DIRECTION

ART & DESIGN

持続可能性を追求するアーサー・アルベッセ、「エレガント回帰」N 21 °:ミラノ・コレクション レビュー

Milan Fashion returns to elegance with Arbesser, N.21

SCROLL DOWN

Jil Sander women's 2019 SS collection, AP Photo / Luca Bruno

9月19日、ミラノ・ファッションウィークが行われた。今回は、セールスが経済危機以前の水準に回復したこともあり、取り巻くムードは楽観的だ。

イタリアファッション評議会によると、今年の売上総額は10年前の水準に肩を並べる900億ユーロ(約11兆9000億円)に達するとみられ、輸出額も3%増える見込みだ。

ファッションウィークの詳細を紹介しよう。9月の春夏ウィメンズウェアコレクションは、ミラノのファッションカレンダーのハイライトであり、評議会はこの時期に世界でも最大規模となる、60ものランウェイショーと80もの発表会、44の関連イベントを開催した。

ショー初日のハイライトは、ジル・サンダー、アーサー・アルベッセ、モンクレール、アンナキキなどのブランドだ。

持続可能性を追求する、アーサー・アルベッセ

ミラノに拠点を置くオーストリア出身デザイナーのアーサー・アルベッセは、ファッションと生活における環境持続可能性を重く受け止めている。

今年は、渦巻き模様のプリーツスカートに、脇をベルトで締めたマニッシュなチェックのジャケットを合わせるなど、イタリアの陶器にインスピレーションを受けた渦巻き模様とテクスチャーが盛り込まれている。

Arthur Arbesser women’s 2019 SS collection, AP Photo / Antonio Calanni

アルベッセにとって陶器の世界は、“生の素材感と、ある種のグラマーさ”を表すものだという。
「粘土のようなベーシックなものを、輝く彫刻のような美しいものに変えていく、という製造過程もそうだ」

そこで、彼は生成りのリネンのような、ベーシックで未加工の布地に、きらびやかなスパンコールのプリントを組み合わせた。彼は、オーガニックな布地を組み込むことにより、ファッションでの持続可能性の重要性を伝えようとしていたという。また、この時代に持続可能であることがいかに難しいか、ということも認めている。

「今年の夏は、プラスチックなしの生活に挑戦しました」とアルベッセは言う。しかし、トスカーナで気温40度の中、共同制作者と仕事場に向かう際、ついペットボトル入りの水に手を出してしまったという。「そう簡単ではありませんでした」

Arthur Arbesser women’s 2019 SS collection, AP Photo / Antonio Calanni

ジル・サンダーの外套

ルーシー&ルーク・マイヤー夫妻は、ジル・サンダーの外套を文字通り、そして比喩的に取り入れた。

マイヤー夫妻が同ブランドでウィメンズウェアコレクションを発表するのは、今回で3度目だ。サンダーのミニマリスト美学を熟知しつつ、幾ばくかのノスタルジアで色付けする自信も見せている。実際のアイテムを見てみると、シアーホワイトのスカートに合わせたのは、往年の外套のようにスリットから腕を通す、かぎ針編みの長い白ワンピースだ。

Jil Sander women’s 2019 SS collection, AP Photo / Luca Bruno

シンプルなラインに勝るインスピレーションはなかった。

クリーンで、チュニックやパンツ、大ぶりのシャツといった制服のようなコードでありながら、プリーツや体を包み込むレイヤーのニット、そしてかぎ針編みのアイテムなどのフェミニン要素もあり、力強さと繊細さの両方を描き出していた。

Jil Sander women’s 2019 SS collection, AP Photo / Luca Bruno

デザイナーの2人は、シャツやドレスの袖を大ぶりのアーチ型に仕上げており、構造的に気まぐれな印象を与えている。デニムは、裾の長いシアーな仕上がりに。薄手のスカートには、フリンジで重さと動きを添えている。色味はベーシックな白、グレー、黒、茶色、セージグリーンでまとめている。

ルックを完成させるのは超厚底靴、そしてつま先にわずかなギャザーの入った、フラットなブーティ。バッグは、実用的なスクエアのハンドバッグと大ぶりのトートで、小脇に抱える非実用的な演出も。

Jil Sander women’s 2019 SS collection, AP Photo / Luca Bruno

アンナキキのファッション・グリッチ

中国のデザイナー、アンナ・ヤンが手掛けたアンナキキのコレクションは、若々しいエネルギーに溢れていた。

こちらの若手デザイナーは、2012年に自身のブランドを設立。ミラノへの出展は4度目だが、期間限定の展示会場となったラ・ペルマネンテには大勢のファンが押し寄せた。

ヤンは若者の心をしっかりつかんでいる。彼女の作品には、反抗心の要素を含んだ遊び心があふれている。彼女のメモには、自身のスタイルのもとになるのは、イノベーションにつながる「ファッション・グリッチ」だ、と記されている。

光沢のあるピンクのオフショルダードレスはパーティ用。ヤンはモノトーンのシャツに、自身の名前を鮮やかにプリントし、それが効果的なデザインとして機能している。アクセントとなる大きな緑のフリルは、本来スカートなのかもしれないが、今回は肩周りを包む着こなしに。ピンクのフード付きジャケットには、まるでキャンディーのような水玉模様が一面にあしらわれている。

ヤンは、ラグジュアリーウェアにも遊び心満載。艶のあるPVCを使用したパフスリーブの長袖ブルゾンを、プリーツスカートと合わせている。また、クロップドジャケットはジャージと、そしてシルバーのオーバーコートの下にはニットのブリーフとブラジャーを合わせるなど、若い世代のストリートウェア愛にも踏み込んだ。

明るいピンクとグリーンのカラーパレットは、ビーズで彩られた、シンプル過ぎないデニムを含む黒やニュートラルカラーとのコントラストを生んでいる。

Annakiki women’s 2019 SS collection, AP Photo / Antonio Calanni

N 21 ° 『パーティガール』

アレッサンドロ・デラクアが手掛けるヌメロヴェントゥーノ(N 21°)のパーティガールスタイルは、ブラックで本質的で、エレガントなもの。そこにキャメルやコーラルピンク、エメラルドやライムなどのグリーンと、カラーパレットが変化する。しかし、コレクション全般を一貫するテーマは、ドレスだ。

N.21 women’s 2019 SS collection, AP Photo / Luca Bruno

元はただのストレートなドレスだったのかもしれないが、それをいくつもの三角形があしらわれたビーズドレスにランクアップ。羽毛のオーバーレイで動きをつけた作品もあれば、光沢のあるラインストーンでアクセントをつけているものも。

N.21 women’s 2019 SS
Collection, AP Photo / Luca Bruno

ペンシルスカートをはじめ、背中に長いリボンがついた可愛らしいカクテルドレスや、裾に大ぶりのフリルが施され、背面がモダンなレース仕立ての豪華なドレスまで、しっかりと仕立てられたシルエットに。

デラクアは今シーズンについて、近年ランウェイを独占していたストリートウェアから、あえて転換を図ったと話す。「私は、本物のドレスに回帰したかったのです。クリエイティビティの教育を提供するのも、我々の役目ですから」と彼は言った。

N.21 women’s 2019 SS collection, AP Photo / Luca Bruno


By COLLEEN BARRY, AP Fashion Writer

MILAN (AP)

Milan Fashion Week launched Wednesday on a note of optimism with news that sales have reached pre-crisis levels.

The Italian Fashion Chamber says sales are expected to reach 90 billion euros ($105 billion) this year, matching levels of a decade ago, with exports driving growth of 3 percent.

More numbers: The September spring-summer womenswear previews are the highlight of the Milan fashion calendar, and the fashion chamber boasts that the 60 runway shows, 80 presentations and 44 collateral events this time around make it the biggest in the world.

Highlights from Wednesday’s shows, including Jil Sander, Arthur Arbesser, Moncler and Annakiki.

___

SEEKING SUSTAINABILITY AT ARTHUR ARBESSER

Milan-based Austrian designer Arthur Arbesser takes eco-sustainability seriously in fashion and life.

Italian ceramics inspire the swirling patterns and textures on garments, like a pleated skirt with a swirling pattern worn beneath a masculine check jacket belted at the side.

For Arbesser, the world of ceramics represents “rawness and a certain glamour. It is also the process of ceramic, to go from something basic like clay and turn it into something beautiful, like a shiny sculpture.”

So he combined basic, raw textiles, like an unfinished linen, with more showy sequins arranged in a print. He said he wanted to give a signal about the importance of sustainability in fashion by incorporating organic textiles — while also conceding how difficult it is in this era to remain sustainable.

“I tried this summer to live without plastic,” Arbesser said. But he had to give in to plastic water bottles while traveling for work with collaborators in Tuscany in the 40 degree Celsius (104F) heat. “It is not easy.”

____

JIL SANDER’S MANTLE

Lucie and Luke Meier have taken up the Jil Sander mantle, literally and figuratively.

The designers presenting their third womenswear collection for the fashion house have shown their mastery of the Sander minimalist aesthetic but have developed the confidence to imbue it with some nostalgia. Hitting the target: A long crocheted white dress with slits for arms like a yesteryear mantle, over a sheer white skirt.

There was no inspiration beyond the simple line.

The looks were clean, bearing the codes of uniforms with tunics, trousers and big shirts, but with feminine touches, like pleats, layered body-hugging knitwear and crocheted pieces that portrayed both power and delicacy.

On shirts and dresses, the designers created oversized, arched cuffs that gave an architectural whimsy to the looks. Denim was set off by trailing sheers. Fringe gave weight and movement to a light skirt. The colors were basic, whites, gray, blue, browns and sage.

Extreme platforms finished the looks, or flat booties with slightly gathered toes. Handbags were practical square purses or oversized shoppers, held impractically sideways.

____

ANNAKIKI’S FASHION GLITCH

Chinese designer Anna Yang’s Annakiki’s collection popped with youthful energy.

The young designer founded her brand in 2012 and was showing in Milan for the fourth time, drawing a dedicated crowd to the temporary exhibition space La Permanente.

Yang has her finger on the youth pulse. Her looks were fun with a hint of rebellion. In her notes, she said her style was the result of a “fashion glitch” giving way to innovation.

An off-shoulder pink dress with a shiny finish suggests party. She employed blurred prints with her name to great effect, including a shirt-brief combo in black and white enhanced by a big green ruffle, which could have been a skirt but instead was worn across the shoulders. A pink anorak appeared to be covered with candy dots.

Yang plays with luxury, employing PVC as a liquidy textile on puffy-sleeved blousons worn with pleated skirts. And she has tapped into the younger generation’s love of streetwear, with athletic trousers worn with a cropped jacket, or knit briefs and bra top under a silvery overcoat.

The color palette of bright pinks and greens, contrasting with black and neutrals, including denim, but never plain, decorated with beads.

___

N.21 PARTY GIRL

Alessandro Dell’Acqua’s party girl looks for N.21 are black, essential and elegant. And then the palette changes to camel, coral, pink and greens — emerald and lime. But the constant throughout the collection: dresses.

She may start off with a straight dress. But then she dresses it up with a beaded dress of repeating triangles. Or a feathery overlay that give the looks movement. Or a glimmering rhinestone accent piece.

Silhouettes were disciplined and tailored, from pencil skirts, to pretty cocktail dresses with long ribbons flowing like streamers from the back, to fuller dresses with big ruffle hems and modern racing backs.

Dell’Acqua said this season marked a purposeful turn away from streetwear that has dominated runways in recent seasons. “I wanted to return to real dresses, because it is also our duty to provide an education in creativity,” he said.


By COLLEEN BARRY, AP Fashion Writer

MILAN (AP)