DIRECTION

ART & DESIGN

Dior, GUCCIの芝居を取り入れたショー:パリ・ファッションウィーク レビュー

Paris Fashion Week Review: Dior and Gucci theatrically

SCROLL DOWN

Christian Dior's Spring/Summer 2019 |AP Photo / Christophe Ena

2019年春夏コレクションのショーが各地で行われるパリファッションウィークの初日は、ダンスと芝居をメインに取り入れたものとなった。例えばディオールは、アメリアのスター、ブレイク・ライヴリーやシェイリーン・ウッドリーをゲストに招き、有名なロンシャン競馬場でバレエ仕立てのショーを開催した。その一方でグッチは、フランス版スタジオフィフティーフォーとして知られ、かつてはファッションの最もドラマチックな面が見られるクラブとして使われてきたル・パラスで午後のショーを開催した。

今回は、パリ・ファッションウィークのいくつかのショーを振り返る。

Dior:歌とダンスのステージ

白い花びらが大量に舞う中、柄のついたボディースーツを纏ったダンサーたちが、メトロノームの刻む音に合わせ、優雅に踊る。

ディオールは、今回の春夏コレクションに、透明感のあるチュールをふんだんに使ったドレスを取り揃え、その音響と演出にはダンスを採用した。振付師、シャロン・エアル率いる実力派ダンサーたちを迎え、春夏コレクションショーでは終始、バレエのような、荘厳なコンテンポラリーダンスが披露された。

客席には、『ダイバージェント』や『ビッグ・リトル・ライズ』に出演するスター、シェイリーン・ウッドリーの姿も見られた。シェイリーンはAP通信の取材に対し、「ダンスとファッション、そしてトレンドが融合した、理屈抜きに素晴らしいショーだ」と述べている。

歴史あるロンシャン競馬場のグラウンドに、大きなテントが設営され、ランウェイを敷いた会場は、12人のダンサーが動き回っても十分な広さがある。ロンシャン競馬場は19世紀に営業を開始し、かつてディオールのデザイナーを務めたジョン・ガリアーノ氏が手がけた中でも特に印象的で、流行の最先端を行くショーの会場としても、何度か使用された。

Christian Dior’s Spring/Summer 2019 |AP Photo / Christophe Ena

バレエ仕立ての演出
層になったチュールの優美さはそのままで、コルセットの代わりに、シンプルなタンクトップを採用。デザイナーのマリア・グラツィア・キウリによるモノクロで、飾りがなく、柔らかさとしなやかさを備えた87体の作品――これこそが、ディオールが表現した核となる演出だ。

今回のショーに、奇抜な点はほとんどない。しかしそれが問題とならないのは、ダンサーのワードローブから着想を得た衣装は、シンプルかつフェミニンであることを何よりも重要としているためだ。

シルエットにこだわったジャンプスーツや、ストラップ、コーデュロイの衣装はいずれも、レオタードのように上半身がタイトになっているか、チュチュのようにふんわりと透明感のある仕上がりとなっている。バレエシューズには、ダンスの要素がそのまま取り入れられている。一方、オープントゥのヒールは、クロスストラップにバレエシューズの雰囲気が感じられる。

全体的に柔らかい印象のショーだ。霧のかかった、木漏れ日のような照明の中、ドラマチックに浮かび上がる肩の優美で丸いデザインが、その印象を一層引き立てていた。

GUCCI:ル・パルスでショーを開催

アルル近郊にある古代ローマ時代の共同墓地として有名なアリスカンで開催した5月のショーに続き、春夏のショーを異例のパリで開催。ミランを拠点とする大手ブランド、グッチとフランスとの蜜月関係は、1年に渡り続いているようだ。

1度限りのショーの会場選びは、慎重に行われた。そうして選ばれたのが、ル・パルスという元クラブの有名劇場だ。1978年に開業し、最初のステージではグレイス・ジョーンズ氏がピンクのハーレーダビットソンにまたがり、『ラヴィアンローズ』を歌った。

最高に華麗なるデザイナー、アレッサンドロ・ミケーレは、この歴史ある会場でショーを開催するという機会を最大限に活用した。アートシアター系の夢のような映画がステージに映し出される様子を、女優のサルマ・ハエックが、バルコニー席からオペラグラスでステージを覗いていた。コレクションの中盤には、客席にいたフランス系イギリス人歌手のジェーン・バーキンが突如立ち上がり、歌を披露してまた着席するという一幕もあった。

男女共にカラフルで奇抜な衣装は、フランス版スタジオフィフティーンとも呼ばれる会場の活気を見事に表現している。かつてこの会場には、ミック・ジャガー、アンディ・ウォーホル、イヴ・サン=ローランを始めとする著名人がよく訪れていた。時代設定は、クラブが全盛期を迎えた1978~1985年のスタイルを反映している。

全編を通し、サングラスや、大きな帽子、大ぶりのビーズといったアイテムや、スパンコールなどのキラキラした装飾が目立つ。シルバーの靴と合わせた、ゆったりとしたヒョウ柄のドレスに続き、肩の先が尖った白いタキシードのジャケットが披露された。グレーのタキシードにスニーカーを履いたモデルが、生きたオウムを肩に乗せて出てきた時には、今回のコレクションがあまり格式ばったものではないのだと感じられた。

続いて、70年代風に髪を伸ばした男性モデルが、プレッピー風の、ストライプのニットセーターを着込み、下半身にはピンクのブリーフ1枚という姿で登場。今回の何でもありのコレクションの中で唯一、レス・イズ・モアのコンセプトが見られた瞬間だろう。グレイス・ジョーンズのステージにも引けを取らない光景だった。

LVMH:ジャン・パトゥの再建

AP通信の取材に対し、フランスのラグジュアリーファッション大手、モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(LVHM)は、ファッションブランドとしてジャン・パトゥを大々的に扱い、再建するとしていた。

第一次世界大戦~第二次世界大戦の頃に、フランスで最も有名なデザイナーのひとりとして活躍したジャン・パトゥは、カーディガンを流行らせ、スコートを生み出し、フラッパースタイルからの脱却に成功したといった功績で知られる。彼のブランドの中で最も重要となるのが、「ジョイ」という香水だ。シャネル N°5と並び、世界で最も人気の高い香水のひとつとされる。

ブランド再建に向け、過去にカルヴェンを再建した実績を持ち、最近はニナリッチの作品を手がけていたデザイナー、ギョーム・アンリを、アーティスティックディレクターに選出した。近年、スキャパレリ、クレージュ、ポール・ポワレといったフランスを代表するブランドの再建が相次ぐ中、LVHMが新たに名乗りをあげた。

JACQUEMUS

ストライプのビキニと、巨大なヘシアンバッグは、ジャックムスのシンプルなコレクションに明るさを添えた。

さらに明るい印象を作り出したのが、露出度の高い衣装をまとったモデルたちだ。パリのイタリア大使館内の屋外スペースに設営されたランウェイを、9月の寒さをものともせず歩く。ゆったりとしたシルエットの衣装と、大きなフープイヤリングは、コレクションに堂々とした雰囲気を与えている。それはどこか、28歳の若手天才デザイナー、サイモン・ポート・ジャックムスを思わせる。

ドレープのついた生地を使った、胸から床まで届くオーバーサイズの衣装や、スカートの対角線上にあしらわれた巨大なフリルといったアイテムは、コレクションの独創性をより高めている。今回のショーでは、パリのランウェイには付き物の、ラグジュアリーを感じることはあまりなかったが、新鮮かつ若々しい力を感じた。


By THOMAS ADAMSON, AP Fashion Writer

PARIS (AP)

Twitter:www.twitter.com/ThomasAdamson_K

Dance and theatricality were at the heart of Paris Fashion Week’s first day of spring shows, as American stars Blake Lively and Shailene Woodley gushed over Dior’s balletic presentation at the famed Longchamps racecourse. While, Gucci held its evening spectacle at France’s answer to Studio 54, the iconic Le Palace — once the club that showcased fashion’s most dramatic looks.

Here are some highlights from Monday:

DIOR’S ODE TO DANCE

To clouds of falling white petals, dancers clad in patterned bodysuits twisted gracefully to the clicking sound of a metronome.

This season, Dior turned to dance to produce the music and visuals for its spring-summer collection, infused with diaphanous, tulle-rich gowns.

The house enlisted the talents of choreographer Sharon Eyal for a sublime and balletic contemporary dance performance that ran throughout the spring-summer show.

It had the star of “Divergent” and “Big Little Lies,” Shailene Woodley, floored.

“You marry dance with fashion and movement and you have a visceral, overwhelming experience,” Woodley told The Associated Press.

The runway hall was spacious enough to house the dozen roving dancers thanks to a marquee constructed in the grounds of the historic Longchamps racecourse, which dates to the 19th century and has been the site of some of former Dior designer John Galliano’s most memorable couture shows.

___

BALLETIC LOOKS

As ethereal as a layer of tulle, with the corset replaced by a simple tank top.

That’s how the House of Dior described the key idea behind designer Maria Grazia Chiuri’s soft and supple 87-piece show in monochrome and nude.

Few risks were taken in this display.

But this didn’t matter since the fashion, inspired by a dancer’s wardrobe, was primarily aimed at being simple and feminine.

Jumpsuits, straps and cords featured on silhouettes that were either tight on the torso, evoking a leotard, or diaphanous and floaty, channeling a tutu.

Ballet slippers evoked the dance tradition very literally, while open toe heels featured crisscross strapping in a take on a ballerina’s shoe.

There was a softness to the entire show, accentuated by the gentle round shoulders that were set off romantically by dappled and misty lighting.

___

GUCCI AT LE PALACE

Following on from Gucci’s May resort show in The Alyscamps, a famed Roman necropolis near Arles, the Milan-based powerhouse continued its year-long love affair with France by hosting its spring show in Paris, exceptionally.

The one-off venue was carefully chosen: Le Palace, the iconic club-turned-theater that was inaugurated in 1978 by Grace Jones who sang La Vie en Rose atop a pink Harley Davidson.

The opportunity to show in this legendary space wasn’t squandered by superlatively flamboyant designer Alessandro Michele.

Actress Salma Hayek stared through opera binoculars at the stage from her balcony seat, as a surreal arthouse film was projected on the stage.

Mid-way through the collection, French-English singer Jane Birkin rose suddenly from one of the seats and began singing, then sat back down.

The colorful and wacky men’s and women’s looks well captured the exuberance of the place dubbed France’s Studio 54. It was once the stomping ground for figures such as Mick Jagger, Andy Warhol and Yves Saint Laurent.

The time dial was set to styles from between 1978 and 1985 — the heyday of the club.

Shades, large hats, oversize beads, sequins and glitter were ubiquitous.

Peaked-shoulder tuxedo jackets in white followed a loose leopard print gown with silver shoes.

Demonstrating that the collection didn’t take itself too seriously, at one point a model in a gray tuxedo and sneakers strutted out with a real parrot sitting on her shoulder.

Then, a male model with long ’70s hair in a preppy striped knit sweater walked out with nothing but pink briefs on his bottom half.

This was perhaps the only instance in this indulgent collection, when less was more.

It was a sight to match even Grace Jones.

___

LVMH TO REVIVE JEAN PATOU

France’s luxury giant LVMH has told the AP it will revive the iconic fashion house of Jean Patou.

One of France’s most famous couturiers in between the two World Wars, Patou was credited with popularizing the cardigan, inventing the tennis skirt and killing the flapper style. His house was most closely associated with the perfume “Joy,” a rival to Chanel’s No. 5 as one of the world’s most popular fragrances.

For the relaunch, designer Guillaume Henry, who once revived Carven and worked recently at Nina Ricci, has been appointed as artistic director.

It’s the latest in a series of iconic French house relaunches in recent years, including Schiaparelli, Courreges and Poiret.

___

JACQUEMUS

Striped bikinis and giant hessian bags provided the fun at Jacquemus’ simple clothes collection.

It was perhaps less fun for the scantily-clad models who braved the cold September weather on the outdoor catwalk in Paris’ Italian Embassy.

Loose silhouettes and large hoopla earrings gave the collection a confident swagger — a little like the 28-year-old wunderkind designer Simon Porte Jacquemus himself.

Oversized pieces of draped fabric that descended from the bust to floor, and giant skirt frills that ran diagonally down the body, provided the collection’s more creative moments.

The show perhaps lacked the feeling of luxury normally associated with the Paris catwalks, but it felt fresh and youthful.

___

Thomas Adamson is at www.twitter.com/ThomasAdamson_K