DIRECTION

ART & DESIGN

パリから帰還したプロエンザ スクーラーのアメリカンテイストあふれるコレクション:Proenza Schouler

Back from Paris, Proenza Schouler designers go all-American

SCROLL DOWN

Proenza Schouler collection | AP Photo / Bebeto Matthews

2シーズンにわたりパリでコレクションを発表したプロエンザ スクーラーのデザイナー、ラザロ・ヘルナンデスとジャック・マッコローが、ニューヨーク・ファッション・ウィークに帰ってきた――そう断言しよう。

9月9日に発表された新コレクションで、刺繍はおろかフェザーもスパンコールも、ほとんど装飾のないデニムをふんだんに用い、彼らはアメリカンテイストを表現した。生地はメイド・イン・ジャパンだが、コレクションは完全にメイド・イン・アメリカだった。

Proenza Schouler collection | AP Photo / Bebeto Matthews

「パリでは、あらゆる刺繍やフェザーの作品に手を付け、そのテクニックにばかり頼るようになっていました」とヘルナンデスは話す。「ニューヨークに戻ってきて、『一種類の生地だけでコレクションをやってみたらどうだろう? 生地はデニムでどうだろう? それでどんなことができるだろう?』と考えました。つまり、大きく素材の範囲を限定したんです」。

Proenza Schouler collection | AP Photo / Bebeto Matthews

コレクションの目玉は、ボリュームのあるデニムのドレス、ジャケット、サイハイブーツと合わせたスカートだ。装飾のテクニックの代わりに、タイダイとアシッド・ウォッシュを用いた。アクセサリーに関しては、首に巻かれたウェスタンスタイルのバンダナのようなスカーフ、人ひとり入りそうなほど大きいトートバッグが登場した。

Proenza Schouler collection | AP Photo / Bebeto Matthews

今シーズンは、インスピレーションを得るために、ベルリンを拠点に活動する彫刻家イザ・ゲンツケン(ヘルナンデスが言うところの『僕たちのアイドル』)とコラボした。マンハッタンのダウンタウンで開催されたショーの会場に入ると、プロエンザの衣装の断片をあしらったマネキンを使ったゲンツケンの大掛かりなインスタレーションが出迎える。

「彼女に何着か送ったら、それを使ってインスタレーションを制作してくれたんです。僕たちはそのインスタレーションをアレンジして、コレクションで使いました」とマッコローは話す。「なので、ある意味、お互いにアレンジして異なる2体の作品を制作したわけです」。

Proenza Schouler collection | AP Photo / Bebeto Matthews

ニューヨークへのカムバックを喜ぶ一方で、そのうちまたパリで、あるいは別の場所でショーを開催する可能性は否定しない。

「今僕たちが生きている世界は、いろいろなことがより流動的だからこそ美しいのだと思います」とマッコローは話す。「うちのような企業は特に。うちは独立系企業です。どのカレンダーに従えと言われることもないし、あれこれ考えて試すことができる。パリではいいこと悪いことひっくるめてたくさんのことを学びました。それを作り上げて進化させる、うまくいかなかったものは切り捨てて、新しいものをキープする、といった具合に」。

「いろいろ考えて、いろいろ試して、どこに着地するか確かめられるのが素晴らしいですね」。

Proenza Schouler collection | AP Photo / Bebeto Matthews

シンプルになった新しいスタイルのメリットは、装飾の凝ったアイテムより価格が手ごろな点だ。

最近のパリ・コレクションで人気が高かったのは、他の高額アイテムよりも価格を下げたロングスリーブのタイダイのドレスだ。最も注目を集め、写真映えしたのもそのドレスだったという。

「これがきっかけで衣服に対する考え方が変わりました。すべてのアイテムを派手に装飾しなくてもいいかも、すべてのアイテムが1万2000ドルしなくてもいいかも、と」。

Proenza Schouler collection | AP Photo / Bebeto Matthews

By JOCELYN NOVECK, Associated Press

NEW YORK (AP)

After two seasons in Paris, Proenza Schouler designers Lazaro Hernandez and Jack McCollough are back at New York Fashion Week— and emphatically so.

With their new collection unveiled Monday, they’ve gone all-American in spirit: denim, denim and more denim, with almost no embellishment — no embroidery, feathers or sequins. And though the fabric came from Japan, the collection was entirely made in the United States.

“In Paris you kind of get into all the embroideries and the feather work, and you’re relying on all that technique,” Hernandez said. “And going back to New York (we thought), ‘Why don’t we do the whole collection in one fabric, and what if that fabric was denim? What could we do with that? So we really limited the scope of material in a major way.”

The collection featured voluminous denim dresses , jackets and skirts, with the latter often covering thigh-high boots. In the place of embellishment techniques, there was tie-dying and acid washing. As for accessories, there were Western-style, bandanna-like scarves across the neck, and tote bags so large it seemed one could fit another human inside them.

This season, the duo also collaborated with Berlin-based sculptor Isa Genzken — “one of our idols,” Hernandez said — for inspiration. When guests entered their show in downtown Manhattan, they were confronted with a large installation by the German artist of mannequins dressed in bits of Proenza garments.

“We sent her some pieces, she ended up making an installation with the clothes, and we started riffing off the installation and putting it into the collection,” McCollough said. “So it was two separate bodies of work riffing off of each other, in a way.”

While the duo was happy to be back in New York, they weren’t ruling out showing again in Paris one day — or somewhere else.

“I think the beauty of the world we live in today is that things are just more fluid,” McCollough said. “Especially a company like ours. We’re an independent company. We don’t have to be told what calendar to follow, we can bounce around, try things out. We learned a lot in Paris both good and bad, and you kind of build off that and evolve it, you leave the stuff that didn’t work behind and keep the new stuff.”

“I think what’s cool is bouncing around, trying different things out and seeing where it lands.”

An advantage of the new pared-down style is that some items are now more affordable than some of Proenza Schouler’s more elaborately embellished garments.

McCollough noted that one of the biggest sellers of a recent Paris collection was a long-sleeved, tie-dyed dress priced lower than some bigger-ticket items — which also turned out to be the most attention-getting and most photographed look.

“It got us thinking about clothes in a different way,” he said. “Maybe everything doesn’t need to be so embellished. Maybe everything doesn’t need to be $12,000.”

By JOCELYN NOVECK, Associated Press

NEW YORK (AP)