DIRECTION

ART & DESIGN

レナード・バーンスタイン展:天才音楽家の社会活動家としての姿を浮き彫りに

Leonard Bernstein, social activist, is focus of new exhibit

SCROLL DOWN

AP Photo / Matt Slocum

1979年10月、レナード・バーンスタインは、高校で人文科学を教えている女性からファンレターを受け取った。彼女の名はヘレン・モーガンといい、著名な作曲家であり指揮者でありピアニストであるバーンスタインに、生徒たちがインスピレーションを得るために伝えられるような、作曲の指標となるテーマを教えてもらえないだろうかと請うた。

「私の作品の数々には、さまざまな“中心となるテーマ”があります」とバーンスタインは返事を書いた。「ですが、もしひとつ、おそらく最も重要なものを選ぶとしたら、20世紀における信仰の危機の解決策の探究でしょう」

音楽を通してその解決策を探究するバーンスタインの生涯にわたる試みを、フィラデルフィアの国立ユダヤ系アメリカ人歴史博物館(National Museum of American Jewish History)で現在開催中の、感動的でありながら衝撃的でもある『レナード・バーンスタイン展 音楽の力(Leonard Bernstein: The Power of Music)』で知ることができる。

AP Photo /Matt Slocum

1990年に72歳で死去するまでに、『ウエスト・サイド物語』などのミュージカルを生んだ作曲家として、情熱的な指揮者として世界中の人々を魅了したバーンスタイン。しかし、今回の展示は、舞台の上と下で社会の発展に影響を与えたユダヤ系アメリカ人2世という、バーンスタインのあまり知られていない側面に焦点を当てている。

「バーンスタインは、第二次世界大戦、ホロコースト、冷戦、ベトナム戦争という激動の時代を生き抜きました」と、同博物館学芸員のアイヴィー・ワイングラム氏は話す。「すべての時代において社会が大きく変動しました。彼のアイデンティティの多くの面を揺るがしかねないほどに」

『オン・ザ・タウン』のキャスティングで人種の壁を壊そうとしたり、『ウエスト・サイド物語』で人種間の緊張を取り上げたりした彼の試みの数々が、体験型展示、試聴機、ビデオ上映を通して語られる。また、ピアノ、指揮服、指揮棒などバーンスタインの私物も展示されている。9月2日までの開催。

AP Photo / Matt Slocum

この展示のほかにも、バーンスタイン生誕100周年を記念して世界中で2500以上のイベントが開催されている。

それでは、『レナード・バーンスタイン展 音楽の力』の見どころをいくつか紹介しよう。

AP Photo / Matt Slocum

ホロコーストの生き残りのオーケストラ

1948年5月、ヨーロッパツアー中だった29歳のバーンスタインは、ミュンヘンの難民キャンプに住むホロコーストの生存者で編成された小さなオーケストラの指揮を依頼された。ぜんそくのため兵役を逃れたバーンスタインは、この17人編成のオーケストラを指揮することで初めてホロコーストの重みに直面したのだと、ワイングラム氏は話す。この出来事は、彼の生涯に影響を与えた。

「コンサート中もコンサート後も泣き腫らした彼は、その体験を家族に書き送りました」とワイングラム氏。バーンスタインは、ホロコーストのオペラを完成させる前にこの世を去った。

来場者は、小さなオーケストラとバーンスタインの写真、コンサートのプログラム、オーケストラから彼に贈られた謝辞のほか、その日が自分たちにどのような影響を与えたかについて語る(後に34年にわたりフィラデルフィア管弦楽団で活躍したバイオリニストのデイヴィッド・アーベンを含む)オーケストラのメンバーのインタビューを記録したビデオを見ることができる。

イースト・サイド物語

『ロミオとジュリエット』の舞台を1950年代後半のマンハッタンに置き換え、非常階段で愛を確かめ合う男女とストリートギャングの抗争を描いた不朽の名作『ウエスト・サイド物語』。ファンは、この作品が当初『イースト・サイド物語』という、過越祭の前夜にニューヨークのロウアーイーストサイドで起きたユダヤ系カトリックとアイルランド系カトリックのギャング抗争の物語だったと知って驚くかもしれない。

AP Photo / Matt Slocum

シカゴとニューヨークでプエルトリコ系ギャングの暴力が話題になっていたのを受け、バーンスタインと振付師のジェローム・ロビンズがより現代的なアプローチを試みたのだと、ワイングラム氏は話す。比較映像集が非常に面白く、『ウエスト・サイド物語』の遺産を堪能できる。

この作品は「人種間の寛容への純然たる願い」だと書き込まれた、バーンスタインの注釈が入った『ロミオとジュリエット』が展示されているほか、『イースト・サイド物語』の初期のシーン概要も公開されている。

JFKのための『ミサ』

ジャクリーン・ケネディ・オナシスは、ワシントンのジョン・F・ケネディ・センター(1971年落成)のオープニングを記念するオリジナル曲の制作をバーンスタインに依頼した。ローマカトリック教会のミサの典礼をベースにした「歌い手、役者、踊り手のための舞台作品」でアメリカ唯一のカトリック教徒の大統領を記念しようと考えたバーンスタインは、ステファン・シュワルツ(『ゴッドスペル』、映画版が近日公開予定の『ウィキッド』の音楽担当)と共にこの大作を作り上げた。

作中、総勢200人を超える役者、踊り手、児童合唱、成人合唱、ロックバンド、ゴスペルバンドが、揺るぎない信仰を持つはずの司祭と複雑なやりとりを交わす。そして、ストリートコーラスが絶えず彼の精神を崩壊させようとする。

AP Photo / Matt Slocum

めったに上演されることのない『ミサ』を、今回の展示ではオリジナル映像を通して体験できる。

娘のニーナ・バーンスタイン・シモンズ氏は、彼が生涯をかけた作品からインスピレーションを得てほしいと話す。

「みなさんには、他の人たちと情熱を分かち合い、世界をよりよい場所にする力があるのです」

By KRISTEN DE GROOT, Associated Press

PHILADELPHIA (AP)

In October 1979, Leonard Bernstein received a fan letter from a high school humanities teacher. Helen Morgan wrote to the celebrity composer-conductor-pianist in hopes he could share the theme that guided his compositions — something she could pass along to her students for inspiration.


“There are far more than one ‘central theme’ within my body of works,” Bernstein wrote in reply. “But if I had to choose one, perhaps the most significant, it would be our search for a solution to the 20th century crisis of faith.”


Bernstein’s lifelong effort to find that solution through music is on moving, and sometimes surprising, display at Philadelphia’s National Museum of American Jewish History in its new exhibit, “Leonard Bernstein: The Power of Music.”


Bernstein thrilled millions around the world with his compositions, his theatrical works like “West Side Story” and his over-the-top conducting style before his death in 1990 at age 72. But the focus here is on a lesser-known side of Bernstein: the second-generation American Jew who inspired social progress on and off the stage.


“He lived through very tumultuous times: World War II, the Holocaust, the Cold War and the Vietnam era,” said curator Ivy Weingram. “It was a time of great social upheaval, all of which would challenge the many facets of his identity.”


His efforts at breaking down racial barriers in casting “On the Town,” and addressing racial tensions in “West Side Story” are among the stories told through interactive exhibits, listening stations and video presentations. Also on display are personal items like Bernstein’s piano, conducting suit and baton. The display runs to Sept. 2.


It’s just one of over 2,500 events around the world celebrating the 100th anniversary of his birth.


A few highlights:



HOLOCAUST SURVIVOR ORCHESTRA


In May of 1948, 29-year-old Bernstein was on a European conducting tour, and was asked to take a side trip from Munich to conduct a small orchestra of Holocaust survivors living in displaced persons’ camp. Asthma prevented him from serving during the war and so conducting the group of 17 players was his first confrontation with the weight of the Holocaust, Weingram said. The event had a lifelong impact on him.


“He cried his eyes out during the concert and after, he wrote home about that experience,” she said. When he died, he left behind an unfinished Holocaust opera.


Visitors can see a photograph of him with the small orchestra, a program from the concert and a citation they gave him. A video presentation shows a documentary interview with members of the orchestra on how that day affected them, including violinist David Arben, who later spent 34 years with the Philadelphia Orchestra.



EAST SIDE STORY


Fans of the immortal “West Side Story,” the Romeo-and-Juliet tale set amid Manhattan fire escapes and street gangs in the late 1950s, might be surprised to learn the show was initially called “East Side Story.” It was a tale of Jewish and Irish Catholic gang rivalry set on the New York City’s Lower East Side, on the eve of Passover.


Weingram says Bernstein and choreographer Jerome Robbins later decided to take a more contemporary approach to the musical, as Puerto Rican gang violence was making headlines in Chicago and New York. A highly amusing side-by-side video compilation shows the legacy of “West Side Story.”


An annotated copy of “Romeo and Juliet” is on display, with notes showing the production was an “out-and-out plea for racial tolerance.” An early scene outline from “East Side Story” is also on view.



‘MASS’ FOR JFK


Jacqueline Kennedy Onassis had asked Bernstein to create an original piece for the 1971 opening of the Kennedy Center in Washington. He chose to memorialize America’s only Catholic president with what he called a “theater piece for singers, players and dancers” based on the liturgy of the Roman Catholic Mass. He collaborated with Stephen Schwartz (of “Godspell” and now “Wicked”) on the monumental production.


It requires over 200 performers, dancers, a children’s choir, an adult choir, a rock band, a gospel band and sets up a complex dialogue between the celebrant, who is supposed to remain steadfast in his faith, and a street chorus that is constantly trying to get him to crumble spiritually.


“Mass” isn’t widely performed, and the exhibit offers Bernstein fans a chance to experience the piece through an original film.


His daughter, Nina Bernstein Simmons, said she hoped viewers take inspiration from his lifetime of work.


“You also are capable of sharing your passions with other human beings and making the world a better place,” she said.


 


By KRISTEN DE GROOT, Associated Press


PHILADELPHIA (AP)