DIRECTION

ART & DESIGN

環境芸術を正しく理解する

How to get environmental art right

SCROLL DOWN

公共の芸術作品や「環境」アートに対する反対意見というのは、そのジャンルそのものがそうであるように、多岐にわたる。オールドバラビーチにあるマギー・ハンブリング氏の悲しき「Scallop(ホタテ貝)」やロンドンのフォース・プリンスに展示される作品たち、一度は嘲笑されたものの今は広く受け入れられているアンソニー・ゴームリー氏の「Angel of the North(エンジェル・オブ・ザ・ノース)」などもその一例だ。

批判の中に多いのが、現代芸術が本質的にばかげたいんちきのお荷物だ、という偏見に基づく、個人的嗜好によるものだ。そのように感覚的な反感は、「経費は病院や学校、住宅や道路など、より良いものに使ったほうが良い」といった「経済的」な見地からの反対意見を隠れみのしていることが多い(公共アートにかかる費用のほうが比較的少ないのだが)。環境保護の問題もある。アートを設置することで人や車の交通量が増える、動植物の生息地が荒らされる、家畜の妨げとなる、ゴミが投棄される、といったことだ。

公共アートにまつわる反対運動などを抑えるカギとなるのは、現地で綿密な協議を行うことだ。ノルウェーのアートスケープ・ノルドランド・コレクションは優れた交渉実践の模範的な初期モデルだ。ノルドランドでは46の市町村のうち、35の自治体に46件の恒久的な公共の彫刻が設置されている。1980年代後半、ノルウェーの芸術家A・K・ドルヴェン氏がノルウェーの広大なノルドランド郡(4万平方キロメートル)に立ち上げ、2015年に完結したアートスケープ・ノルドランドでは、地元のコミュニティときめ細かい協議を行った。上記で述べたような反対意見は何度も浮上したが、その都度きちんと対応がとられた。2017年には創立25周年を迎えた本プロジェクトは発展の規模やコンセプト、そして感度において、非常に優れている。

Per Barclay (Norway), Untitled, Fauske municipality. © Vegar Moen

ノルドランド探索

この秋、私はアートスケープ・ノールランドの彫刻見学の旅に招待された。非常に興味深いので、1人で予約することにした。あまり言及されることはないが、恒久的な公共アートについて回る作用というのは、作品の良し悪しにかかわらず、ただ景観の質を向上させるだけではない。そのために元の環境を見て、学び、そこで暮らすことができなくなる。要は、得たものが、失ったものよりも大きいことが問題だ

私は、自分が彫刻の存在を邪魔だと思ってしまうのではないか、と悩んでいた。現代アートという要素を排除し、元のきれいな風景に戻したいと願うのではないか、と。
アートスケープ・ノルドランドのコレクションには、アメリカのダン・グラハム氏、ブラジルのバルセロイオ・カルダス氏、スイスの彫刻家マルクス・レーツ氏、イタリアのルチアーノ・ファブロ氏、イギリスのアンソニー・ゴームリー氏、トニー・クラッグ氏、アニッシュ・カプール氏など、世界中の芸術家の作品が展示されている。そこで意外なのは、作品が完成した(レディメイド)状態でノルドランドに運ばれたものはわずか2点だということだ。残りはオーダーメイドで、各アーティストが現地を訪れ、地元との交渉を通じて企画したものだ。このプロセスで、コンセプト修正や展示場所の変更などがなされた。

Anish Kapoor (India/England), The Eye in Stone, Lødingen municipality. © Vegar Moen

本プロジェクトに参加する地方自治体でも、脱退することは可能だ。現に、離脱した自治体もある。現在、アート作品を所有する35の市町村の間には、よい意味での競争意識がある。ノルドランド人の中には、近所にある地元の彫刻がいかに優れているか、と喜々として主張する人もいる。

謎めいた36番目の作品は、トロムス県の県境の北に設置してある。トロムスの人々はノルドランド南部にある芸術コレクションを好み、自分たちも彫刻を所有したいと憧れて、プロジェクトに加わった。彼らが手にしたのはフィンランドの作家マルチ・アイハ氏の作品「Seven Magical Points(セブン・マジカル・ポインツ(1994年制作)」だ。全長5.5メートルのあずき色をした風化鉄製メダリオンで、フランボワイヤンの雷文模様を滑らかな曲線美で表現しており、美しいスカンランド海岸で波に洗われるように横たわっている。

Martti Aiha (Finland), Seven Magical Points, Skånland municipality (Troms). © Vegar Moen

セブン・マジカル・ポインツの想像的見地は、シュタイナー・クリスチャンセン氏の「Stella Maris(ステラ・マリス)」(これも1994年)と共通している。ステラ・マリスは、巨人のボードゲームから失われたトークンのように、星などの物体が海岸に跳ね飛ばされた様子をあらわしたものだ。

この「マジックリアリスト(魔法の現実主義)」という専門用語は、ノルドランドのインスタレーションが展開する言語の1つに過ぎない。バスセロイオ・カルダス氏の作品「Aroundアラウンド(1994)」は、徹底的に無駄を取り除いた直線的な鋼製梁構造で、規模の大きな、ミニマリストのファインダーの一種だ。景観のテーマは、沿岸道路のそばにあるKristjánGuðmundsson’s作の花崗岩のアーチ「Protractus(1993)」でも表現されている。フィヨルドや山々、そして近くの岬にある小さなコミュニティの景色をフレームに収めた様子は、マイルストーンを彷彿とさせる。

オラファー・ギスラソン氏の「Media Thule(メディア・ツーレ、1994)」もまた景観ファインダーだが、ここは芸術家にとっての隠れ家でもある。永遠にカギがかかることのない、フィヨルドや山々を眺められる木とガラスのパビリオンだ。紙や鉛筆、双眼鏡や壁掛けボードが備わっているため、展望台などにただ座って絵を描くのにはもってこいだ。

Olafur Gislason (Iceland), Media Thule, Tjelsund municipality. © Vegar Moen

変わりゆく風景のランドマーク

ノルドランドの面積はイギリスの約5分の1程度で、人口は25万人弱だ。ただ、ありのままの自然が残っているところはない。景観のすべてに、今や縮小傾向にある地元産業(漁業など)、そして国内および世界の遺産(冷戦時代の軍事施設跡など)が顕著に表れている。町は成長しているが、農村人口は減少している。

私が先に抱いていた「公共彫刻が環境となじむのか、それとも乱すのか」という疑惑は、これらの統計情報を見た際に受けたインパクトに押しつぶされてしまった。ノルドランドには単純にスペースが有り余っていて、アート作品が景観を支配する、もしくは見え方を変えてしまうということを感じさせないのだ。それぞれの作品の美学にかかわらず(心に残るものもあれば、それでないものあるだろうが)、それらが複合体として生き生きとし、人々の歓迎のメッセージを集めたうちの断片のようだ。文化的な手荷物超過などではないのだ。

Jan Håfstrøm (Sweden), The Forgotten Town, Gildeskål municipality. © Vegar Moen

ノルドランドの人口変化を直接的に瞑想する作品が、ジャン・ハフストローム氏というスウェーデンのアーティストが1996年に制作した「Forgotten Town」だ。これは、寂れた入植地をかたどったもので、石英と石灰岩の壁でできた考古学の要素のある網状組織だ。この作品は今、保存方法という難題に直面している。アーティストは自然にまかせて朽ちさせてほしいと考えているが、地元の自治体はきちんと保存することを望んでいる。ここを訪れる人々は、非公式に、壁の破片をもとの場所に戻し、それまでなかった場所に壁を補っている。

アートスケープ・ノルドランドのキュレーターが今後どのように進めていくのか、まだ決まっていないが、さらなる交渉が不可欠だ。

これらの作品を見ることと、現地に行くのとでは同じだけの喜びがあり、旅に大きな影響を与える。それぞれの作品を見に行くのは大変だが、それぞれが魅力的な場所を通りぬけ、小さいが快活で居心地の良いコミュニティとつながることができる。アートスケープ・ノルドランドの彫刻を制覇するというのは、ムンロ山に登るのと同じようなものだ。ちなみに、これらのフィヨルドに挑戦することを強くお勧めする。

This article was originally published on The Conversation. Read the original article.
Courtesy of Rachel Withers| Senior Lecturer in History & Theory of Art & Design, Bath Spa University
The Conversation

Objections to public artworks and “environmental” art – projects such as Maggi Hambling’s hapless Scallop on Aldeburgh beach, the Fourth Plinth’s changing displays in London, Anthony Gormley’s once-ridiculed, now largely accepted, Angel of the North, and so on – can be as diverse as the genre itself. But some themes recur.


Most obviously, there are objections of taste, often based on the prejudice that contemporary art per se is a load of ludicrous charlatanry. These taste-based beefs often lurk behind “economic” objections (“the money would be better spent on hospitals/schools/housing/roads” etcetera – normally pitched irrespective of public art’s comparatively tiny costs). There are ecological issues: will installations lead to increased foot and road traffic, trampled habitats, disturbed livestock, dumped litter, other kinds of damage?


Scrupulous local consultation is key to defusing these and other objections around public art projects. Norway’s Artscape Nordlandcollection – 36 permanent public sculptures installed in 35 of Nordland’s 46 municipalities – offers an exemplary early model of good negotiating practice. Conceived in the late 1980s by Norwegian artist A K Dolven for Norway’s vast (nearly 40,000 square kilometer) Nordland county and concluded in 2015, Artscape Nordland’s development involved detailed community consultation. All of the above objections surfaced at various times and were responded to. Celebrating its 25th anniversary this year, the project remains exceptional in its scale, conception and the sensitivity of its development.


Exploring Nordland


This autumn I was invited to tour a selection of Artscape Nordland’s sculptures. I accepted with serious interest and a reservation of my own. An infrequently mentioned but inevitable function of permanent public artworks, however interesting in themselves, is that they never simply enhance a site. They shut down possible ways of seeing, reading and inhabiting an environment, as well as adding new ones. The issue is whether what’s gained outweighs what is lost.


I fretted that I’d find myself niggling at this effect of the sculptures – wishing I could swig the landscape neat, as it were, minus the contemporary art tonic.


Artscape Nordland’s collection includes works by international names: Dan Graham from the US, Brazilians Waltercio Caldas and Cildo Meireles, Swiss sculptor Markus Raetz, the Italian Luciano Fabro and the UK’s Anthony Gormley, Tony Cragg and Anish Kapoor – but, remarkably, only two pieces were imported “readymade”. The rest were bespoke – planned by each artist via site visits and local negotiations. In the process, concepts were modified and sites changed.


All the municipalities could opt out of the scheme and a few did – though maybe they now regret it. Today, it seems, there’s a measure of friendly rivalry in the 35 artwork-owning municipalities, with some Nordlanders cheerfully asserting the superiority of their local sculpture over the one down the road.


As for the mysterious 36th work: it is north of the county border in Troms. The Tromsians looked south, liked what they saw, hankered after their own sculpture and joined the scheme. Their reward was Finnish artist Martti Aiha’s Seven Magical Points (1994), a 5.5 metre, russet-rich weathered-steel medallion fretted with a flamboyant, curvilinear design, lying as if washed up on the superb Skånland shoreline.


Seven Magical Points shares imaginative ground with Steinar Kristensen’s Stella Maris (also 1994): a scattering of stars and other forms stranded on the seashore like lost tokens from some giant’s board game.


This “magic realist” idiom is only one of the languages deployed by the Nordland installations. Waltercio Caldas’s Around (1994) is a thoroughly stripped-down, rectilinear steel beam construction, a kind of large-scale minimalist viewfinder. The viewfinding theme recurs in Kristján Guðmundsson’s Protractus (1993), a granite arch by the side of a coastal road. Framing views of fjord, mountains and small communities on nearby promontories, it hints at a milestone.


Olafur Gislason’s Media Thule (1994) is a viewfinder too, but it’s also an artists’ hide – a wood-and-glass pavilion, permanently unlocked, looking out onto a fjord and mountains. Stocked with paper, pencils, binoculars and pin-up boards, it’s a perfect place to simply sit down and draw – from observation or otherwise.


Landmarks in a changing landscape


Nordland is about one-fifth the size of the UK, with a population of just under a quarter of a million. But it’s no wilderness – its landscapes are subtly marked by now-shrinking local industries (including fishing) and national and international legacies (such as traces of Cold War military facilities). Its towns are growing, its rural populations shrinking.


My earlier scruples – about public sculpture’s potential to domesticate or clutter – were squashed by the impact of these demographics. In Nordland there’s simply too much space for the works to feel as if they dominate the landscape or direct ways of seeing. Irrespective of each work’s aesthetic (some will tick your boxes, some won’t) they collectively feel like vital, isolated fragments of a complex human message – a series of welcome anchor-points, not cultural excess baggage.


Directly meditating on Nordland’s population changes is Swedish artist Jan Håfström’s 1996 work The Forgotten Town, a quasi-archaeological network of quartzite and limestone walls echoing the form of an abandoned settlement. This work now poses a conservation riddle – the artist prefers that it be left to decay, but the local community wants it conserved. Visitors are now, informally, dry stone walling bits back in place and adding new walls where none previously existed. How the Artscape Nordland curators proceed remains to be seen – more negotiations seem inevitable.


The pleasure of seeing these works is as much to do with travel as arrival: getting to each involves effortful travel, takes you through superb terrain, and connects you with small, resilient and welcoming communities. The practice of “bagging” Artscape Nordland sculptures turns out to be a bit like climbing Munros – and I highly recommend hitting these fjords.