DIRECTION

ART & DESIGN

Netflixのロマンチック・コメディ2作に主演 今ノリに乗っているノア・センティネオ

With 2 Netflix rom-coms, Noah Centineo is having a moment

SCROLL DOWN

Photo by Chris Pizzello/ Invision / AP

Netflix(ネットフリックス)のアカウントを持っている人なら、おそらくノア・センティネオという俳優に見覚えがあるだろう。だが、過去に人気を博したティーン・アイドルのように、『好きだった君へのラブレター』に登場する高校のラクロス選手でロマンチックなピーター・カヴィンスキーというキャラクターの名前でしか、彼を知らないかもしれない。そう、『すてきな片想い』のジェイク・ライアンを演じたマイケル・シューフリングや『アンジェラ 15歳の日々』のジョーダン・カタラーノを演じたジャレッド・レトのように、作品名と役名のセットで覚えられるのが常である。

8月17日に配信開始された『好きだった君へのラブレター』の視聴者が1億2500万人を記録して以来、ピーター・カヴィンスキーはちょっとした現象となり、インターネット上には感動的なミームやツイート、そして、ピーター・カヴィンスキーと彼のウォークな(人種や性差別、社会問題に対する意識がある)姿勢や恋人のジーンズの尻ポケットを掴んでターンさせる華麗なしぐさが、現代に求められるボーイフレンド像である理由を考察する記事が出回った。現在22歳のセンティネオのインスタグラムは、1日で100万人を超える新しいフォロワーを獲得。2週間後には約600万人になったフォロワー数は、現在1,000万人を超えている。そして、9月7日に配信開始された高校が舞台のロマンチック・コメディ『シエラ・バージェスはルーザー』に再び主演し、新しいファンを魅了している(彼が演じる恋のお相手ジェイミーに姓をつけようというインターネット・キャンペーンが既に始まっている)。

「ツイッターが2次元の世界でよかった」と、ネットフリックスのロサンゼルス本部でインタビューに応じたセンティネオは笑う。「600万を超える人たちが毎日僕と一緒に歩いている訳じゃないですからね。想像すると怖いな」。

8歳で俳優を志したフロリダ出身のセンティネオが「瞬く間」にスターダムを駆け上がるまでには、長い道のりがあった。15歳でディズニーチャンネルの『オースティン&アリー』に出演した彼は、ハリウッドに移って本格的に俳優の仕事がしたいと家族を説得した。ハリウッドに移り住んでからは仕事とオーディションに追われる日々だったが、彼が言うには「なかなか芽が出なかった」。

実際、18歳でフリーフォーム局の『フォスター家の事情』にキャスティングされる直前まで、俳優を続けるべきか悩み自信を喪失していた。その前年、あるディズニーチャンネルのドラマのパイロット版に出演したため、6ヵ月間仕事の予定も入れられず、オーディションも受けられなかったが、結局ドラマはシリーズ化されることなく、彼は目的意識を失った(アメリカのドラマは、第1話に当たるパイロット版の評価が高ければシリーズ化される)。

「暗くなりましたね。俺は何がしたいんだ? 俺が俳優じゃなくても誰も困らない、俺が売れようが売れまいが誰も気にしない、って感じでした。そして、ああ、これは自分のためじゃない…… 俺の人生、俺の仕事、俺のやることはすべて人のためであるべきなんだ、金を稼ぐことや有名になることよりもっと大事な目的があるはずだ、自分の情熱に従って生きるべきなんだと気付いたそのとき、『フォスター家の事情』がヒットしたんです。偶然は信じませんが」。

Photo by Chris Pizzello
/Invision / AP

そして、同じキャスティング・デレクターによって、『好きだった君へのラブレター』と『シエラ・バージェスはルーザー』に立て続けに抜擢された。2017年のはじめ、『シエラ・バージェスはルーザー』の撮影が先に行われた。センティネオ演じるジェイミーは、オタクっぽい面がある高校のフットボール部員。シャノン・パーサー(『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のバーブ役)演じる主人公のシエラとメールを通して親しくなるが、違う女の子(チアリーダー)とチャットしていると思い込んでいる。

「ジェイミーの好きなところは、ドジで、体育会系で、『いろんなヤツがいていいじゃん』みたいなところですね。ピーターは自分大好き人間なところがいいですね。彼は決してジェイミーほど賢くはありませんが、繊細で、ちょっと大げさだけど、とても優しくて頼りがいのある男子です」。

ラナ・コンドルとのケミストリー・リード(相手役との相性を見るために行う台本の読み合わせ)に遅刻してしまい、『好きだった君へのラブレター』のオーディションに穴をあけるところだった。渡された住所が間違っていたのだ。悔やんだ彼は、オーディション・ルームを後にするとすぐ、スプリンクルズのカップケーキ1ダースをその場にいた人たちに差し入れた。その中の1人、スーザン・ジョンソン監督はこう証言する。

「ノアはチャーミング。本当に魅力的な人です。撮影の最後に彼を引き寄せて、『あなたはどこへでも行けるし、どんな役だって演じられる。あなたにはそれだけの才能がある。超売れっ子になるわ』と言いました。彼はチャーミングでキュートなだけではない、深みのある役者なので、今後の活躍が楽しみです」。

そして、公正を期すために付け加えておくが、センティネオは2本のインディーズ映画に出演しているつもりだった。彼が契約したときにはどちらもNetflixの映画ではなかったが、2本とも同社がロマンチック・コメディ特集『サマー・オブ・ラブ』の一編として買い取り、3週あけて2本連続で公開されることになった。言うまでもなく、彼はこのチャンスを冷静に受け止めている。

「僕にとってのビッグ・チャンスはまだ訪れていないと思っています。究極の絵に向かってすべてがゆっくり進んでいると思いたい。どんな絵かわからないけど、僕たちが描いている途中の」。

Photo by Chris Pizzello / Invision / AP

映画のみならず、アート、社会貢献、音楽の分野で高尚でアーティスティックな夢を持つセンティネオ。ギャスパー・ノエ、テレンス・マリック、ウェス・アンダーソン、コーエン兄弟、ノーラン兄弟のような監督と仕事がしたいと思っている。

「どんな役でもやります。シリアル・キラー。ヤク中。好青年。学校のアイドル。悪ガキ。オタク」。

何百万人という新しいファンについてはあまり話したくない様子だが、彼は今、本当に感謝している。

「事の重大さは理解していますし、それにどんな責任が伴うかもわかっています。例えるなら、生涯一俳優でいるということは、働き続けて、巨大なモンスターとともに森に入ろうとすることです。それは素晴らしいことだけど、森に入った途端にモンスターが振り返って食べられてしまうかもしれない。僕はやっと森の中に入って、何が起こるのかなと思っているところです。楽しいですよ」。

___
AP通信映画担当記者リンジー・バーのTwitter:www.twitter.com/ldbahr

By LINDSEY BAHR, AP Film Writer

LOS ANGELES (AP)

If you have a Netflix account, chances are you recognize actor Noah Centineo. Although, like the best teen heartthrobs of generations past, you’d be forgiven if you only know him by his character’s name: Peter Kavinsky, the high school lacrosse-playing romantic from “To All the Boys I’ve Loved Before.” And yes, like Jake Ryan (“Sixteen Candles”) and Jordan Catalano (“My So-Called Life”) before him, both names are required.

Since “To All the Boys I’ve Loved Before” hit the 125-million subscriber streaming service on Aug. 17, Peter Kavinsky has become a mini phenomenon, inspiring memes, tweets and think pieces from every corner of the internet about why Peter Kavinsky and his woke, pocket-twirling ways is the boyfriend we need right now. Centineo, 22, got over 1 million new Instagram followers in a day. Two weeks later it was up to 6 million. Now, it’s sitting at over 8.2 million. And this Friday, he’ll grace the small screen again as Netflix drops another high school rom-com, “Sierra Burgess is a Loser” into the homes of newly minted Centineo fans. (An internet campaign has already started to give his lovesick character Jamey a last name).

“Luckily Twitter exists on a two-dimensional plane,” laughed Centineo on a recent afternoon at Netflix’s headquarters in Los Angeles. “It’s not like I have 6 million plus people walking around with me every day. That would be insane.”

The “instant” stardom has been a long-time coming for Centineo, a Florida-native who decided he wanted to act at age 8. At 15, after appearing on the Disney Channel’s “Austin & Ally,” he convinced his family to move out to Los Angeles full-time. When he arrived, he was always working and auditioning, but it was, as he describes it, “a slow climb.”

In fact, right before he was cast on the Freeform show “The Fosters” at age 18, he had a crisis of confidence wondering if he should even be an actor. He wasn’t able to book jobs or go out on auditions for six months because of a Disney pilot that never ended up going to series and felt that he’d lost his sense of purpose.

“It got dark,” Centineo said. “I’m like what am I doing with my life? Who cares if I’m an actor? Who cares if I’m successful? And as soon as I realized yeah this isn’t for me…my life, my career, everything I do should be for others, there should be a deeper purpose outside of wanting to get money and be famous and live my own passion, that’s when ‘The Fosters’ hit and I don’t believe in coincidence.”

And then came one-two punch of “To All the Boys I’ve Loved Before” and “Sierra Burgess is a Loser,” both via the same casting director. “Sierra Burgess” shot first, in early 2017. The film stars Shannon Purser (aka Barb from “Stranger Things”) as a girl who finds herself in a texting relationship with Centineo’s Jamey, a football player with a nerdy side who believes he’s talking to a different girl (a cheerleader).

“What I love about Jamey is how he’s goofy and he’s a jock and he’s like ‘Yo, we are allowed to be both sides of the spectrum in one human being,” Centineo said. “I like Peter K because the boy is an egomaniac. He’s definitely not as smart as Jamey, but he’s sensitive, and a bit more extreme but still really loving and protective.”

Centineo almost sabotaged his “To All The Boys…” audition by arriving late to the chemistry read with Lana Condor. He was given the wrong address, and was mortified about it. As soon as he left, he had a dozen Sprinkles cupcakes sent over to the folks in the room, including director Susan Johnson.

“He’s just charming. He can’t not be charming,” said Johnson. “I pulled him aside at the end of the shoot and said, ‘You can go wherever you want to go and do any role you want to do. You have that much of a gift and I hope you’ll be super choosy.’ He’s more than just the guy who is charming and cute on screen. He has depth to him that I think everyone is going to be excited to see in future roles.”

And, to be fair, Centineo thought he was doing two indies. Neither was a Netflix movie when he signed up and both were acquired by the service as part of a “summer of love” push and set for release within three weeks of one another. Needless to say, he’s taking this moment in stride.

“I’d like to think that my big break has yet to come,” he said. “I like to think everything has been slowly progressing toward the ultimate picture. Of what I don’t know, but we’re still painting.”

And he has lofty artistic ambitions in movies and beyond —art, philanthropy, music — and would like to work with directors like Gaspar Noe, Terrence Malick, Wes Anderson, the Coens and the Nolans.

“I’ll play any character,” he said. “Serial killer. Heroin addict. Nice boy. Jock. Bully. Nerd.”

Now, he’s just grateful, although there is the distinct impression that he is a little reticent to talk about his vast new following.

“I recognize the gravity of the situation and I recognize how much responsibility comes with it,” he said. “It’s like if you’re an actor your whole life you’re working and working and you’re trying to get into this forest with this big monster and you finally get into the forest with monster and it can be really nice to you, but at a moment’s notice it can turn around and eat you. I’m finally in the forest and wondering what’s going to happen. It’s fun.”

By LINDSEY BAHR, AP Film Writer

LOS ANGELES (AP)

___

Follow AP Film Writer Lindsey Bahr on Twitter: www.twitter.com/ldbahr