DIRECTION

ART & DESIGN

ISSEY MIYAKE:「人類の歴史は、手で作られた」パリ・コレクション レビュー

SCROLL DOWN

ISSEY MIYAKE Spring/Summer 2019|AP Photo / Thibault Camus

2019年春夏 パリ・コレクションのショーから、ハイライトをご紹介。

Issey Miyake Spring/Summer 2019|AP Photo / Thibault Camus

ISSEY MIYAKE:実用的なファッション

柔軟性と伸縮性に富んだ新たな衣装を取りそろえたコレクションの発表にあたり、三宅一生は、「人類の歴史は、手で作られた」と述べている。

日本とフランスに拠点を置き、テクノ生地の斬新な使い方を提唱することで知られるブランドは、今シーズンのショーで「DOUGH DOUGH」と呼ばれる素材を発表した。

ISSEY MIYAKE Spring/Summer 2019|AP Photo / Thibault Camus

31体からなるコレクションだが、タイダイをおもわせるドレスが次々と披露されるという控えめな印象のスタートとなった。しかしその後、空色と白色のふっくらとした生地を使った、抽象的で美しいシルエットのトップスとスカートが登場。

大きな帽子を被ったモデルたちが、帽子の縁を持ち上げ、笑顔で通り過ぎていく。

ISSEY MIYAKE Spring/Summer 2019|AP Photo / Thibault Camus

プログラムノートには、「服もまた、自由を求めている」とある。

終盤にはしわしわのグレーのドレスが披露されたが、葉脈のような模様が、オーガニックな雰囲気を感じさせ、素晴らしかった。

これはデザイナーの宮前義之氏が手がけた、新たなファッションのアイデアだ。

ISSEY MIYAKE Spring/Summer 2019|AP Photo / Thibault Camus


By THOMAS ADAMSON, AP Fashion Writer
PARIS (AP)

ISSEY MIYAKE’S HANDS-ON FASHION

“The history of mankind has been made by hands,” Issey Miyake said in presenting a collection featuring a new flexible and malleable cloth.

The Franco-Japanese house famed for its cutting-edge use of techno-fabrics this season decided to showcase a material called “DOUGH DOUGH.”

The 31-piece collection began underwhelmingly with a series of gowns reminiscent of tie-dye. But then swathes of billowing fabric in celestial blue and white were used to form tops and skirts with beautifully abstract silhouettes.

Models in giant hats twisted the rims of the headwear as they smiled and walked by.

“Cloth too, seeks freedom,” read the program notes.

One scrunched-up gray dress shown toward the end had a wonderful organic feel with veiny stripes.

The cloth was a fresh fashion idea by designer Yoshiyuki Miyamae.

___
By THOMAS ADAMSON, AP Fashion Writer

PARIS (AP)

Thomas Adamson can be followed at Twitter.com/ThomasAdamson_K