DIRECTION

ART & DESIGN

ギリシャのワークショップが過去の名作を再現

Greek workshop recreates ancient masterpieces

SCROLL DOWN

AP Photo / Thanassis Stavrakis

ギリシャ史に残る古き巨匠による彫刻を丁寧に再現する。時間旅行に最も近い芸術家かもしれない。

ギリシャの博物館には、公式に認定されたレプリカが販売されている。それを手掛けるのは、アテネの文化省管轄のアーティスト団体だ。彼らには、レプリカ制作の独占的な権利が付与されている。

AP Photo / Thanassis Stavrakis

彫刻家としての教育を受け、同団体のスーパーバイザーであるスティリオ・ガヴァラス氏はAP通信に対し、「水準が非常に高い。そしてすべてのアーティストが過去の芸術家の作品を模倣しようと尽力している」と語った。「我々にとって、過去の偉大な芸術家の作品と日常的に接触することは、非常に名誉あることだ」。

芸術科の卒業生約50名から成るチームが取り扱う彫刻は、ローマ帝国時代にマケドニアで作られた3インチ(約8センチ)の鳥から紀元前5世紀半ばに作られた7フィート(2メートル以上)のゼウス像(もしくはポセイドン像)など多岐にわたる彫刻だ。ゼウス像はアテネの国立考古学博物館の主要展示品の1つでもある。

AP Photo / Thanassis Stavrakis

すべて実寸大で金型に漆喰を塗り、金属や大理石、粘土または象牙など、元の作品の色合いに合わせて手作業で彩色されている。漆喰は樹脂などの材料と違い、乾燥の過程で収縮することがないため、寸分違わず正確に複製することができる。

鋳物はオリジナル作品が保管されている博物館で制作され、鋳型は数千に上る他のプロトタイプのコピーとともにワークショップで保管される。

複製1点につき数日間かけて完成させるが、紀元前5世紀半ばに作られたゼウス像(もしくはポセイドン像)は開始から完成まで(石膏の乾燥時間も含めて)2カ月近くかかった。レプリカは、3000ユーロ(約40万円)という最高価格帯で販売された。

レプリカ作品は当面、主要な美術館や遺跡でのみ販売される。収益は、ギリシャの考古学会および保全プロジェクトの資金として活用される。

文化省のリディア・コニオードウ氏は先日の記者会見で、夏までにオンライン販売を開始する予定だと確約した。

ATHENS, Greece (AP) 

It might be the closest an artist can get to time travel: Painstakingly recreating the sculptures of Greece’s ancient masters.

A group of artists working for Athens’ Culture Ministry has the exclusive right to make the officially certified copies, which are meant for sale in Greek museum shops.

“The standard is very high. And every artist tries to emulate what was done by the artist in ancient times,” supervisor Stelios Gavalas, a sculptor by training, told The Associated Press. “For us, it is a very big honor to have daily contact with works of the great artists of antiquity.”

The team of about 50 fine arts graduates works on a range of sculptures, from a three-inch (nearly eight-centimeter) hare from Roman-era Macedonia to a seven-foot (more than two-meter) statue of Zeus, or Poseidon, made in the mid-5th century B.C. and one of the star exhibits of the National Archaeological Museum in Athens.

All are full-scale, made out of plaster in molds and painstakingly hand-painted to match the hues of the original piece, be it metal, marble, clay or even ivory. Plaster is used because it doesn’t shrink while drying, unlike other materials such as resin, and allows reproductions that are completely accurate in size.

Casts are made in the museums where the originals are kept, and the ensuing moulds are stored in the workshop, together with more than a thousand prototype copies, some dating from the late 19th century.

Each reproduction can take days to complete, with the mid-5th century B.C. Zeus, or Poseidon, requiring nearly two months from beginning to end, including the time required for the plaster to dry. That copy sits near the top of the price range, costing 3,000 euros ($3,700).

For the time being, the copies can only be bought at major museums and archaeological sites. The proceeds are meant to help fund Greek archaeology and conservation projects.

Culture Minister Lydia Koniordou promised at a recent news conference that by the summer they will also be available for online purchase.

 

ATHENS, Greece (AP)

 

RECOMMENDS