DIRECTION

ART & DESIGN

「McQueen」華麗な問題児デザイナーのキャリアを描くドキュメンタリー映画

'McQueen' examines career of a brilliant, troubled designer

SCROLL DOWN

Ann Ray / Bleecker Street via AP

1995年、アレキサンダー・マックイーン氏のファッションショー「ハイランド・レイプ」で、胸や下半身が露出するスコットランド風の衣装をまとったモデルがランウェイを千鳥足で歩いているのを目にしたロンドンのファッション業界は、衝撃を受けた。

その反応こそ、マクドナルドや失業率チェックの仕事で生計を立てていた20代のマックイーン氏が求めていたものだった。「私のショーでは、日曜日のランチを楽しんだような感覚を持ってほしくない」と当時の彼は語っている。「嫌悪感、もしくは爽快感を持ってほしい」。

マックイーン氏は40歳で悲劇的な死を遂げるまで、挑発や拒絶、ひらめきや刺激を与え続けた。ロンドンの労働者階級出身で、タクシー運転手の息子であった彼は、どのようにして異例ともいえる道のりを経てファッション業界のトップへと登りつめたのか。そして、なぜ彼は絶頂期に自ら幕を閉じてしまったのだろうか。映画製作者のイアン・ボンホテ氏とピーター・エトートゥギ氏は、これら2つの疑問に強く魅せられた。そして生まれたドキュメンタリー、「McQueen」が7月20日よりアメリカで上映された。

FILE – In this May 1, 2006 file photo, designer Alexander McQueen poses with actress Sarah Jessica Parker at the Costume Institute Gala at the Metropolitan Museum of Art in New York.(AP Photo/Stuart Ramson, File)

ドキュメンタリーにとってファッションは魅力的な題材だ。実際、これほどビジュアル的に魅力のあるものはほとんどない。しかし、ガードが堅いため、美しく磨かれた仮面の下をのぞくことはむずかしい。映画の脚本家で、共同監督を務めたエトートゥギ氏は「ファッションの世界は、泡のようだ」と言う。「彼らは外部の者に対して、必ずしも友好的ではなく、秘密を漏らすこともない」。

ボンホテ氏によると、映画制作者らは200人近くの関係者に接触した。映像を探すのは骨が折れる作業だったが、幸いにもマックイーンの最も衝撃的なファッションショーの重要な映像を入手することができた。また、ファッションショーには珍しい、非常に率直なインタビュー映像をいくつか手に入れることもできた。

さらに、彼らは複数の価値ある記録映像を発見した。その中には、マックイーン氏が同僚と新しいカメラを試すため、面白半分に撮ったプライベート映像もあった。時は1996年、マックイーン氏はジバンシィから好待遇のデザイナーとして招かれ、パリへと赴いていた。映像の中で、彼らは両親の車でドライブしてニヤリと笑みを浮かべる子供のようだった。

映画製作チームは、マックイーン氏の家族からコメントを得ることにも成功した。姉のジャネット氏とその息子のゲイリー氏だ。ゲイリー氏自身もデザイナーとして、伯父であるマックイーン氏のもとで働いていた。さらに元同僚にも何人かインタビューしたが、全員とはいかず、たとえばマックイーン氏の名を冠したブランドを引き継いだサラ・バートン氏などは登場していない。

しかし、映画の中心となるのは、マックイーン氏の仕事ぶり、そして彼の力強い才能がファッション業界を席捲した様子だ。映像では、彼が1999年に開催したショー「No.13」にて、無地のチュールドレスをまとったモデルのシャルロム・ハーロウ氏を回転式のプラットフォーム上に立たせ、回転する彼女に2台のロボットを使って黄色と黒のスプレーを浴びせる様子が映し出されており、今見ても観客が息を飲む様子を感じることができるほどだ。この演出は不思議な魅力を持ち、マックイーン氏自身も涙するほどだった。

映画は複数のチャプターから成り、それぞれが特に影響力のあるマックイーン氏のショーに焦点を当てている。最初の章は1992年に開催された「Jack the Ripper Stalks His Victims(切り裂きジャックが被害者に忍び寄る)」を扱ったものだ。このショーは元々、有名なロンドンのファッションスクール「セントラル・セント・マーチンズ」時代の最終課題として制作されたものだ。

彼にとっては、この学校に通うことさえ思いがけないことだった。若き日のリー・マックイーン氏(のちに、おしゃれだから、という理由でミドルネームのアレキサンダーを使用するように)は本来なら「機械工か何か」になるはずだった。しかし、洋服のデザインに夢中になっていた彼に、その母親はロンドンのファッション中心街「サヴィル・ロウ」で見習いとして働くことを勧めた。そこで彼は素晴らしい職人に成長したのだ。

ファッション界の著名人の一人であるイザベラ・ブロウ氏は、彼の「切り裂きジャック」コレクション全作品を買い上げ、業界への道を拓くのに一役買った。しかし、マックイーン氏の同僚が言った「アレキサンダー・マックイーンを発掘した人などいない。彼自身が自らを発掘したのだ」という言葉が、真実を明快に表現している。

当初、彼は貧しかった。ある友人の話では、大きなショーの後、彼らは一緒にマクドナルドに行った。その際、床に食べ物を落としてしまったが、新しいものを買うお金がなかったため、拾って食べるしかなかったという。

状況を劇的に変えたのは、ラグジュアリーコングロマリットLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)がマックイーン氏をジバンシィのデザイナーとして迎えたことだ。しかし、マックイーン氏はただ安穏として思いがけない利益にあぐらをかいていたわけではなく、そこで得た収益を自分のブランドにつぎ込んでいた。その時期の彼は、巨大なプレッシャーに襲われていた。マックイーン氏はあるインタビューで、当時は年間14件という驚異的な数のコレクションを制作したと話している。

ファッション業界の「やんちゃ坊主」や「恐ろしい子供」との呼び声高いマックイーン氏だが、他にも彼について学べることはたくさんあると映像制作者らは言う。中でも彼らを驚かせたのは、マックイーン氏の専門的な職人技、そして絶え間なく成長し続けるビジネス手腕だ。

さらに彼らを悩ませたのは、マックイーン氏の個性と彼の伝説との対比であった。「彼は不快でパンクな人物だという評判がたっていたが、アーカイブ映像の中で友人や家族、そして愛犬と過ごすマックイーン氏は非常に人間的で、時に非常に優しい人物だ」とエトートゥギ氏はいう。

晩年、2人の人物の死によって彼は精神的に打撃を受ける。2007年にはイザベラ・ブロウ氏が自殺した。彼女の葬儀に参列したマックイーン氏は、打ちのめされた様子だった。そして2010年初め、彼の愛する母親が他界する。数日後の葬儀の晩、マックイーン氏は自ら命を絶ったのだ。

マックイーン氏は薬物使用に苦しんでいたが、彼がなぜ自殺したのか、映画製作者らは推測するしかない。「ファッションというのは、非常に独特なプレッシャーを伴うものだ」とエトートゥギ氏は言う。しかし、と彼は付け加える。「我々が話を聞いた人たちは『彼を被害者扱いしないでほしい。なぜなら、結局マックイーン氏に最もプレッシャーを与えていたのは、マックイーン氏自身なのだから』と言っていた」。

ボンホテ氏は、マックイーン氏が選んだ世界の両面性というのは、有名な2001年の「Voss」といった彼のショーではっきりと表現されているという。Vossでは集まったファッション業界の関係者に、精神病院を模した鏡面の立方体に映る自分の姿を、長時間にわたって文字通り見つめさせるという手法がとられた。

「ある程度、彼は自分が見つけた世界において、常に不適応者だったのだ」とボンホート氏は言う。

Ann Ray / Bleecker Street via AP


By JOCELYN NOVECK, AP National Writer

NEW YORK (AP)

The London fashion world didn’t know quite what hit it when Alexander McQueen’s disheveled models staggered down the runway at his 1995 “Highland Rape” show, their Scottish-inspired clothing ripped to expose breasts and nether regions.

It was exactly the reaction that McQueen, then in his 20s and subsisting on McDonald’s and unemployment checks, was seeking. “I don’t want a show where you come out feeling like you’ve just had Sunday lunch,” he said at the time. “I want you to come out either feeling repulsed or exhilarated.”

McQueen would go on to provoke, repulse, inspire and exhilarate — often simultaneously — until he was 40, when he tragically took his life. How did a taxi driver’s son from working-class London make the unlikely journey to the top of the fashion world, and what made him end it all at the height of his powers? For filmmakers Ian Bonhote and Peter Ettedgui, the two questions proved irresistible; their resulting documentary, “McQueen,” opens this week.

Fashion is a compelling topic for documentaries — indeed, few subjects are so enticingly visual. But the challenge is always to peel away the well-polished — and well-guarded — facade. “The fashion world is a bubble,” says Ettedgui, who wrote and co-directed the film. “They don’t necessarily take kindly to outsiders coming in and revealing their secrets.”

The filmmakers approached close to 200 sources, says Bonhote. Finding footage was painstaking work, but they were fortunate to secure key parts of McQueen’s most dramatic runway shows, along with some strikingly candid interviews with the designer — a rarity at fashion shows.

They also found some valuable archival footage — including some private footage that McQueen and his associates captured for fun, trying out a new camera as they traveled to Paris for the designer’s new, high-profile post at Givenchy in 1996, looking like grinning kids taking their parents’ car for a spin.

The filmmakers were also able to convince some key McQueen family members to speak, namely his older sister, Janet, and her son, Gary, a designer himself who worked for his uncle. And they interview some of McQueen’s former colleagues, though not all: Sarah Burton, for example, who succeeded McQueen at his namesake label, doesn’t appear.

At the heart of the film, though, is McQueen’s work — and the way his bracing talent reverberated through the fashion establishment. Watching now, one can almost feel the gasps in the audience as the designer places model Shalom Harlow on a revolving platform in a plain tulle dress in his 1999 show “No. 13,” then has two robots spray yellow and black paint on her as she turns and turns. It was a mesmerizing effect that brought McQueen himself to tears.

The film is divided into chapters, each focusing on a particularly influential McQueen show. The first, “Jack the Ripper Stalks His Victims” in 1992, was originally his final project at Central Saint Martin’s, the well-known London fashion school.

Even getting to the school was unlikely. The young Lee McQueen (he reverted to his middle name, Alexander, later because it sounded posh) was supposed to become “a mechanic or something,” but he was obsessed with drawing clothes. His mother encouraged him to knock on doors on Savile Row for an apprenticeship, and there, he became a superb craftsman.

Isabella Blow, a prominent fashion figure, bought up his entire “Jack the Ripper” collection and helped him make his way. But it’s clear that, as an associate says: “No one discovered Alexander McQueen. Alexander McQueen discovered himself.”

At first, there was no money. A friend describes how the two went to McDonald’s after a major show, dropped the food on the floor, but had to pick it up and eat it because they couldn’t afford to buy more.

Things changed radically when luxury conglomerate LVMH hired McQueen for Givenchy. But McQueen didn’t just sit back and enjoy his financial windfall — he poured it back into his own label. It was a time of enormous pressure; McQueen says in one interview that he produced an astounding 14 collections in a year.

For a man often called the “bad boy” or “enfant terrible” of fashion, there was much else to learn about McQueen, the filmmakers say. Among the things that surprised them: his sheer technical craftsmanship, and a constantly developing business savvy.

They were also struck by how McQueen’s personality contrasted with the myth. “He had this reputation for being abrasive, punk,” says Ettedgui. “But what we see in the archive is McQueen with friends, with his parents, even his beloved dogs, being very human and very tender at times.”

At the end of his life, two deaths devastated McQueen. Blow took her life in 2007 — we see him at her funeral, looking destroyed. And in early 2010, McQueen’s beloved mother died. Only days later — on the eve of her funeral — the designer killed himself.

The filmmakers can only speculate why McQueen, who struggled with drug use, took his life. “Fashion does come with a very unique set of pressures,” says Ettedgui. But, he adds, “People we spoke to said, ‘Don’t try to make him a victim, because ultimately the person who put the most pressure on McQueen was McQueen.”

Bonhote also notes the designer’s ambivalence about the world he had chosen, clearly expressed in shows like his famous 2001 “Voss,” in which he forced the assembled fashion world to literally stare at itself for long minutes into a mirrored cube — which in turn represented an insane asylum.

“To some degree, he was always a misfit in the world he found himself in,” Bonhote says.


By JOCELYN NOVECK, AP National Writer

NEW YORK (AP)

RECOMMENDS