DIRECTION

ART & DESIGN

テート・モダン美術館で「1932年」という特別な年に特化したピカソ展が開催

Tate Modern Picasso show charts one extraordinary year: 1932

SCROLL DOWN

Photo : Yui Mok / PA Wire

パブロ・ピカソが50歳を迎えた1932年、当時の芸術評論家らは、ピカソは過去の人になってしまったのか、と問うていた。

それが間違いだということは、ロンドンのテート・モダン美術館で開催中の展覧会「ピカソ1932-愛、名誉、悲劇」で展示されている作品を見ればわかる。

100を超える絵画や彫刻は、すべて1932年に製作されたものだ。そこにはヘンリー・、マチスとの対立や精神分析への関心、若い恋人マリー・テレーズ・ヴァルテルへの情熱など、 ピカソの内面があらわれている。

Photo : Yui Mok / PA Wire

ヴァルテルからインスピレーションを受け、スペインのアーティストであるピカソはいくつも偉大な肖像画を描いている。その中の1作品が2月28日、サザビーズのオークションで、約5000万ポンド(約73億円)で落札された。

ヴァルテルをモデルにした裸婦画3作品すべてが、5日間のうちに描きあげられたものだが、1932年以降、そろって展示されたことはない。今回はその3点が、ピカソの作品と人生、特に複雑な恋愛事情との相互関係を探る展示会の中心に置かれている。

1932年、ピカソは妻のオルガ・コクローヴァと息子のパウロとともにパリに在住し、そこで28歳年下のヴァルテルと愛人関係にあった。

共同館長のナンシー・イレーソン氏は事前に開かれたプレビューにて、今回の展示会が「ピカソのことを深く知ることのできる、素晴らしい機会」を提供した、と語っている。

「私たちは彼を象徴的な芸術家として見てきたが、ここでは人間としてのピカソとその創造性の核心に迫ることができる」と彼女はいう。「評価をするのではなく、象徴的な人物をより親しみやすく感じられる」。

1973年に91歳で亡くなるまで、ピカソのキャリアは70年続いたが、1932年は最も脂ののった一年だった。わし鼻が目立つヴァルテルからインスピレーションを受け、ピカソの絵画や彫刻はキュビズム(立体派)やシュールレアリスム(超現実主義)などのスタイルを吸収し、さらに超越していった。

3月だけを見ても、彼は3つの裸婦画(「ヌード、観葉植物と胸像」、「黒椅子の上のヌード」、「鏡」)そして「鏡の前の少女」という肖像画を製作している。「鏡の中の少女」は今回、ニューヨーク近代美術館から貸与されている。

この作品展には、ピカソの傑作の1つといわれる色鮮やかな肖像画の「夢」も展示されている。かつて「夢」は、ラスベガスの大物カジノオーナーのスティーブ・ウィン氏が所有していた。2006年に1億3900万ドル(約145億9500万円)で売られることになったが、ウィン氏は売却に合意した直後、キャンバスに肘をついて穴をあけてしまった。

1935年、ヴァルテルが妊娠したため、オルガはピカソのもとを去ったが、ピカソもまた新しい愛人で芸術の女神となるドラ・マールへと心移りしていた。

ピカソの女性の扱い方は批判されることが多いが、彼とヴァルテルの孫娘であるダイアナ・ウィドマイアー・ピカソ氏は「ピカソがモンスターだという従来の考え方は安易すぎる」と述べている。

彼女はピカソのヴァルテルに対する情熱が「自身を彫刻や版画、そして絵画などの新たな芸術表現へと導いた」と語っている。

「彼はマリー・テレーズだけでなく、これらすべての芸術表現との愛を育んでいる」と彼女はいう。「彼はマリー・テレーズを平和と自由の象徴へと変え、神聖化したのだ」。

この展覧会は2018年3月8日の木曜日から9月9日まで開催される。ロンドンでの展覧会に先立ち、昨年パリのピカソ美術館でかれた「ピカソ1932:エロティック・イヤー」という示唆的なタイトルの展示会が開かれている(1932年3月3日の裸婦画3作品は展示されていない)。

孫のオリヴィエ・ウィドマイヤー・ピカソ氏は、彼の祖父がエロティックに描いた祖母の絵を見るというのは、気まずいものだろう、と語った。

「セクシュアリティな部分については、あまり話したくない。誰だってそうだ」と彼はいう。

ただ、オリヴィエ氏は「どんなテーマやモデルでも、画家とモデルの間に直接的な関係があったなら、それを公に示すことは非常に重要だ」と言い加えた。

By JILL LAWLESS, Associated Press

LONDON (AP)

In 1932, Pablo Picasso was 50 years old and art critics were asking whether he was yesterday’s man.


He proved them wrong with an outpouring of creativity that is charted in the exhibition “Picasso 1932 — Love, Fame Tragedy,” opening this week at London’s Tate Modern gallery.


More than 100 paintings, drawings and sculptures, all from 1932, show Picasso’s influences, including his rivalry with Henri Matisse, his interest in psychoanalysis and his passion for younger lover Marie-Therese Walter.


Walter inspired some of the Spanish artist’s greatest portraits, one of which sold at Sotheby’s last week for almost 50 million pounds ($70 million.)


Three nudes of Walter, painted over a five-day period and not displayed together since 1932, are at the heart of a show that explores the interplay between Picasso’s work and his life — especially his complicated love life.


In 1932, the artist was living in Paris with his wife Olga Khokhlova and their son Paulo, while having a relationship with Walter, who was 28 years his junior.


Co-curator Nancy Ireson said at a preview Tuesday that the exhibition offered “an incredible opportunity to get really close to Picasso.”


“We’re used to seeing him as an iconic artist, but here we really get to the person and to the heart of his creativity,” she said. “Without making judgment, it makes an iconic figure more relatable.”


Picasso’s career lasted seven decades — he died at 91 in 1973 — but 1932 was one of his most fertile years. Walter, with her strong aquiline nose, inspired paintings, drawings and sculptures that absorbed and transcended styles including cubism and surrealism.


In March alone he produced the three nudes — “Nude, Green Leaves and Bust,” ”Nude in a Black Armchair” and “The Mirror” — as well another portrait, “Girl Before a Mirror,” which is on loan from the Museum of Modern Art in New York.


The show also includes “The Dream,” a vividly colored portrait of Walter considered among Picasso’s greatest works. It was once owned by Las Vegas casino mogul Steve Wynn, who put his elbow through the canvas in 2006 just after agreeing to sell it for $139 million.


Olga left Picasso in 1935 when Walter became pregnant, around the time the artist moved on to a new mistress and muse, Dora Maar.


Picasso’s treatment of women has often been criticized, but Diana Widmaier Picasso, granddaughter of the artist and Walter, said “this traditional idea of Picasso being a monster” was simplistic.


She said Picasso’s passion for Walter “led him to explore different mediums including sculpture, print, drawing.”


“He’s making love with all these mediums, not just with Marie-Therese,” she said. “It’s a consecration of Marie-Therese, who he’s transforming into a figure of peace and freedom.”


The exhibition runs Thursday to Sept. 9. It previously ran, without the three March 1932 nudes, at the Picasso Museum in Paris — where it was given the more suggestive title “Picasso 1932: Erotic Year.”


Grandson Olivier Widmaier Picasso said looking at his grandfather’s erotically charged paintings of his grandmother could be awkward.


“The sexuality is a part that I don’t want to discuss most of the time — no one does,” he said.


But, he added, “it’s very important to show the public that for every subject, every model, there was a direct relationship between the artist and the model.”


___


Tom Rayner contributed to this story.


By JILL LAWLESS, Associated Press


LONDON (AP)