DIRECTION

ART & DESIGN

アートの現在:先端技術で見るフェルメール

State of the art: Museum takes hi-tech look at Vermeer

SCROLL DOWN

AP Photo / Mike Corder

これが美術研究の現在だ。

ハーグにあるマウリッツハイス美術館の研究員が最新の技術を用いて、かの貴重な傑作、ヨハネス・フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』の綿密・詳細な調査に取り組んでいる。この調査は一般の鑑賞者に対しても公開されている。

月曜日から2週間にわたり、研究員が先端機器を用い、その謎めいた眼差しからオランダのモナ・リザとも称される若き少女を描いた17世紀の傑作の調査を行っている。
この肖像画の調査が行われるのは、1994年に行われた修復作業時以来のことである。当時の調査では、この貴重な作品から塗料のサンプルが分析のため採取された。

それから現在に至るまで、技術は大幅な進歩を見せた。今ではスキャナやX線装置を用いることで、キャンバスの表面に触れることなく、フェルメールがこの作品で用いた手法や材料に関して新たな知見を得ることができると同美術館は語っている。

今回の調査でまず用いられたのが蛍光X線(XRF)分析装置だ。細いビーム状のX線を用い、作品の表面より下層にある顔料の配分・分布を調べるのである。

「蛍光X線スキャンを使うと、フェルメールがアトリエで用いていたパレットにどんな絵具があり、それらがこの作品のどの部分に、どれほどの濃さで用いられたのか、ということが実際に明らかになります」と同装置を開発したデルフト工科大学ヨリス・ディック教授は言う。「つまり、フェルメールが作品を描いていく様子や絵具を選ぶ姿を彼の肩越しに覗いてみよう、というようなものです」。

同美術館館長のエミリー・ゴーデンカー氏は、自身がこの「少女」に対して抱いてきた多くの疑問―フェルメールはどのようにしてこの作品を作り上げたのか?まずどこから描き始めたのか?表面の絵具より下の層はどうなっているのか?どんな絵具を使っていたのか?その絵具はどこから手に入れられたのか?―こういったものに対する答えが、この2週間で収集されるデータによって与えられるだろうと語っている。

特別に設けられた透明の壁越しに行われる今回の調査。その中でも、特に関心が寄せられるのは、この研究によって得られた情報を用いることで、1665年頃フェルメールがこの作品を完成させたまさにその瞬間の作品の様子が再現できるかもしれないということだ。

ゴーデンカー氏は言う。「デジタル技術によって実に見事な複製が作られるかもしれません。この少女がかつてどのような姿をしていたのか、そこに限りなく近付くことができます」。

また同館長は、絵画全体に対するスキャンが進む中で、この名作についてさらなる知見が得られるだろうと期待を寄せている。

「この少女は場所によって全く違う表情を見せます。額から外された今はとても繊細な表情をしています」。とゴーデンカー氏は言う。「いつもより少し小さく見えます。性格も違うようです。こういったことからいつも何かを学んでいくのです。それが研究でも鑑賞でも、様々な角度から作品を眺めることで、より多くのことを学ぶことができます」。

実際に研究の様子を観覧できる展覧会「The Girl in the Spotlight」は3月11日まで開催されている。

By MIKE CORDER, Associated Press

THE HAGUE, Netherlands (AP) 

This really is state of the art research.


Experts at the Mauritshuis museum in The Hague are using the latest technology to take a long, hard look at one of their most prized paintings, Johannes Vermeer’s “Girl with a Pearl Earring,” and they are inviting the public in to watch.


For two weeks starting Monday, experts are pointing a battery of high-tech machines at the 17th-century masterpiece of a young woman whose enigmatic gaze has earned her the nickname of the Dutch Mona Lisa.


The iconic painting was last studied in 1994 during a conservation project. In those days, they took paint samples from the priceless work to examine.


Since then, technology has made such advances that the museum says scanners and X-ray machines that don’t even touch the surface of the canvas can provide new insights into how Vermeer painted the girl and the materials he used.


The first machine on deck was an X-Ray Fluorescent Spectrometry scanner that uses a thin beam of X-rays to examine the distribution of pigments below the surface of the painting.


“An XRF scan really shows what blobs of paint on the pallet of Vermeer’s studio ended up where exactly and in what intensity on this painting,” said Prof. Joris Dik of the Delft University of Technology that developed the scanner. “So it’s a way of let’s say looking over the shoulders of Vermeer and watching him paint the painting and see him make choices.”


Museum Director Emilie Gordenker said that data collected in the coming two weeks will provide answers to many questions she has about “the girl.”


“How did Vermeer actually build up the surface of the painting? Where did he start? What’s underneath that paint layer?” she said. “What kind of paints did he use? Where did they come from?”


Perhaps most intriguingly of all, the information gleaned by researchers working behind a specially built transparent wall could be used to establish just what the painting looked like when Vermeer applied his finishing touches in around 1665.


“You can imagine a really fabulous digital reproduction,” Gordenker said. “Our best guess of what she originally looked like.”


Meantime, the museum director is looking forward to getting new insights into the famous painting as it undergoes what amounts to a full body scan.


“In every space she looks different and now she looks very vulnerable without her frame,” Gordenker said. “She looks a little smaller. It has a different character and you always learn something from that. The more different angles you can take, whether it’s research or just display, the more you learn about your collection.”


The exhibition in which visitors can watch the researchers in action is called “The Girl in the Spotlight.” It runs through March 11.


By MIKE CORDER, Associated Press


THE HAGUE, Netherlands (AP)