DIRECTION

ART & DESIGN

BALMAIN:パリのファッションと遺跡の融合

BALMAIN CHANNELS PARIS FASHION AND MONUMENTS

SCROLL DOWN

Balmain Spring/Summer 2019 |AP Photo / Thibault Camus

BALMAIN:パリのファッションと遺跡の融合

バルマンのクリエイティブディレクター、オリヴィエ・ルスタンは、ファッションデザインのノウハウが集結する地として高く評価されるフランスの首都に敬意を表し、ルールを破られる前に、ルールを極めることが信条だと明言している。

バルマンの意欲にあふれた春のショーには、モデルのアレッサンドラ・アンブロジオや、ソーシャライトのオリヴィア・パレルモがゲストに招かれ、ファッションの中心地が誇る最新ファッションのDNAに「脱構築」を掛け合わせたショーを、満足げな様子で楽しんでいた。

Balmain Spring/Summer 2019 |AP Photo / Thibault Camus

白を基調としたルックの数々は、アトリエのお針子たちが巧妙に構築した傑作である。ショーはセクション毎に区切られていて、貝殻のような形を用いたルックでは、大きな楕円形の布が広げられ、観客が一斉に撮影を始めた。

再び貝殻の形を使ったルックが披露されたが、ここでは脱構築のコンセプトが用いられ、上下がほとんど反対になり、スカートに扇形の生地が縫い付けられていた。

Balmain Spring/Summer 2019 |AP Photo / Thibault Camus

肩先の尖った白のタイトなドレスは、細長く刻まれた包帯のような布で作られており、エジプトのミイラにそっくりだ。エジプトというアイデアは実際に、完成したコレクションの中心的なテーマだと言われている。

オリヴィエは、ナポレオンの軍事作戦以降、パリに美を添えてきた魅力的なオベリスクや、ピラミッド、円柱を熱心に研究してきたと言う。肩の部分は象形文字をプリントしたエジプト風のデザインとし、デニムやツイードは、古代のパピルスに似せて仕上げた。

ディテールについては、こだわり過ぎているとさえ言える。しかしデザイナーに寄せられた称賛が大きすぎるということは、決してないだろう。ゲストの座席には、「既成概念にとらわれず、その枠を超えることに喜びを感じています」というメモの入った封筒が添えられていた。

Balmain Spring/Summer 2019|AP Photo / Thibault Camus

CARA DELEVINGNE:リップシンクとダンス

ファッションショーで、音楽が衣装と同じくらい際立っているというのは、絶妙な演出だ。

9月28日の朝に開催されたバルマンのショーでは、最前列の記者たちが、キャッチーなヒットソングに合わせて頭を揺らしたり、楽しそうに口ずさんだり、さらには歌いだしたりしながら、リズムに乗る様子が見られた。普通なら、関係者は歌詞を口ずさむ程度だ。しかしモデルで女優のカーラ・デルヴィーニュは、関係者が一緒になって歌いだすほど会場を盛り上げた。これは称賛に値する。

カーラは、肩先の尖った白いコートと、黒のメタリックなビスチェを纏い、ショーの一番手で登場し、プリンスの『When Doves Cry』を口パクで歌いながらランウェイを歩いた。オリヴィエと共にフィナーレの挨拶に登場した時にも、彼の後ろでヒールで踊りながら再び歌い始め、転びそうになって舌を出す場面も何度か見られた。

Cara Delevingne wears a creation for Balmain SS 2019 |AP Photo / Thibault Camus

春コレクションの会場を盛り上げた音楽としては他にも、ホイットニー・ヒューストン氏の『I Wanna Dance With Somebody』や、クイーンの『We Will Rock You』が流された。

豪華なパリ市庁舎に設営された会場の、金色の階段を下りる間も、ゲストが歌をやめないほどの盛り上がりだった。


By THOMAS ADAMSON, AP Fashion Writer
PARIS (AP)

___

BALMAIN CHANNELS PARIS FASHION AND MONUMENTS

In homage to the French capital’s reputation as a center of fashion design know-how, Balmain creative director Olivier Rousteing declared his mantra was mastering “the rules before you…break them.”

Guests at Balmain’s ambitious spring show, including model Alessandra Ambrosio and socialite Olivia Palermo, looked on with delight as the presentation mixed the fashion capital’s traditional couture DNA up in deconstruction.

With white the dominant color, the Balmain atelier’s needle-workers had gone to work skillfully on creating structure.

A giant oval wrap that opened in segmented shell-like sections had guests snapping their cameras.

The same shell-like sections were seen later, but this time deconstructed, looking almost-upside down, with a fan shape stitched onto a skirt.

The look — a skintight white peaked-shoulder gown — was made with strips of material that were snipped away in places to resemble bandages — almost like the wrapping of an Egyptian mummy.

The Egypt idea, in fact, was revealed as a dominant theme as the collection progressed.

Rousteing explored his “fascination with the impressive obelisks, pyramids and columns that date from Napoleon’s campaigns and adorn” Paris.

Dramatic Egyptian shoulders mixed with hieroglyphic prints, while denim and tweed were treated to look like ancient papyrus.

Some of the detailing came across as too much, but the enthusiastic applause the designer received was well-deserved.

“I enjoy pushing envelopes, thinking outside the box,” he said in a note placed on guest’s seats — in an envelope.


CARA DELEVINGNE LIP-SYNCS, DANCES BACKWARD

It’s quite a feat when a fashion show soundtrack stands out as much as the clothes.

At Balmain’s Friday morning show, catchy pop hits had front-row editors tapping their feet, nodding their heads and joyfully mouthing or singing the lyrics.

Model and actress Cara Delevingne should be credited for initiating the sing-along enthusiasm among normally purse-lipped fashion insiders.

Delevingne opened the show in a white peaked-shoulder coat and metallic black bustier, lip-synching Prince’s “When Doves Cry” all the way down the runway.

As she took a finale bow with designer Rousteing, Delevingne mouthed some lyrics again as she danced backward in heels, trying not to trip and sticking her tongue out a few times.

The infectious spring collection soundtrack also included Whitney Houston’s “I Wanna Dance With Somebody” and Queen’s “We Will Rock You.”

It had guests humming all the way down the gilded staircase of the venue — Paris’ opulent City Hall.

___
By THOMAS ADAMSON, AP Fashion Writer

PARIS (AP)