DIRECTION

ART & DESIGN

ロンドン・デザイン・ビエンナーレで顔認識の隠された世界を探る

London show explores hidden world of facial recognition

SCROLL DOWN

London Design Biennale |AP Photo/Matt Dunham

外見で判断するなかれ――古くからあるこの忠言が今、全世界の企業、政府機関、捜査機関から忘れ去られようとしている。

イギリスの警察は人ごみの中から容疑者を探し出すために顔認識テクノロジーを用いる。最新型iPhoneのユーザーは顔認証機能「Face ID」でロックを解除できる。スーパーマーケット・チェーンのホールフーズなどの小売業者は店舗のレジを省略する手段として顔認識を試用している。

現代技術によって、私たちの顔はアイデンティティであると同時に便利な品物になった。しかし、ロンドンで開催中の展覧会で、そのテクノロジーは決して完璧ではないことが明らかになる。

さまざまな国の作品が集うロンドン・デザイン・ビエンナーレにアメリカが出品した「Face Values(顔の価値)」は、顔を読み取るコンピューターの能力がどのように世界を変化させているかを、私たちがまだ完全に理解していないプライバシーと個性への影響とともに検証している。

London Design Biennale |AP Photo/Matt Dunham

「私たちは1日に50回は撮影されています。それだけ多くのソフトウェア企業が私たちから情報を得ているのです」と、この作品のデザイナーのひとりであるR・ルーク・デュボワは話す。ニューヨークのクーパー・ヒューイット国立デザイン博物館がキュレートした「Face Values」は、テクノロジーが私たちの顔から私たちについて知り得る範囲と限界を探る、2つのインタラクティブな作品からなる。

アーティストでコンピューター・プログラマーのザッカリー・リーバーマンに促された来場者がスクリーンの前に座ると、コンピューターがその表情を解読し、他者の顔と比較し、スクリーンの前に座っている人の感情の分析を作成する。「表情の指紋のようなものです」と話すリーバーマンは、麻痺のある人用の視線追跡システムの設計に携わってきた。彼は「このプロジェクトでは、幾度となく頭を悩ませました。表情をどのように数値化するか?また、ひとつの表情を他の表情と比較するために、表情をどのように数字に置き換えるか?などです」と、9月3日に行われたビエンナーレのプレビューで語った。

そのようなテクノロジーの限界は、ニューヨーク大学タンドン工科校の調査部門であるブルックリン・エクスメリメンタル・メディア・センター所長のデュボワによるもうひとつの作品で浮き彫りとなる。

スクリーンの前に座った来場者は、ある特定の感情を示すよう求められる。警察で採用されているものと同様のテクノロジーを用いたこのシステムは、個人の年齢、性別、人種、感情の状態を算出する。その結果は不躾で時に不正確だ。冷静沈着を意図したある来場者は「恐怖」として登録された。嫌悪を示すよう求められたほかの来場者は「幸福」と判断された。デュボワによると、このテクノロジーの精度は利用するデータに左右されるが、企業や組織が感情の比較に用いるイメージ群は往々にして不十分なのだという。

このテクノロジーの使用に関する規制は世界各国で大きく異なる。中国では、広告から法執行機関に至るまですべての分野でほぼ制限なく顔認識が使用されている。EUでは、データ保護規則により対象者の同意がなければ個人情報を収集することはできない。アメリカにはそのような規制はないが、最近カリフォルニアで同様の法律が可決された。

この強力で急速に発展しているテクノロジーに対する関心を高めたいとデュボワは話す。「今より古い時代、たとえば10年前に、Facebookが私たちからどんな類のデータを引き出しているかということにもっと注意を払っておくべきでした。今となってはもう手遅れですが」。

クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館は、ロンドン・デザイン・ビエンナーレ終了後、この展示をアメリカへ引き取りたい意向だ。

ロンドン・デザイン・ビエンナーレは、9月4日(火)から23日(日)まで、ロンドンのサマセット・ハウスで開催。「Emotional States(感情の状態)」という自由なテーマのもと、結露した緑色の壁に来場者が指で落書きできるカバとマツの香りに包まれた部屋(ラトビア)、同性婚を祝福する虹色のインスタレーション(オーストラリア)、こするとロースト・ダック、エッグ・タルト、お香、アヘンなどのにおいがする壁紙が貼られた部屋(香港)など、40以上の国、都市、分野から集まった作品を展示している。


By JILL LAWLESS, Associated Press
LONDON (AP)
___

ジル・ローレスの公式 Twitter:http://Twitter.com/JillLawless

Don’t judge by appearances. It’s an age-old piece of advice that is being roundly ignored by corporations, governments and law-enforcement agencies around the globe.

British police use facial-recognition technology to scan crowds for suspects. Owners of the latest iPhones can unlock their phones with face ID. Whole Foods and other retailers are testing facial recognition as a way of eliminating check-out tills in stores.

Modern technology means your face is both your identity and a commodity — but as an exhibition going on display in London shows, that technology is far from perfect.

“Face Values,” the U.S. entry at the multinational London Design Biennale, explores how computers’ ability to read faces is changing the world, with implications for privacy and individuality that we still don’t fully understand.

“We are on camera 50 times a day and there are all these software companies that are deriving information from us,” said R. Luke DuBois, one of the exhibition’s designers.

Curated by New York’s Cooper Hewitt Smithsonian Design Museum , “Face Values” includes two interactive pieces that explore the scope and limits of what technology can learn about you from your face.

Artist and computer programmer Zachary Lieberman invites visitors to sit in front of a screen as a computer maps their expressions, compares them to others’ and produces an analysis of the sitter’s emotion.

“It’s a kind of fingerprint of your facial expression,” said Lieberman, who has helped design an eye-tracking system for people with paralysis.

“This project involved a lot of trying to understand, how do you quantify expression?” he said at a preview of the exhibition on Monday. “How do you turn expression into numbers,” in order to compare one expression to another.

The limits of such technology become clearer in the accompanying piece by DuBois, director of the Brooklyn Experimental Media Center at New York University’s engineering school.

Visitors sit in front of a screen and are asked to display a specific emotion. Using technology similar to that deployed by some police forces, the system calculates the individual’s age, gender, race and emotional state. The results are both intrusive and sometimes inaccurate. One visitor, attempting to project calmness, registered as afraid. Another, asked to look disgusted, was told she appeared happy.

DuBois said the technology is only as good as the data that goes into it — and the sets of images that companies and organizations use to compare emotions are often inadequate.

The rules governing the use of such technology vary widely around the world. In China, facial recognition is being used with few restrictions for everything from advertising to law-enforcement. In the European Union, data-protection rules mean personal information can’t be collected without the subject’s consent. The U.S. has no such limits, although California recently passed a similar law.

DuBois says he wants to increase awareness about this powerful and fast-developing technology.

“In an older era — like 10 years ago — we should have been paying a lot more attention to what kind of data Facebook was taking from us,” he said. “And now it’s a little too late.”

Cooper Hewitt hopes to take its exhibit to the United States after its run in London.

The Design Biennale, which runs Tuesday to Sept. 23 at London’s Somerset House, includes exhibits from 40 countries, cities and territories under the loose theme “Emotional States.” They include Latvia’s birch- and pine-scented room, where visitors can write on a green wall of condensation; Australia’s rainbow-colored installation celebrating same-sex marriage; and Hong Kong’s room plastered with scratch-and-sniff wallpaper scented like roast duck, egg tarts, incense and opium.


By JILL LAWLESS, Associated Press
LONDON (AP)
___

Follow Jill Lawless on Twitter at http://Twitter.com/JillLawless