DIRECTION

ART & DESIGN

エディ・スリマン:セリーヌのデビューショーを披露 過去作品を模倣し業界騒然

Amid buzz, Hedi Slimane unveils deja vu Celine Paris debut

SCROLL DOWN

Celine Spring/Summer 2019| AP Photo / Michel Euler

エディ・スリマンが行くところには、必ず賛否両論が巻き起こる。

ディオールオムからスキニースタイルのメンズウェアを世界に発信した後、サンローランに改革を起こすといった功績を持ちながら、賛否両論を巻き起こすデザイナーが、9月28日、パリファッションウィークでついに復帰を果たし、セリーヌでの初作品を披露した。エディがサンローランから発表した作品と、あまりに似ているという批判の声もあがっている。

同日、セリーヌのショーに先駆け、バルマンもパリらしい最先端の衣装を発表し、関係者を魅了すると同時に、モデルのカーラ・デルヴィーニュがリップシンク(口パク)を披露したことで、音楽でも会場を沸かせた。

今回は2019年春夏コレクションのショーから、ハイライトを紹介する。

Singer Lady Gaga, centre, and designer Karl Lagerfeld, right, watch the Celine SS 2019 |AP Photo/Michel Euler

CELINE:エディ・スリマンを迎え、話題に

リムジンから降りたレディ・ガガを、大勢のパパラッチがカメラを構えて迎えた。危うく轢かれそうになった記者もいる。セリーヌのラベルを貼られたシャンパンを飲み、酔っぱらった人々が大騒ぎする中、会場内の最前列で、カトリーヌ・ドヌーヴが膨れっ面をしていた。

15分間のショーのためだけにアンヴァリッドに設営された、大きな和風の建物では、社員が「(LVMHオーナーの)アルノーファミリー、そしてカール・ラガーフェルド氏がご来場されました」とマジックワードをイヤホンに吹き込む。いよいよ、今季最も注目が集まるコレクションが開幕した。

Celine Spring/Summer 2019| AP Photo / Michel Euler

豪奢な服を着た兵隊が、ドラムの音を響かせる中、巨大なクリスタルが開き、全96体の最初を飾るルックが披露された。水玉模様をあしらった80年代風のマイクロミニのバルーンドレスが現れた時の記者の反応は、眉を吊り上げたり、笑ったりと様々だ。

ここから、過去のファッションと似た作品が続く。1945年に創設された由緒あるセリーヌのデビューを飾るショーで、エディはサンローランに在職し独創性を発揮した2012~2016年に手がけたものと、全く同じと言ってもいいようなショーを披露した。

Celine Spring/Summer 2019| AP Photo / Michel Euler

80年代風の、光沢のあるマイクロミニのドレス。子供が怒った時のように、足を踏み鳴らして歩く浮浪児のようなモデルたち。ボサボサの髪の毛。ヒョウ柄やストライプのファーコート。光沢のある衣装。どこに着想を得たとしても、見覚えのあるスタイルが次々と出てくる。

丈の短いレザージャケットの後、フワフワとした肩出しトップスが登場。丸く大きく膨らんだ袖や、幾何学模様の袖のルックも披露された。美しい形のカッティングは前任デザイナーのフィービー・ファイロ氏のスタイルを真似たようにも見える。これが一種のオマージュだとしたら、物足りないものだ。

Celine Spring/Summer 2019| AP Photo / Michel Euler

これらのルックには、黒いベールのついた帽子を合わせており、エディがサンローランを担当していた頃に好んだニューロマンティック時代に戻ったようなスタイルが徹底されている。

自身の過去の作品や、その他有名ファッションを模倣していることを隠そうともしなかったのが、ハンドバッグだ。Cの組み合わさった、由緒あるシャネルのロゴに似た形をしている。

レディ・ガガの近くの席には、シャネルのデザイナーを務める85歳のカール・ラガーフェルドも会場にいたが、表情を崩すことはなかった。

エディはユニセックスのルックを多用してきたが、今回セリーヌとしては初めて、メンズスタイルとしてユニセックスのルックがランウェイに登場した。その結果、ほとんどのルックに革靴を合わせることとなった。細身のネクタイを合わせたスーツスタイルが何度か登場したが、ややオリジナリティに欠けるように感じ、唯一無二の作品とはならなかった。

Celine Spring/Summer 2019| AP Photo / Michel Euler


By THOMAS ADAMSON, AP Fashion Writer
PARIS (AP)

Where Hedi Slimane goes, the buzz is sure to follow.

The love-him-or-hate-him designer, credited with starting the global skinny menswear style via Dior Homme and later revamping Saint Laurent, returned at long last to the Paris Fashion Week calendar to unveil his debut at Celine Friday.

The reception was muted among critics who viewed it as deja vu from Slimane’s Saint Laurent days.

Earlier in the day, Balmain’s ode to Parisian couture impressed insiders at almost as much as the show’s infectious soundtrack, which had model Cara Delevingne lip-synching.

Here are some highlights from the Spring 2019 shows:

BUZZ, BUZZ, BUZZ AS CELINE BECOMES SLIMANE

Lady Gaga exited her limo to a flurry of paparazzi snaps.

One editor was nearly run over.

Catherine Deneuve pouted on the front row inside, as revelers drank from champagne labelled, of course, Céline.

This was, by every indication, the biggest show of the calendar.

In the giant makeshift Japanese-style building constructed for the 15-minute show at Les Invalides, an in-house staff member then whispered magic words into an earpiece: “The (LVMH-owning) Arnault family is seated and Karl (Lagerfeld) as well.”

And that was that — the collection began.

Soldiers in regal garb began drumming dramatically as a giant crystal opened to reveal the first look of 96.

Some editors raised their eye-brows — others simply smiled — as a polka dot 80s balloon micro dress filed by.

This was beginning to look like a case of fashion deja vu.

Slimane, in his debut show for storied Maison Céline that was founded in 1945, has done, well, almost exactly what he did at Saint Laurent in his successful creative tenure there from 2012-2016.

The sparkling 80s disco micro dresses. The waif-like models who stomped like angry teenagers. The grungy hair. The leopard or striped fur coats. The sparkle.

But whatever the inspiration was, there was plenty of style to be had.

Frothy shoulderless tops followed hot truncated black leather jackets.

Giant round or geometric arms then appeared, cutting a fine shape in some sort of visual reference to the styles of Celine’s predecessor Phoebe Philo.

If this was meant as an homage, it was short lived.

These ensembles were accessorized with black veiled hats, bringing their style firmly back to the New Romantics-era that Slimane favored at Saint Laurent.

In an audacious admission of pastiche of himself and of fashion in general — square handbags shaped like vintage Chanel sported near interlocking CC’s.

Chanel’s designer Lagerfeld, 85, looked on poker faced, next to Lady Gaga.

In a first for Celine, Slimane used his love for androgyny to introduce men’s style to the runway.

It resulted in some must-have leather shoes — thought the skinny ties on several suit looks were a little unoriginal. They weren’t the only thing.
___
By THOMAS ADAMSON, AP Fashion Writer

PARIS (AP)