DIRECTION

ART & DESIGN

降り続く雨の中で煌めく、おとぎ話のようなロダルテのデザイン: Rodarte Collection

Under a steady rain, Rodarte's fairy tale designs shimmer

SCROLL DOWN

Photo by Charles Sykes / Invision / AP

マンハッタンのイーストビレッジにある、花で彩られた共同墓地では、雨が降り続く中、ニューヨーク・ファッションウィークに復帰した「ロダルテ」のショーが開催された。ゲストは透明傘を手渡され、用意された椅子に座っている。ロダルテは、ケイト・マレヴィとローラ・マレヴィの姉妹がデザイナーを務めるブランドだ。

木製の椅子は雨で濡れており、スタッフが慌ててペーパータオルでふき取っていたものの、着席したゲストからは不満が漏れた。9月9日夜に行われたショーは、雨で台無しになるかと思われたが、実際にはその逆であることが明らかになった。マラヴィ姉妹が得意とするひらひらした花柄の作品に、雨粒と、19世紀の大理石墓地の霧がかった空気が最高の背景となり、映画のようなビジュアルとムードを高めてくれたのだ。

Photo by Charles Sykes / Invision / AP

バラがあしらわれたチュールのベールや、花飾りのついたヘッドドレスをまとったモデルたちは、足元が埋葬地ということも相まって、まるで過去からのゴージャスな亡霊のようで、ゲストをとりこにした。ランウェイは雨に濡れ、土もぬかるんでいたが、モデルは足元をとられることなく、退場後も静かに芝の上に足をおろした。

雨粒とドレスに縫い付けられた本物のクリスタルが、間近で見ても判別できないほどだったが、むしろ魅惑的だった。

ケイト・マレヴィは、課題の多い業務だったこともあり、ショーの最中、自身が深く感動したと語る。「あまり普段は感動的にならないのですが、今日は舞台裏で本当に感動してしまいました」と彼女は話した。

パリでのショーや初ドキュメンタリー映画「ウッドショック」の公開などを経て、2年ぶりにニューヨーク・ファッションウィークで行われた今回のショーには、ウーピー・ゴールドバーグやレイチェル・ブロズナハン、ブリー・ラーソンなど、ロダルテ愛好家のセレブたちの姿も見られた。

Photo by Charles Sykes / Invision / AP

ケイト・マレヴィは、姉妹がニューヨークへの復帰を嬉しく思い、ファッションが「ニューヨークとロマンチックな恋愛関係」にあると感じたと伝えている。また、多くのアメリカ人デザイナー同様、一時期はパリでショーを行っていたことについて、販売スケジュールに有利だったことが一因だと話す。彼女は、ビジネスについて「私たちの現実の大部分を占めています」と言いつつも、「だからといって、それに支配されるべきではありません。クリエイティビティもありますから」と加えた。

Photo by Charles Sykes / Invision / AP

マレヴィは、今回のショーのインスピレーションについて、最も具体的に表現をすれば「野バラの庭園」になるという。

「今回は、より自然発生的なものでした」と新コレクションの着想について語っている。「まずはバラ園を思いつき、それから1950年代、それからカルダーやピカソですね」と彼女はいう。「でも、ストーリー全体の概要は特にありません」。

ローラ・マレヴィは、インスピレーションを得るため、姉妹が歌手のケイト・ブッシュの歌を聴いていたとも明かした。

「最初は、何かカラフルなものを求めていただけなのです」と彼女はいう。「それから、好きな素材を見つけて、それが頭の中でスパイラルするのです。これだ!という時があるんですよ」。


By JOCELYN NOVECK, Associated Press
NEW YORK (AP)

There was a steady rain coming down as guests were handed transparent umbrellas and seated in a flower-strewn cemetery in Manhattan’s East Village for the return of Rodarte, designed by sisters Kate and Laura Mulleavy, to New York Fashion Week.

There were grumbles as guests sat down on waterlogged wooden chairs, hastily wiped off with paper towels by harried assistants. But though it may have seemed the weather was going to ruin Sunday evening’s show, the opposite proved true. Somehow the raindrops and the misty air at the 19th-century Marble Cemetery enhanced both the visuals and the mood, providing a perfect backdrop for the filmy, floral creations that the Mulleavys specialize in.

Guests were particularly taken with the rose-bedecked tulle veils and flowered headdresses that made the models look like gorgeous ghosts from a past century, perhaps a reference to the burial vaults below. The models even managed to avoid tripping on the rain-soaked pathway, or getting stuck in wet earth, as they stood, calmly, in the grass once they’d finished their walks.

At points it was hard to tell, even from very close, whether you were seeing raindrops or actual crystals sewn onto the dresses — a rather seductive problem.

Kate Mulleavy said later that she’d been deeply moved during the show, in part because of the challenging logistics. “I don’t usually get emotional but backstage I was emotional today, for sure,” she said.

Whoopi Goldberg, Rachel Brosnahan and Brie Larson were among the celebrity fans at the show, which came after a two-year Rodarte absence from New York Fashion Week, during which the sisters showed in Paris and also released their debut feature film, “Woodshock.”

Kate Mulleavy said the designers were happy to be back, adding that they felt fashion had “a romantic love affair with New York.” She said they’d temporarily moved their show to Paris, as have a number of other American designers, partly because of the more advantageous marketing schedule. “That is a big part of our reality,” she said of business concerns, “but it shouldn’t be the ruling part. There is also the creativity.”

Mulleavy said the inspiration for Sunday’s show was no more specific than “a wild rose garden.”

“It was more organic this time,” she said of the development of the new collection. “We started thinking about rose gardens, but also the 1950s, and Calder and Picasso,” she said. “But we didn’t have an outline of a whole story.”

Laura Mulleavy added that the duo had also been listening to singer Kate Bush for inspiration.

“The starting place was just wanting something colorful,” she said. “Then you find a fabric you like and it spirals in your head. You know when it feels right.”

By JOCELYN NOVECK, Associated Press

NEW YORK (AP)