。1913年には、アイスランド初の発電所「Fjardasel」が設立され、第2次世界大戦時には、イギリス軍やアメリカ軍の基地が置かれた。人知れぬこの地は、基地の設置に絶好の場所だったのだ。

今も、周囲の田園地域を深くまで掘ってみると、かつての基地の痕跡を見つけることができる。しかし、第2次世界大戦の遺産としてもっとも興味深いのは、イギリスの石油タンカー「エル・グリッロ」の名残だ。1944年2月10日、エル・グリッロは町上空からドイツ軍の空爆を受け沈没し、現在もこの町のフィヨルドの底で眠っている。

Photo by Lucy Dayman

現在のコミュニティ

漁業は今も、輸出製品として大きな役割を果たしているが、近年は減少傾向にある。戦争や地元の魚加工工場の衰退に伴い、セイジスフィヨルズルは自らを変革してきた。かつて漁業基地だった町は、今やアイスランドで最も魅力的な芸術観光地になっている。

世界的に有名なスイス出身アーティストのディーター・ロス氏は、ここに住居とアトリエを建てた。今もこの町には世界のアーティストが代わる代わる、数ヵ月単位で滞在し、年間を通して作品を生み出している。

芸術的にみて、セイジスフィヨルズルはアイスランド東部で最も活発なコミュニティの1つだ。通信博物館やアートセンター、そしてアイスランド東部に2館しかない映画館もこの町にある。中でも最大の文化イベントは、1年に1度、通常7月中旬に開催されるルンガ・アートフェスティバルだ。

ルンガ・アートフェスティバル

2000年に始まったルンガ・アートフェスティバルでは、町が大いに盛り上がる。若手に焦点を当てた祭典では、1週間の開催期間中、ミュージシャンやアーティスト、作家や思想家、他にもあらゆる創作家らが町に集結し、パフォーマンスや展示会、パネルディスカッションやコラボ制作などを披露する。今では、公式にアイスランド有数のアートフェスティバルとなっている。

このフェスティバルはアイスランドの真夏に開催されるため、昼間の時間が非常に長い。時には20時間も日が沈まないことがある。過去には、ラグナー・キャルタンソン氏やポール・オスカー氏など、地元アートコミュニティの著名人だけでなく、プリンセスノキアといった前衛的な国際的タレントも参加している。次回開催の詳細情報については、専用ウェブサイトをチェックしてほしい。(https://lunga.is/

Photo by Lucy Dayman

町中のアートスポット

フェスティバル以外にも、ここには年間を通じてアートプロジェクトが開催され、地元住民や訪れた人々を楽しませてくれる。代表的なものをいくつか紹介しよう。

Ströndin Studio – かつて水産加工工場だった場所をギャラリーやワークショップの拠点に作り替えたスタジオで、実験的な写真の制作の推進、発展に力を入れている。内部のギャラリーには地元の写真家による作品が展示され、アナログ写真ワークショップも開催される。

HEIMA :住居と、隣接するアートスペースを世界中のアーティスト向けに、定期的に提供している。広大な3階建ての建物は、あらゆるメディアで活動する新進のアーティストも、名声のある芸術家でも利用可能だ。申し込みは専用ウェブサイトまで。 (www.heima.com/

Skaftfell:アートスペースでもあり、レストランや展示スペース、書店、図書館でもある。主にビジュアルアートの芸術家向けに居住プログラムを定期的に運営している。このスペースには「セルフ住宅」と「テーマ的住宅」があり、後者はワークショップやガイド付きイベントなどが特徴だ。詳細はこちらまで:http : //skaftfell.is/residency-program

Photo by Lucy Dayman

セイジスフィヨルズルでの過ごし方

アートシーン以外の主な魅力と言えば、ほとんど手つかずのままの自然美だ。周囲から隔てられつつも活気のある町中心地の最高地点に行けば、なぜこの町が長きにわたって地元住民や世界のアーティストにとってインスピレーションの場となっているのか、その理由が一目瞭然だ。

雲にも届きそうな山岳の峰が、自然に建設された天高い壁のごとく町を囲んでいる。山肌には、長い滝と明るい色の花々が点在する。まるでファンタジー小説を数ページ切り取ったかのようなアイスランドは、多様な火山と豊かな氷河に彩られる風景から、「火と氷の国」と称されることが多い。セイジスフィヨルズルは、その折衷美の牧歌的な例の1つだ。

町を囲む岩だらけの山々は開放されているので、気軽に探索できる。きちんと整備された水道施設のように、山々の滝は谷の壁に沿って川へ落ち、フィヨルドへと注いでいる。はるか上から降る滝を見ていると、まるで空が町へと降り注いでいるように見えてしまっても、無理もない。

寒い時期に周辺地域を見て回るなら、スノーシューイングが人気だ。旅行者は町でスノーシューイングのツアーを予約することができる。ツアーは約3時間で、英語を話せるガイドもいる。まったく新しい視点から町を眺めるなら、ボートも最高だ。地元のフリナー・オッドソン氏は経験豊かな船乗りで、誰よりもフィヨルドに詳しい。彼は複数のカヤックツアーを主催しており、初心者でも経験者でも楽しむことができる。

行き方

アイスランドを巡るなら、車を使うのが一番いい。セイジスフィヨルズルに行くにも、同様だ。雪や霧の多い時期には、曲がりくねった山道を車で走るのが一番簡単な方法、とは言えないが、それでも最も素晴らしいものの1つであることは間違いない。

アイスランドでおすすめのレンタカー会社の1つが、首都レイキャビクにあるゴー・カー・レンタル(Go Car Rental)で、価格も手ごろだ。ここでは通常の乗用車だけでなく、キャンピングカーもそろっている。レイキャビクからセイジスフィヨルズルまでは約680kmで、環状線と高速道路1号線が最も人気の高い、景観の良いルートとなっている。

町には多くのゲストハウスやホテルだけでなくキャンプ場もあるので、宿泊代を節約したい、という方はキャンピングカーの予約を検討してみるのもおすすめだ。詳細や宿泊施設の空き情報については、VISITSEYDISFJORDURを確認してほしい。

旅行中、アイスランドの公共交通機関を利用するのは少々むずかしいので、きちんと計画を立てておくことが必要だ。エイイルススタジルとセイジスフィヨルズルを結ぶ路線バスを運営するのは、地元バス会社のFASだ。エイイルスタジルはアイスランドの大都市の1つ。空港もあり、レイキャビクとの間に航空定期便が運航している。

Photo by Lucy Dayman


詳細は以下のサイトまで:
VISITSEYDISFJORDUR
Instagram:seydisfjordur

All photos by Lucy Dayman

Lucy Dayman | ルーシー・デイマン

オーストラリア生まれ。2016年、オーストラリア・メルボルンでのカルチャー・音楽雑誌の編集の仕事を辞め、日本で旅をしながら仕事を始める。フリーランスライターとしての仕事と旅の傍ら、フィルム写真を撮影している。
Instagram: @lucy.dayman.
HP: lucydayman.com

Intergalactic, constantly evolving landscapes, a richly mythical history and some of the most vibrant arts communities on the globe, Iceland is truly a country out of this world.

Although Reykjavík may be the nation’s capital, there are so many other areas of this fascinating landmass worth exploring. The city of Seyðisfjörður is one such place. Tucked in the north eastern corner of Iceland, sitting on the banks of a fjord of the same name the town has a population of just around 700 residents but the artistic passion and creative energy of 700 capital cities.

The town is home to a rotating roster of international artists staying for short and long term residencies, travelling holiday makers, backpackers and international long term residents as well as born and bred Icelandic locals. Its population is as diverse as the landscape on which it sits. If you do make it to Iceland be sure to visit this mysterious, and magnetic hidden city.

History

Once you visit the small town you’ll quickly notice that the majority of the city’s population is a melting pot of multiculturalism. This international influence is entwined in the town’s DNA, something that can be traced all the way back to the Seyðisfjörður’s first settlements.

In the grand scheme of things, Seyðisfjörður is relatively young. The town we see today first came to be in around the middle of the 19th century when Danish merchants started using the town’s fjord as a main point of trade. Not long after their arrival, in around the mid 1880s Norwegian fishermen also set up home base in the area after establishing a herring fishery. As the herring fisheries began to expand as too did the town’s population.

Beyond fishing, the town became home to a number of other developments, like in 1913 when the country’s first power plant ‘Fjardasel’ was set up. During WWII the hidden location was seen by British and American armies as an excellent place to set up a base.

Today if you trek deeper into the surrounding countryside you’ll find remains of bases that once were. However the most fascinating WWII relic is the remains of British oil tanker “El Grillo”. On 10 February 1944 the tanker was sunk by a German air attack on the town and it still to this day sits at the bottom of the town’s fjord.

Current community

Today in terms of export production fishing still plays a large role but it has over the years declined. Following the war and the decline of the local fish-processing plant, Seyðisfjörður has transformed itself. Once fishing army base town to now one of Iceland’s most fascinating art tourism locations in the country.

World renowned Swiss artist Dieter Roth had an artist residence here. Today the town still hosts a rotating roster of international artists who set up months-long residencies and create exhibitions throughout the year.

Artistically it’s one of East Iceland’s more active communities. Seyðisfjörður has a telecommunications museum, an arts centre, and one of only two cinemas in East Iceland. The town’s biggest cultural attraction however is the annual LungA festival which typically runs in mid-July.

LungA art festival

Founded in 2000, the LungA Art Festival is when the city really comes to life. The week long youth-focussed celebration summons musicians, artists, writers, thinkers and other creatives to the town for a series of performances, exhibitions, panels discussions and creative collaboration. It has officially become one of Iceland’s biggest arts festivals.

The festival runs in the middle of the Icelandic summer when the days are incredibly long, sometimes featuring over 20 hours of sunlight. In previous years the festival has attracted some of the country’s biggest names in the local arts community including Ragnar Kjartansson and Páll Óskar as well as ground breaking international talents like Princess Nokia. For more information on the next edition of LungA Festival, be sure to keep an eye on the website: https://lunga.is/.

Art spots throughout the town

Beyond the festival, the town also has year-round ongoing arts projects open to locals and guests alike. Here are some of the highlights:

Ströndin Studio – Situated inside a former fish factory, this is a gallery and workshop hub which focuses on inspiring and fostering the creation of experimental photography. Inside there’s a gallery which features images created by local photographers and also hosts analogue photography workshops.

HEIMA – Is a house and adjoining art space which regularly hosts international artist residencies. A sprawling triple storey house, applications to live at HEIMA are open to both emerging and established artists working almost any media. You can apply at their website www.h-e-i-m-a.com/.

Skaftfell – Is another art space but it’s also a restaurant, exhibition space and a bookstore/ library. It regularly runs a residency program which is mainly focussed on housing visual artists. The space runs both self-directed residences and thematic residencies, the latter which feature workshops and other guided events. You can find out more about it here: http://skaftfell.is/residency-program

What to do there

Beyond arts scene Seyðisfjörður’s other major attraction is its almost surreal natural beauty. As soon as you arrive at the top of this isolated, yet vibrant town centre it’s pretty obvious as to why the city has long been a home of inspiration for local and international artists alike.

Surrounding the town like an organically constructed sky-high wall are cloud touching mountainous peaks dotted with long waterfalls and brightly colored wildflowers. Like something ripped from the pages of a fantasy novel, Iceland is often referred to as the ”Land of Fire and Ice” because of its diverse volcanic, yet glacier rich landscape and Seyðisfjörður is an idyllic example of such eclectic beauty.

The rocky surrounding mountainscape is open and easily accessible for exploration. Like a well organised water network, the mountains’ waterfalls pour down the walls of the valley before connecting to the the river, which flows on into the fjord. Given the sheer height from which the waterfalls begin you’d be forgiven for thinking that you’re witnessing the sky pouring into the town.

Snowshoeing is a popular way to see the surrounding area in the colder months. Visitors can book a snowshoeing tour in town. The tour will take about three hours and has an english speaking guide. By boat is another excellent way to see the city from a whole new perspective. Local Hlynur Oddsson, is an experienced sailor and knows the fjord better than anyone. He runs a number of different kayak tours for both experienced and beginner kayak users. You can find more information on his tours here.

How to get there

The best way to get around Iceland is via car and getting to Seyðisfjörður is no exception. In the snowier and foggier months it’s not the easiest drive up the weaving mountains, but it’s definitely one of the most stunning.

One of iceland’s best car rental companies is Go Car Rental in the capital city of Reykjavik is an affordable option. The company offers both regular cars and campervans. From Reykjavík to Seydisfjordur is about 680 km and two of the most popular and scenic routes to get around are via the Ring Road or Highway 1.

The town has a number of guesthouses and hotels as well as a campsite, so if you’re wanting to save money on accommodation booking a campervan is definitely worth considering. You can find all the details on potential accommodation options at www.visitseydisfjordur.com.

Travelling via public transport in Iceland can be a little more difficult and requires quite a bit of planning. There is a local bus service that runs between Egilsstaðir and Seyðisfjörður is organised by local bus company FAS. Egilsstaðir is one of Iceland’s bigger cities and has a local airport which regularly runs flights between the area and Reykjavík.

More information
http://www.visitseydisfjordur.com/
https://www.instagram.com/seydisfjordur/