DIRECTION

ART & DESIGN

クリムトの世界に入り込んだかのような体験:パリのアートギャラリー

Immersive art gallery in Paris showcases Klimt

SCROLL DOWN

AP Photo / Michel Euler

パリのデジタルギャラリーでは芸術作品を使った没入型体験を楽しむことができる。倉庫の建物中に絵画が投影され、訪れた人々はまるでその絵の中に入っていくような感覚を味わえる。

今月オープンしたラトリエ・デ・リュミエール(光のアトリエ)では、オーストリア人画家グスタフ・クリムトの作品をただ壁に飾っているのではない。床や天井、壁一面に色とりどりのプロジェクションマッピング映像(1回35分間)として映し出されるのだ。

AP Photo / Michel Euler

同ギャラリーのディレクター、ミッシェル・クジゴウ氏は次のように述べている:「我々は高解像度でスキャンした写真を使い、音楽とサウンドの世界観あふれるデジタル展示を作り上げている」

AP Photo / Michel Euler

クラシック音楽に彩られる展示ショーは、オープン開始から10日間で6万人もの来場客を魅了した。

主催者サイドによると、このギャラリーは世界でも最大級の規模を誇るという。3300平方メートルの敷地内に、140もの映像プロジェクターが設置されている。

オーストリア人画家のグスタフ・クリムト展は、パリのラトリエ・デ・ルミネールにて2018年4月24日より開催している。このデジタルギャラリーでは、建物内部に絵画が生き生きと映し出されており、訪れた人々はまるで絵の中に入り込んだかのような没入型の体験としてアートを楽しむことができる。(AP Photo / Michel Euler)

PARIS (AP)

A digital gallery in Paris is making art an immersive experience for visitors who can walk into and over paintings projected around a warehouse.


The Atelier des Lumieres, or Studio of Lights, opened this month with an inaugural exhibit featuring Austrian painter Gustav Klimt’s work not hanging on walls, but lighting up floors, ceilings and walls in a colorful, 35-minute moving sequence.


Gallery director Michael Couzigou says: “We use photos scanned in high definition to make this digital exhibition a universe of music and sound.”


The show, set to classical music, attracted 60,000 visitors in its first 10 days.


Organizers say the gallery is the biggest of its kind in the world. It has 140 fixed video projectors installed across the 3,300-square-meter (35,521-square-foot) space.


PARIS (AP)


test1135